脱毛

エタラビ(エターナル・ラビリンス)が業務停止命令。その理由とは…?

ジャニーズの山下智久さんのCMや広告でおなじみの、脱毛サロン「エターナル・ラビリンス」が2016年8月24日に消費者庁より業務停止命令を受けました。

2016年8月24日までの情報でエタラビを紹介している記事を掲載しておりますが、現在弊サイト「脱毛ノート」ではエタラビをおすすめしておりません。
今回の件をうけて紹介を取りやめる手続きをすすめております。

つきましては、下記の内容をお読みいただき、エタラビでの脱毛を検討していただいておりました方は、別の人気サロンに足を運んでくださると幸いです。

脱毛サロン「エタラビ」が業務停止に。

 

消費者庁は、エターナル・ラビリンスの屋号でエステティック(脱毛)の 役務を提供していた特定継続的役務提供事業者の株式会社グロワール・ブリ エ東京(東京都港区)(以下「同社」といいます。)に対し、平成28年8 月24日、特定商取引法第47条第1項の規定に基づき、平成28年8 月 25日から平成29年5月24日までの間、特定継続的役務提供に関する業 務の一部を停止するよう命じました。
出典:http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/release/pdf/160824kouhyou_1.pdf

業務停止命令を受けた理由とは…?

 

 

 

消費者庁は、同社がスマホ向けサイトに、月額9500円で脱毛を受けられるような広告を載せて勧誘し、実際には17万円を超えるコースなどを契約させていた、と指摘。また従業員や機器が足りないのに、「間違いなく予約が取れます」などと事実と異なる説明をしたり、中途解約した会員への返金を拒んだりしたなどの違反もあったとしている。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000059-asahi-soci

 

業務停止命令を受けた内容をざっくりとまとめると、

月額9500円なのに実際には17万円のコースを契約させられた

客の返金に応じなかった

「予約が取れる」と言っておきながら一か月で一日も予約が取れなかった

という問題を起こしていたそうです。

 

月々9500円で通えると歌っていたコースは、実際のところ17万円のコースの契約を結び、分割払いをすることで結果的にひと月9500円になるというものだったらしいのです。

そして、実際契約をしてエタラビに通い始めても、ひと月9,500円のコースにも関わらず、「1ヶ月のうちに1回も予約が取れなかった」という声も上がっていたんだとか。

 

エタラビより、もっと良いサロンってどこ…?

業務停止になってしまったエタラビ。

実際に契約してお金を払っていたサロンが業務停止になってしまう、というのはとても困ることですよね。

エタラビよりもっと安全で安心して通えるサロンを、紹介します♡

 

キレイモ

板野智美さんの広告でおなじみの、KIREIMO(キレイモ)。

キレイモの標準的な全身脱毛価格はスリムアップコースというプランで月額9,500円です。

脱毛の施術後の保湿ローションをグレードアップした「プレミアム美白脱毛コース」の価格は月額12,800円となっています。

他サロンからの乗り換え割引が適用されると元の値段から5万円が割引されたり、友だちを紹介すると2万円割引されたりとお得感もいっぱい♡

そして学生の場合には学割もあるのが嬉しいポイントですね!

キレイモは、いつでも脱毛の契約をやめることができるので、本当に月額9500円ポッキリで脱毛できちゃいます♡

 

 

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは、言わずと知れた脱毛サロンの最大手です。

料金プランは回数契約のため、わかりやすい値段設定となっているのが人気の秘訣かもしれません。

両脇脱毛やVラインは無制限価格で脱毛できるので、とてもお得感があります。

ただ、全身脱毛の値段となると1回は42,000円と決して安い値段とは言えません。

しかし、キャンペーン時には「4回以上の契約をすると価格は半額」など大幅に値段が下がることもあるみたい…!

ぜひタイミングを狙って通いたいですね♡

 

脱毛ラボ

脱毛ラボは、月額制脱毛サロンの草分け的存在…!

全身脱毛の場合、月額9980円で脱毛し放題

脱毛ラポもキレイモと同じように完全月額制なので、サロンに不満を感じたり、やめたくなった場合には翌月から通うのをやめればいいだけなので気が楽ですね。

手元に大きなお金がなくても気楽に通える分、自分の望む脱毛状態になるまでに回数が多くかかったり、最終的な脱毛料金は高上りする可能性もあります。