目次

  1. 1 毛深いとハゲやすいって本当!?
  2. 2 【結論】毛深いとハゲる可能性が高いのは確か
  3. 3 なぜ毛深いとハゲやすい?その理由をみていこう!
  4. 4 毛深さとハゲの関連性~男性ホルモンの作用
  5. 5 体毛が濃くても、必ずハゲる!……という訳ではない
  6. 6 男性ホルモンが薄毛に関連しているのは間違いない事実
  7. 7 女性も男性ホルモンの増加で体毛が増え、ハゲる危険性が…!
  8. 8 男性ホルモンが増える意外な3つのこと
  9. 9 【対策】男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整えよう
  10. 10 毛深さは、「脱毛」で解決できる!
  11. 11 男性なら脱毛サロン「リンクス」がおすすめ
  12. 12 女性なら、「キレイモ」で毛深い悩みを解消!
  13. 13 ホルモンバランスを整えて、前向きな生活に!

体毛が濃くて悩んでいる男性の方でも、体毛が濃いとハゲるから嫌だ!と、体毛の濃さ自体ではなく、ハゲの方を気にしている方もいらっしゃるようです。

実は、毛深いこととハゲることは密接な関係があるんです!

男性だけでなく女性にも当てはまりますので、女性の方もご一緒に、何故毛深いのか何故ハゲるのか…理由と改善方法をチェックしていきましょう♪

もちろん遺伝的要素で毛深かったり、ハゲたりするので、ご両親や祖父母の体質も関わっています。

でも、体内で分泌されるホルモンのバランスによって、より顕著に毛深い体質になったり、ハゲることになったりするんです。

ホルモンの中でも、毛深い体質とハゲることに関わっているのは男性ホルモンですね。

では、男性ホルモンが与える影響を説明していきます。

女性だって、男性ホルモンのせいで体毛は毛深いハゲになっちゃいます…イヤだぁぁぁ!

男性ホルモンによって体毛は毛深いし、ハゲる可能性があるという事実。

なぜ毛深いのかというと、男性ホルモンが多いからなんです。

そしてなぜハゲるのかというと、ハゲの原因も男性ホルモンが多いからなんです…!

体の毛に関しては、男性ホルモンが増えると毛も増えます。

しかし髪の毛に関しては、男性ホルモンが増えることで髪の毛は少なくなっていくんです。

男性ホルモンってなんなの!?

それでは毛深いこととハゲる原因になる、男性ホルモンってなんなのか、詳しくチェックしていきましょう!

(1)男性ホルモンが増えると、体毛が濃くなる

男性ホルモンの働きの中に、体毛の成長を促進するというものがあります。

そのため、男性ホルモンが増加すると毛深い体質になってしまうのです。

女性の場合、男性ホルモンは女性ホルモンの10分の1ほどですが、この割合が10分の1よりも多くなってしまうと、毛深い体質になってしまいます。

女性ホルモンには男性ホルモンを中和する働きがありますから、男性でも、女性ホルモンを増加させることで毛深い体質の改善が望めますよ♪

(2)男性ホルモンの分泌が高まるとハゲる確率が高まる

男性ホルモンはほとんどがテストステロンという成分でできています。

このテストステロンが多いほど、ハゲる確率は高まります。

しかし、テストステロンは必要条件ではありますが、これだけではハゲる原因とはなりません。

テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することで脱毛の症状がでるんです!

これが頭頂部がツルツルだったり、生え際が後退していくような、男性型の薄毛の原因です。

したがって、毛深いとハゲやすいというのは本当

男性ホルモンが増えることで、体毛の成長を促進する一方で、ハゲる確率が上がるという、毛深いこととハゲることに密接な関係性があることがわかりましたね。

もちろん、男性ホルモンは悪いものではなく、筋肉を増やしたり、精神的にも精力的になり、決断力がアップするなど良い面も多くあります!

毛深くなったりハゲる確率が上がることとのバランスを考えて対処していきたいですね。

男性ホルモンとハゲることの因果関係をさらに詳しく説明していきます!

男性ホルモンのテストステロンだけでは、ハゲることには直結しないんです♪

(1)「5αリダクターゼ(Ⅱ型)」

5αリダクターゼ(Ⅱ型)というのは、毛の根元にある毛乳頭にある酵素です。

この酵素とテストステロンが結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。

このDHTが薄毛の直接の原因成分となります。

DHTの作用により、髪の毛を成長させるための細胞分裂が抑制され、髪の毛が細く抜けやすい状態になり、ハゲる原因になるんです。

(2)「アンドロゲンレセプター」

しかし、DHTだけではハゲる原因にはならないんです。

DHTが作用するためにはアンドロゲンレセプターと結合する必要があります。

アンドロゲンレセプターとは、体内で男性ホルモンを作用させる役割をもつものです。

アンドロゲンレセプターの働きが強い人は、DHTと多く結びつき、毛の成長を抑える効果が強くでてしまうんです。

(1)と(2)の成分がそろわなければ、男性ホルモンが増えてもハゲない

男性ホルモンの9割を占めるテストステロンだけでハゲるならば、ほとんどの男性がハゲることになります。

テストステロンが5αリダクターゼ(Ⅱ型)と結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)となり、さらにアンドロゲンレセプターにより毛乳頭細胞に作用する状態になって初めて薄毛の症状が出てくるのです。

アンドロゲンレセプターの感受性の強さは遺伝子検査によってわかるので、気になる方はAGAの治療をしてくれる病院で検査してみてくださいね!

