脇脱毛時の服装・格好で注意すべき3つのポイント【必読】

脇脱毛の時ってどんな服装で行ったら良いの?

脇のムダ毛、女性にとっては邪魔以外の何物でもありませんよね。

定期的に自己処理しなくてはいけないし、肌も荒れるし…。

そんな面倒な自己処理をしなくてすむようにしてくれるのが、脇脱毛!

初めて脇脱毛に行く人は、「一体どんな服装で行ったら良いの?」と疑問に思っている人もいるかも。

そんなあなたのために、脇脱毛に行く時の服装についてアドバイスします!

 

※ちなみに今すぐ脇脱毛にチャレンジしてみたい、そんな方に、おすすめが今話題沸騰中、有名脇脱毛サロンをチェックしてみてはいかがですか?

今話題沸騰中!人気NO.1サロンミュゼって?→

 

脱毛時の服装

 

脇脱毛ってどこで、どんな風にやるかご存知ですか?

最近は方法も色々ですので、脇脱毛を考えている方は、どこでやるのか・どの方法でやるのか、よく調べて決めてくださいね。

 

脇脱毛ってどこでやるの?

脇脱毛が行えるのは、皮膚科・形成外科・美容外科などのクリニックか、脱毛を行っているエステサロンです。

エステサロンでの脱毛は1回5000円など安いため学生でも通いやすいですが、良く調べないで行くと悪質なサロンにあたってしまう可能性もあるので、値段だけで決めるのではなく、知名度があり、経営が安定しているサロンを選ぶようにしましょうね。

脱毛が行えるサロンやクリニック

脇脱毛の方法は?

脱毛の方法は、どこで行うかによって変わってきます。

医療機関であるクリニックでは、医療レーザー脱毛が行われています。

安全性と確実性を重視するなら間違いない方法ですが、痛みがあるのと、施術代がサロンに比べ高額になりがちです。

一方脱毛サロンなどで行われているのは、フラッシュ脱毛という方法。

IPL(インテンス・パルス・ライト)などの光をあてて、毛根のメラニンに働きかけて、毛が再生しないようにする方法です。

サロンによっては、「IPL脱毛」とか「光脱毛」と呼んでいるところもあります。

 

様々な脱毛方法

 

【重要】光脱毛で圧倒的人気を誇る脇毛脱毛サロンミュゼはこちら→

 

脇脱毛の施述時の格好って?

脇脱毛時の格好は、脇を出せる服装でなければならないのですが、ノースリーブの服をわざわざ着ていく必要はありません。

クリニックやサロンでキャミソールやガウンが用意されており、施術前にそれらに着替えて受けることになります。

上半身は全部脱ぐ必要があるかというとそうではなく、ブラはそのままで良い場合が多いようです。

ブラの上からキャミソールやガウンをはおる感じですね。

脱毛時の格好

クリニックやサロンでは、ガウンなどが用意されています!

 

脇脱毛する時の服装にはコレがいいらしい!

脇脱毛のクリニックやエステサロンによりますが、大体が着替え用のキャミソールやガウンなどを用意しているようです。

ブラは自分のをつけたままでOKというところも多く、着替えるのは上半身のみ。

そう考えると、脇脱毛に行く時には着替えやすいように、上下分かれた服、ゆったり目の服であることがポイントです。

 

身体にフィットするタイトな服装や、ナイロンやアクリルなどの化学繊維は影響が大きいので、シルクやコットンなどのゆったりしたデザインを選びましょう。ワキ脱毛ならワキが広めに開いたキャミソール、脚ならロングスカートなどが肌に負担をかけないのでおススメです。

ワンピースや一枚ものを着用している場合、施術する部位に限らず全て脱がなくてはならないため、かなり面倒なことになってしまいます。全身脱毛をする人なら問題ないかもしれませんが、ワキだけまたは脚だけを脱毛する場合に脱ぐとなれば、時間も手間もかかってしまいますね。

