パナソニック製の脱毛器の種類と価格【他メーカーと徹底比較!】

 

パナソニック製の脱毛器が気になる!

チェック

 

パナソニックから脱毛器が発売されているのはご存知ですか?

「光エステ」と銘打ち、発売されている発売されているこの脱毛器を使えば何と、自宅でも脱毛ができてしまうのです!

しかし「市販用」であるこのパナソニックの脱毛器、サロンのものと比べて脱毛の具合がどう違うのか気になりますよね。

そんなわけで今回はパナソニックの脱毛器を中心に自宅で使える脱毛器を紹介したいと思います。

 

パナソニック製の脱毛器とは?

パナソニックの脱毛器にはどのようなものがあるのでしょうか?

以下を見ていきましょう。

※表示の価格は税込み価格の方を紹介しています。

 

(1)光エステES-WH71

este

 

パナソニックのES-WH71は除毛とフラッシュを組み合わせた脱毛器で痛みと肌への負担が少ないのが特徴です。

仕組みとしてまず、機器に付いているトリマーで除毛を行ってから、黒色に反応するフラッシュでピンポイントにムダ毛を狙い撃ちにして、脱毛を行うのが一連の流れとなります。

ムダ毛を無理に抜かないことから、肌に優しく、痛みの少ない脱毛を実現しており、家庭用ながら脱毛器としての使用感は優れていると言えるでしょう。

価格:25510円(パナソニックオンラインストアより)

 

(2)光エステES-WH93

光エステ

 

パナソニックのES-WH93の何よりの特徴として機能面の充実さが挙げられます。

特に顔の脱毛にも対応したフェイスアタッチメントの実装は家庭用脱毛器において革命的であり、多くの利用者の支持を集めています。

他にも利用部位に合わせて出力を5段階に分けて調整できる機能や、10万発もの照射を可能となっています。

そして長寿命のランプカートリッジを内蔵しているなど、アタッチメントの他にもとても機能が充実しています。

機能性を重視するのならこの製品は是非ともオススメです。

価格:53874円(パナソニックオンラインストアより)

 

 

(3)光エステES-WH83

光エステ

 

パナソニックのES-WH83は上記でご紹介したES-WH93からフェイスアタッチメントの機能を抜いた脱毛器になります。

機能を抜いたとは言ってもその性能面の高さや、10万発照射可能な長寿ランプは健在であり、フェイスアタッチメントを抜いたことにより、WH93より価格は安めの提供となっています。

性能のいい家庭用脱毛器が欲しいけど、WH93ほどの機能はいらない、という欲求の解消をパナソニックは実現しました。

価格:46224円(パナソニックオンラインストアより)

 

(4)ソイエシリーズ

ソイエ

 

パナソニックのソイエシリーズは「泡を使って優しく抜く」という発想のもと作られた脱毛器であり、その斬新な発想は多くの方に支持を受けています。

また、このソイエシリーズの特徴として脱毛だけではなく角質ケアまで行う事が可能で、美肌を目指す人にとっては魅力的な一台となり得ることは間違いありません。

更に、快適な使用感においても充実しており、泡を使わないドライ脱毛に対応をしていたり、機器の水洗いが可能であったりと、この脱毛器の性能と使用感使用感を見る限り、家庭用脱毛器であることがもったいないくらいです。

フラッシュ脱毛には対応をしていないため、総合的な性能は光エステに劣るものの、多くの方のニーズを叶える魅力的な家庭用脱毛器をパナソニックは実現したと言えるでしょう。

価格:23544円(パナソニックオンラインストアより ※ES-ED95-Pのものを抜粋)

 

他社の人気脱毛器もチェック!

それではパナソニック以外のメーカーから発売されている家庭用脱毛器を見てみましょう。

 

 

(1)ケノン

ケノン

 

年間家電ランキングで1位を獲得したケノンの脱毛器は確かな実績を残しています。

ケノンの脱毛器の特徴として、エステ級の照射力を実現したほか、ボタン操作音のミュート機能や広い照射面積を実現しているところが何よりの特徴です。

また、機能面においても出力調整も10段階設定可能になっており、好みに合わせて照射できます。

確かな実績と多機能を実現した家庭用脱毛器を是非とも利用してみてはいかがでしょうか?