ミュゼ大分パークプレイス店はこんな人におすすめ♪

男性ホルモンのテストステロンだけではハゲることはないことを説明しました。

しかし、毛深いタイプの人は5αリダクターゼのⅡ型が多いタイプの傾向があるので、やはりハゲるリスクは高くなります。

また、女性に多く見られる髪の毛が全体的に細く少なくなるタイプの薄毛は、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの割合が増加することが原因です。

やはり毛深いことやハゲることは男性ホルモンが大きく関係しているんです。


「将来ハゲそう…」「もしかしてもう手遅れ?」

いち早くなんとか手を打ちたい方に、『ハゲラボ』というサイトをご紹介。

こちらは脱毛ノートの姉妹サイトで、薄毛対策や予防方法を数多く取り扱っています。

具体的には、こちらの記事を参考にしてみてください。

薄毛・AGA治療の最新はコレ!最先端技術でハゲ治療をしよう

女性の体内でも男性ホルモンが作られています。

男性に比べて少ないとはいえ、女性ホルモンとのバランスが崩れ、男性ホルモンの割合が増えれば毛深くなりハゲる確率が高くなります。

通常のホルモンバランスであれば、女性ホルモンには髪の毛の成長期を長くする働きがあり、男性ホルモンの働きを抑えているので、ハゲることはありません。

しかしホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの割合が増加すれば、女性でもAGAになるリスクがあるんです。

女性版のAGAを、通称FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

特徴としては、AGAのように局部的にハゲることはなく、全体的に細く薄くなるというもの。

もしFAGAの心配がある方は…脱毛ノートの姉妹サイトである『ハゲラボ』のこちらの記事を参考にしてみてください。

女性の薄毛の原因と10のおすすめ改善方法

女性ホルモンを増やせばいいんだ…!

もともとそれほど毛深い体質ではなかったのに、急に毛深くなった人は男性ホルモンが増えているのかもしれません…!

どんなことが男性の増加につながるのかチェックしていきましょう♪

(1)筋トレ

筋トレをするとテストステロンの分泌が促されます。

特に、スクワットやロッククライミングのような全身運動で、全身の筋肉を鍛えるようなトレーニングが男性ホルモンを分泌します。

逆に、有酸素運動は男性ホルモンを多く分泌させることがないんです♪

筋トレもしたいけれど、男性ホルモンは増加させたくない!という人は、マラソンや自転車などの有酸素運動にしましょう!

(2)怒ること

男性ホルモンは闘争心を刺激すると言われおり、怒りっぽくなるのもその1つです。

しかし、逆に怒ることで男性ホルモンの分泌を促進する作用もあるんです。

張り詰めた精神状態でいると、交感神経が優位に働くため、男性ホルモンが多く分泌されることになります。

リラックスして、笑顔で過ごす時間を多くもつことで、副交換神経が優位なり、女性ホルモンが分泌されます。

女性も男性ホルモンが多いと怒りっぽくなり、怒っている精神状態ではさらに男性ホルモンが分泌され、産毛が濃くなりヒゲが生えてきた…なんていう悪循環になってしまいます。

鏡を見るたびに笑顔をつくるなど、女性ホルモン増加のためにひと工夫してみましょう♪

作り笑顔でも充分に効果があるんですよ♡

(3)寝不足

まずは女性から♪

女性ホルモンを安定させるためには、良質な睡眠が不可欠です!

つまり、寝不足続きだと女性ホルモンが減少してしまい、男性ホルモンの働きが活発になってしまいます。

毛深さや薄毛だけでなく、お肌のためにも、女性ホルモンを安定させるように、しっかりと睡眠時間を確保しましょう!

男性は良質な睡眠をしっかり取れば、男性ホルモンが安定します。

しかし、睡眠不足で体にストレスがかかれば、それもまたハゲる原因になってしまいます。

男性の場合は、しっかりと睡眠はとりつつ、その他の要因で女性ホルモンを増加させていくのがいいですね♪

1番のおすすめは、やっぱりよく笑うこと♡

それでは、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうことを防ぐために、何ができるかチェックしていきましょう♪

(1)夜型生活を止める

朝日を浴びることで、幸せホルモンが分泌され交感神経と副交換神経のバランスが良くなります。

幸せホルモンとは、セロトニンという脳内の神経伝達物質なのですが、女性ホルモンのエストロゲンの減少とセロトニンの減少は比例関係にあるんです!

