目次

  1. 1 チクチクするアンダーヘアどうにかしたい!
  2. 2 アンダーヘアがチクチクする原因は?
  3. 3 チクチクにならない処理方法5選
  4. 4 おすすめ対策方法を実際に試した人の口コミは?
  5. 5 そのチクチク放置してると…とんでもないことに!?
  6. 6 チクチク解消には脱毛がおすすめ
  7. 7 アンダーヘアのチクチクのお悩みとおさらば!

アンダーヘアのチクチクで困っていませんか?

なんども手入れしたのに、またチクチクになってる...

早く解放されたいですよね。

そこで今回は「アンダーヘアのチクチク対策」をまとめました。

 処理した毛先が尖っておりチクチクしている

カミソリやハサミで処理している方に多い悩みかと思います。

カミソリやハサミで切ると、どうしても毛の断面が鋭く尖ってしまいます。

綺麗にしたつもりなのにチクチクするという原因はここにあります。

処理後の生え始めでチクチクしている

自己処理したアンダーヘアーが生えてきてチクチクしているという、最も一般的な例です。

ある程度の長さになればチクチクしませんが、生え始めはどうしてもチクチクしてしまいます。

自己処理している方にはつきまとう悩みです。

 毛の断面が太くなりチクチクしている

アンダーヘアーの断面が太くなっていることが原因で現れるチクチクです。

ご自身の髪の毛を見ていただくとわかりやすいかと思いますが、毛は毛根部分が最も太く、毛先に近づくにつれ細くなっています。

つまりハサミでカットすると毛根近くの太い毛が残り、チクチクする原因となっているのです。

1. ヒートカッター

アンダーヘアーがチクチクになる原因の一つ、「毛先の尖り」を解消できるのがヒートカッターです。

ヒートカッターの特徴は熱で焼ききるので、毛先が丸くなるところです。

またこれで下着からアンダーヘアーが飛び出す事態を防いでくれます。

しかしカミソリや毛抜き同様にある程度の時間と手間がかかります。

2. 除毛クリーム

クリームで塗るだけの簡単な処理方法です。

毛を根本から溶かすので、処理後のチクチクは起きません。

一度に除毛できる範囲が広く効率的で、またカミソリ負けの心配もありません。

かぶれなどが起こりにくい、お肌に優しい商品を選ぶようにしましょう。

お風呂でも簡単に除毛できるものがあり、手軽にアンダーヘアーを除毛したい方におすすめです。

アンダーヘアのチクチクが起きてしまう原因が分かったでしょうか。

ではいかにアンダーヘアーのチクチクをなくしていくか、ご自身でできる対策法をご紹介していきます。

3. ワックス脱毛

手軽でよく抜けると最近話題なのがワックス脱毛です。

毛を抜くので毛がチクチクの状態になりません。

しかし単純に抜いているだけなので、痛みが伴います。

ワックス脱毛はサロンのプロに任せるか、自分で行うなら痛みが抑えられている商品を選ぶようにしましょう。

4. 光脱毛機

お家で手軽に脱毛できるのが光脱毛器。

脱毛ですので、ある程度の続けると、毛が生えづらくなります。

よって毛の生え始め=チクチクな状態になりにくいです。

しかしデリケートゾーンへの使用は痛みが大きいようです。

また火傷の危険性があることは要注意です。

口コミなどを参考に、しっかり納得してから購入しましょう。

\おすすめ光脱毛器はこちら/

5. サロンで脱毛

サロン脱毛の特徴は一回脱毛してしまえば、長期間ツルツルでいられるところです。

アンダーヘアの施術となるとデリケートゾーンなので、ある程度の痛みは覚悟したほうがよさそうです。

また総額は他の対策方法と比べて高くなります。

しかしプロにやってもらうので安心感があり、ある程度効果を持続できます。

またもし何かあったらアフターケアをしてもらえるメリットもあるのでぜひ検討してみてください。

わずらわしいチクチクから解放されたいということをきっかけに、いっそのことサロンやクリニックでキレイに脱毛するのもいいかもしれませんね。

\おすすめの脱毛サロンはこちら/

ヒートカッター

私、アンダーヘアをヒートカッターで整えるのに1時間は余裕でかかるんだけど、 みんなはどれくらいで済ませてるのか気になる。

https://twitter.com/ladycatwendy/status/826136424529268736

ヒートカッター使うと毛先が丸くなるからカットよりはチクチクしないかもよ。

https://twitter.com/P_feti/status/825855757761458176

ドンキで売ってるヒートカッター(‘ω’◎)イイヨー 毛先丸くなるからチクチクしないよ(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ

https://twitter.com/jujuju_nn/status/798850363059097601

やはり、ヒートカッターでアンダーヘアーのチクチクはなくなるようです。

しかし毛が伸びてきたらまたチクチクに悩まされそうです。

また、処理に時間がかかるのを考慮しましょう。

除毛クリーム

アンダーヘアに使用しましたが、すっきりです本当に そして、除毛クリームだから、毛の生え始めもチクチクしない!