ワキだけでしたら、上半身だけ脱いで(ブラは着用)スカートやズボンはそのままの状態でバスタオルを巻きます。

ワキの脱毛をするのに肩を隠すようなガウンは着ません。
おそらくゴムの入ったバスタオルを着ます。プールの時着替えに使ったような形のやつです。

ブラの着用がOKのサロンでも、ブラの形状によっては施術に支障が出てしまいますから、行く前にブラのチェックをしましょう。原則として施術用のガウンを着用しますが、清潔にクリーニングされたものでも、他人が着用したものは抵抗があるとか、ブラが見えるのは恥ずかしいという人もいるでしょう。

その場合は、ワキがしっかり見えるキャミソールなどを着用していれば、着替えずに施術することも可能です。

 

上下セパレートのゆったり服

脇脱毛する時の服装えらび、3つのポイント

脇脱毛に行く際の服装を決める時のポイントを3つに絞って解説します!

この3つを頭に入れて選べば、当日安心して行けると思いますよ。

 

⑴上下分かれた服装にすること

上半身だけキャミソールやガウンに着替えることを考えると、シャツとズボン、Tシャツとスカートなど、上下分かれた服装にした方が良いでしょう。

上はシャツなど前開きで脱ぎ着しやすいものや、首が広くてサッと脱げるTシャツなどがおすすめです。

 

⑵上半身はピッタリし過ぎない服にする

リブニットやピチピチのTシャツなど、上半身にゆとりのない服装だと、脱ぎ着する時に時間がかかってしまいます。

また、脇脱毛の施術後の肌は少なからずダメージを受けており、なるべく服で肌が擦れないようにした方が良いので、ゆったりしたデザインの服を選ぶようにしましょうね。

脱毛時の脱ぎ着しやすい服装

⑶自然素材の服にする

ナイロンやアクリルなどの化学繊維は、肌にとっては刺激になります。

ゆったりしたデザインの服ならあまり影響はないかもしれませんが、脱毛後のデリケートな肌のことを考えて、
なるべく刺激のないシルク・コットン・リネンなどの自然素材の服をおすすめします。

自然素材の服

 

脇脱毛の日の服装NG集!

脇脱毛当日、以下のような服装や髪型をしてしまうと、クリニックやエステサロンに行った時に困ることになるので、やめておいた方が無難です。

 

⑴上下つながった服

脇脱毛の施術の際には、上半身だけキャミソールやガウンに着替える場合が多いので、ワンピースやオーバーオールなど、上下つながった服だと不便です。

さっと脱ぎ着できるようにするには、セーターとスカートなど上下分かれた服を選ぶようにしましょう。

上下つながった服は脱毛時に不向き

(2)低めのまとめ髪

脇脱毛の施術を受ける際には、ベッドに横になる場合が多いので、耳より下のまとめ髪だと邪魔になってしまいます。

高い位置のおだんごヘアなら大丈夫かもしれませんが、基本的に横になった時に乱れてしまうようなヘアスタイルは、なるべく避けた方が良いでしょう。

 

おだんごヘアー

施術の際には着替えることになるので、あまりボディコンシャスなピッタリした服だと、脱ぎ着に時間がかかってしまいます。

また、施術後の肌は敏感な状態ですので、服と擦れたりしないように、余裕のある服の方が良いでしょう。

 

脇脱毛に向かない服装をしなきゃいけない日はどうしたらいい?

脇脱毛は短時間で終わりますし、終わった後に安静にする必要もないので、仕事帰りにクリニックやエステサロンに寄りたいということもあるでしょう。

仕事柄、脇脱毛に向かない服装になってしまう場合は、脱ぎ着に時間がかかることを見越して早めに着くようにしたり、職場に着替えを持って行ったりするなど、工夫しましょう。

 

脇脱毛の日は服装に気をつけて、スマートに施述を受けられるようにしましょう

脇脱毛を行う日は、着替えに手間取ってアタフタしたりしないよう、スムーズに施術が受けられるように配慮したいものです。

あまり難しく考える必要はありませんが、上下分かれた着替えやすい服装でクリニックやエステサロンに向かうようにしましょうね!

 

これで脱毛に行く服装のことを理解した方は、今すぐ話題沸騰中脇毛脱毛サロンミュゼに申し込んでみてはいかがですか?

脇脱毛してこの夏水着やノースリーブを難なく着こなそう♡