太陽の光を浴びることで、セロトニンが分泌されるのですが、日中は紫外線も気になります。

早朝の太陽の光を浴びて、1日をスタートさせることで、女性ホルモンにもいい影響が出てきます♪

また、早寝早起きを意識することで、睡眠時間もしっかりとれて、体が良い状態に近づいていきます。

夜中にしていたことを、早朝にするようにしてみてはいかがでしょうか♡

(2)偏食を止める

極端な節食、偏食はホルモンバランスに悪影響です。

また脂っこい食事ばかりでは、頭皮の皮脂が過剰になり、ハゲる原因にもなります…。

そこで、女性ホルモンを分泌させる食材を少しご紹介します。

  • マグロの赤身
  • アボカド
  • 豆類
  • カボチャ
  • バナナ

などなど。

ビタミンB6を含む食材が効果的です♪

またビタミンEを多く含む煎茶もおすすめ!

腸内環境を整えるために、ヨーグルトなども積極的に食べましょう♪

(3)笑顔で過ごす

忙しく仕事をしていたり、まだ手のかかる小さなお子さんがいたり、ストレスとまではいかずとも、気を張って生活している方は多いと思います。

そんな生活の中でもリラックスする時間をもって、笑顔で過ごす時間をつくると女性ホルモンが安定します♪

1日に1度は、しっかり笑顔を作ってみてくださいね♪

笑顔が女性ホルモンを分泌させてくれますよ♪

ぐっすり眠ることも大切♡

ここまで、毛深い理由やハゲる原因になる男性ホルモンのこと、その対策として女性ホルモンを活性化させる方法をご紹介してきました。

しかし体質改善しても、やはり遺伝的に毛深い体質である場合、濃いめのムダ毛は気になりますよね…。

毎日処理するのも大変だし、何より背中やうなじなど、自分では処理できない部分はボーボーのまま。

男性のヒゲや女性のVラインなど、太くて濃いムダ毛はなかなかキレイに処理できず、黒くボツボツして見えたり、毛ぬき処理後は赤く膿んだり。

頻繁に処理することで肌トラブルも深刻になってきます。

脱毛サロンで全身脱毛してしまえば、肌トラブルも最小限にできますよ♪

それに、自己処理するためにかけている費用って、積もり積もって意外と高額になっています。

サロンで脱毛してもらえば、自己処理の手間も費用も抑えられるのでおすすめです♡

サロンでの脱毛ならお肌への負担を抑えられますよ♪

リンクスはお得なキャンペーンも多い脱毛サロンです!

脱毛したいパーツを組み合わせたプランや、全身脱毛プランなど、様々なプランがあります。

また、9回目からは80%オフになりますよ♪

男性の脱毛料金は高額になりがちですが、リンクスなら料金も抑えられるんです!

しかもリンクスなら分割して支払え、月々の支払いも抑えられます♪

例えば全身脱毛の8回保証プランなら、55%オフで398,000円で、月払いにすれば10,500円からOK!

さらに、顔・ヒゲ脱毛なら10回、VIOラインとヒップなら8回のどちらかが無料で施術してもらえるんです♡

もちろん回数パックではなく、1回だけの契約でも大丈夫ですし、全身脱毛ではなく、気になる部位のみの契約でも大丈夫♪

ご自身にあった脱毛コースをぜひカウンセリングに行って、相談してみてくださいね!

処理に悩んでいたヒゲもスベスベに…♡

女性におすすめなのがキレイモ

キレイモは全身脱毛コースのみの脱毛サロンですが、施術範囲にはしっかりVIO脱毛もお顔の脱毛も含まれているのが嬉しいです♪

また、キレイモの脱毛機器は痛みが少なく、お肌へのダメージもほとんどないんです♡

毎日毎日カミソリで処理してカサカサになってしまったり、毛抜きで処理して埋没毛や毛穴が赤く膿んだり…。

年齢を重ねるごとに、自己処理での肌トラブルは深刻です。

そして月額制9,500円のプランと、回数パックプランがあるので、お支払いも安心ですよ!

月額制ならいつ辞めてもOKなので、手軽にお試しできちゃいますよね♪

学生さんなら在学中に契約すれば学割料金でお得に通えちゃいます。

自分では処理しきれないムダ毛は、ぜひキレイモで…。

ツルスベ肌になったらずっと触っていたくなる♪

毛深いとハゲる理由と対策方法についてまとめてみましたがいかがでしたか?

普段の生活からホルモンバランスを整えることを意識し、体質改善を心がけつつ、余計な体毛は脱毛サロンでやっつけちゃいましょう♪

きっと脱毛効果が現れ始めれば、自然と笑顔も増えて女性ホルモンもぐんぐん分泌してきますよね♡


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。