 

ケノンが気になった方は、こちらから公式ホームページもチェックしてみてくださいね!

 

 

(2)トリア

トリア

 

このトリアの脱毛器はケノンと同等の支持を集めています。

特徴として挙げられるのは何といってもクリニックでも採用しているレーザー脱毛を実装している点であり、それにより高い脱毛力を実現しています。

また、トリアの脱毛器には二つのサイズが販売されており、自身の目的に合わせて購入できるという点も、トリアの人気を集めている秘密の一つとなっています。

レーザーによる高い照射力と選びやすい二つのサイズから使いやすさを実現した家庭で使うにはもってこいの脱毛器です。

 

(3)ノーノーフォーメン

ノノー

 

ヤーマンから販売されている男性向けの家庭用脱毛器であるノーノーフォーメンは熱エネルギーを使っての脱毛を行う斬新なヒゲ脱毛器です。

この熱エネルギーを使うヒゲ脱毛はカミソリやシェーバーのように直接肌に触れるわけではないため、肌トラブルを起こすことはありません。

また、この熱エネルギーは毛穴にも作用するため、多くの男性を悩ませている青ヒゲの防止にも役立ちます。

ヒゲという限定的な部位ながら高い性能を持った脱毛器です。

 

パナソニックVS他社の脱毛器【徹底比較!】

それでは各社から出ている脱毛器を様々な視点で比較していきたいと思います。

 

(1)価格が安くコスパがいいのは?

脱毛

 

ここまで様々な価格帯のものを紹介してきましたが、総合的なコストで考えるのであればパナソニックのWH-83をオススメします。

このWH-83をオススメする理由としてはやはり長寿ランプの存在であり、WH-83より安い脱毛器は確かにありますが、ランプ交換のコストを考えて長期的なコストをみるとWH-83の方が圧倒的にお得です。

性能面においても優れていますし、安く、長く使いたいという方はこのパナソニック製のWH-83を手に取られるのがいいと思います。

 

(2)使いやすいのは?

使いやすさという面を踏まえると上記のWH-83の性能とコスパを併せ持ち、顔の脱毛にも対応したパナソニックのWH-93をオススメします。

性能面においてWH-93より優れている脱毛器はあれども、性能=使いやすさと判断するのは早計であり、余計な出費を生みかねません。

このWH-93は上記でご紹介したWH-83にフェイスアタッチメントを実装し、顔の脱毛にも対応したタイプになります。

そのため、10万発ランプも健在で総合的なコストがよく、性能に関しても一定以上の水準を満たしているパナソニックの脱毛器になります。

ほとんどの部位に利用でき、コストがよく、性能もいい。

そんな脱毛器は「とても使いやすい」と言えるのではないでしょうか。

 

 

(3)総合的な性能が優れているのは?

総合的な性能な性能が優れているのはケノンの脱毛器になると考えます。

理由としては、パナソニックの光エステ同様、光脱毛を採用している点と、エステ並みの照射力を実現している点です。

機能面においても、高い照射力をきちんと制御する10段階の調節機能や夜遅くにも使えるミュート機能など様々な面で充実しています。

価格は高めですが、性能面において高水準でまとめられている脱毛器です。

 

(4)脱毛力が高いのは?

脱毛力が高い家庭用脱毛器を選ぶならトリアをオススメします。

トリアの脱毛器は脱毛力が高いことで定評があるレーザー脱毛を実装しており、光脱毛に比べてもその脱毛力は優れています。

このレーザー脱毛はクリニックにおいて採用されている脱毛の方法でもあり、医療用の脱毛を家庭で実現しているわけですからとてもすごいことだと思います。

光脱毛では物足りない、レーザー脱毛を家庭でも行いたいという方にはこのトリアを是非ともオススメします。

 

(5)痛みが少ないのは?