http://www.cosme.net

エステだと数日後には根っこからポロって落ちるんだけどやはりこいつは毛を溶かしているだけかぁ。

http://www.cosme.net

除毛クリームは好評な口コミが多かったです。

しかし、肌が荒れたという口コミや、デリケートゾーンには使用できない商品も多いので、注意が必要です。

脱毛ワックス(ブラジリアンワックス)

ムレやにおいが軽減できるので、一度やると確かに病みつきになります アンダーを常に清潔に保てるのでわたしはワックス脱毛を続けています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

正直に言うと~痛いよ。しかも、生理の前が超痛い!

http://komachi.yomiuri.co.jp

毛を抜くのですから、やはり効果はあるようです。

匂いやムレを軽減できるとの口コミも散見されました。

ただ、強い痛みや専門サロンの選び方を失敗してしまったという口コミが散見されました。

脱毛サロン

昨日背中上部・肘下360°・両脇・VIO脱毛してきた!つるつる!

https://twitter.com/6_t2y_9/status/666235875676688384

VIO脱毛は本当に痛いですよ。でもやっておいた方がはるかに楽になります… 特に夏に海に行くなら若いうちにやっておきたいですね!

https://twitter.com/datsumou_no2/status/831332719694999552

脱毛サロンはキレイに脱毛できるのが好評です。

ただやはり痛いという感想が目立ちました。

面倒な処理をしないで済むようになるには、我慢が必要ということですね。

アンダーヘアのチクチク対策、なんだか選択肢がいっぱいあるし面倒だな…

そう思いチクチクしたアンダーヘアーを放置してると、いろいろ困ったことが起こり得るそうです。

いったいどんな事態を招くのか見ていきましょう。

・下着を痛める

毛先がチクチクしている場合は、下着を痛める原因となります。

特にナイロンなど化学繊維を使用した下着はその傾向が強いようです。

・かゆくなる

アンダーヘアのチクチクな毛先が皮膚に触れてかゆみが出ます。

しかしかゆいからといって人前でかける場所ではありませんし、とても困りますよね。

このかゆみに耐えられずアンダーヘアの処理を放置する人は多いようです。

アンダーヘアのチクチクの原因と対策をここまでご紹介してきました。

ここでアンダーヘアのチクチクには特に脱毛サロンがおすすめなので、改めてご紹介します。

アンダーヘアーのチクチクには脱毛が○

アンダーヘアのチクチクに特におすすめしたいのは脱毛です。

それはヒートカッターや除毛クリームなどの自己処理ではわずらわしいチクチクから一時的にしか解放できないからです。

自己処理で毎回起きるチクチクに嫌になり、いっそのことと脱毛する人は多いそうです。

そんな脱毛のメリットは以下のポイントです。

  • 長期間ツルツルを持続できる
  • デリケートゾーンだからプロに任せた方が安全
  • 残す部分は好きな形にできる

VIO脱毛がリーズナブルなサロン【ミュゼプラチナム】

今回はおすすめの脱毛サロンとしてミュゼをご紹介します。

ミュゼは、好きな形から全部ツルツルまで、希望を伝えた上でアンダーヘアーを脱毛できます。

痛みは一瞬軽く感じる程度という方が多いようです。

「でも、人に見せるのは恥ずかしい…」

そんな方も、ミュゼでは紙ショーツを履いた状態で施術が行われるので安心してください。

できるだけ恥ずかしさを軽くするような工夫がされているのです。

自分でお手入れしにくいデリケートな部分を、安全かつキレイに処理したい方には脱毛サロンがおすすめです。

\プランを詳しく見てみる/ 

気になるアンダーヘアーのチクチクを解消する方法をご紹介しました。

自己処理や脱毛サロンでの脱毛まで、さまざまな方法がありました。

自分に合った対策方法を実施して、嫌なチクチクとお別れしましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。