痛みが少ない脱毛器を挙げるのならパナソニックのWH-71を挙げます。

このWH-71はトリマーでの除毛とフラッシュでの脱毛を兼ね備えた脱毛器で、あらかじめトリマーで脱毛をすることから、肌への負担と痛みが少ないという特徴を持ち合わせています。

これらの特徴から肌の弱い方でも気軽に利用でき、今日まで多くの方に支持を受けています。

この気軽に使えるというのは家庭用脱毛器において大事なことになるので肌に優しい脱毛器というのはそれだけでもとても優れているというのがわかりますね。

 

 

一番のおすすめ脱毛器は「パナソニックのWH-93」【比較結果】

93

 

ここまでの比較をまとめてみると、一番のオススメは使いやすさと凡庸性に優れたパナソニックのWH-93であると考えます。

理由としてはやはり

  • 使いやすさ
  • 幅広い使用部位
  • 10万発長寿ランプによる優れたコストパフォーマンス
  • バランスの良い性能の良さ

が挙げられます。

このバランスの良さというのが実は大事なことであり、使いやすくコストパフォーマンスが高いバランスの良さというのは家庭用脱毛器において一種の理想であると言えます。

なぜかと言えば、家庭用というのはつまりは家で使うもの、つまりそれだけお手軽に利用でき、満足の行く性能を発揮しなければなりません。

その観点でお話をすると、もしも多機能の機種であればその機能の多さに戸惑い、性能を求めればそれだけお金もかかることとなり、それはもはや”手軽に”とは言えません。

故にこの機種のように幅広い部位に利用でき、ランプ交換の必要がないほどの長寿ランプを実現した機種というのは家庭用脱毛器において優れていると言えるのです。

そのような理由から家庭用脱毛器において優れているのはパナソニックのWH-93と考えます。

 

「パナソニックのWH-93」を動画でチェック!

 

 

WH-93の機能説明がわかりやすくされています!

パナソニックの公式動画なのでわかりやすいです。

 

脱毛器選びで重視するのは価格?性能?コスパ?

 

疑問

 

上記でも説明したように家庭用脱毛器において重視するのは性能やコストパフォーマンス一点だけではなく、全体のバランスが重要です。

もっと詳しくお話をすると、一定水準の性能を満たして長く使えるコストパフォーマンスを実現したのが理想的な機種であると言えるでしょう。

脱毛器選びにおいて、性能を重視する方が多く見受けられますが、その分お金もかかってしまいますし、脱毛の結果にそれだけのお金をかけるというのなら、素直に脱毛サロンに通われることをオススメします。

理由としては、脱毛サロンであれば、無料カウンセリングにて、プロの意見を交えながら自分に合ったプラン、脱毛にて確実な結果が約束されるからです。

家庭の脱毛はお手軽にするのが理想的。

そのためにはバランスのいい脱毛器が一番です。

 

完璧な脱毛なら脱毛サロンがおすすめ!

上記でも挙げたとおり、完璧な脱毛を求めるのならサロンに通いましょう。

 

(1)女性は「キレイモ」

kireimo

 

キレイモはモデルやタレントさんも頻繁に来店している実績のあるサロンです。

人気の秘密は月額9500円程度で行える全身脱毛でこの価格で全身脱毛ができるのはキレイモくらいです。

安いけど大丈夫なの?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、安心してください。

キレイモでは施術の際に使用するジェルを塗る必要がない最新のマシンを導入しており、その脱毛の質はとても高いものがあります。

安く、質が高く、実績のあるキレイモは多くの方にオススメできるサロンです。

 

 

(2)男性はリンクス

lnx

 

リンクスは男性のために存在する男性専用の脱毛サロンです。

男性専用を謳うだけのことはあり、

 

  • 男性特有の濃い毛にも対応する提携医師監修の脱毛器の導入
  • 専用の冷却装置を活かした痛みの少ない脱毛
  • 店内スタッフは男性

 

と男性に配慮した質の高いサービスを提供しています。

また、施術後の肌のケアに使用するジェルは天然素材をふんだんに配合したリンクス独自のものを使用しており、脱毛だけではなく、美肌効果にもこだわったサロンです。

世の中の脱毛サロンのほとんどは女性をターゲットにしたサロンが多く、このリンクスのように男性に配慮したサロンは少ないのが現状です。

もしもあなたが男性であるのならば迷うことなくこのリンクスをオススメします。

 

 

自分に合った脱毛法を見つけてスベスベ肌に♡

 

girl

 

パナソニックと他の脱毛器を紹介しました。いかがだったでしょうか?

最後にはサロンの利用をオススメしましたが、どの方法での脱毛を行うかはあなた次第!

自分に合った脱毛でスベスベお肌を目指しましょう!