目次

  1. 1 未成年でもツルツルすべすべになりたいの・・・
  2. 2 そもそも未成年は全身脱毛できるの?
  3. 3 未成年が全身脱毛するときの注意点
  4. 4 こんな未成年は全身脱毛してみては?
  5. 5 未成年の全身脱毛サロン選びのポイントは?
  6. 6 未成年にお勧めの全身脱毛サロン:キレイモ(KIREIMO)
  7. 7 未成年にお勧めの全身脱毛サロン:脱毛ラボ
  8. 8 【注意】未成年の全身脱毛にはリスクもあります!
  9. 9 未成年でも当たり前に全身脱毛する時代が!

最近では、10代、高校生の間で「全身脱毛をしたい!」

とアルバイトを頑張っている子が多いようですね。

高校生にもなれば、異性の視線も気になるし、

同性に自分がどう見られているのかも気になるお年頃。

それが、ムダ毛が気になる女の子なら、なおさらのこと!

自己処理した肌のチクチクや、赤いブツブツを見られたら…と、

気が気じゃないのは、オトナも未成年も同じですよね。

今回は未成年でも気軽に通える全身脱毛サロンをご紹介します!

※今すぐ脱毛して、ムダ毛が気にならないようにしたい方、

期間限定キャンペーン中の人気脱毛サロンをぜひチェックしてみてくださいね。

ムダ毛に悩むのは未成年だって同じこと。

今や、未成年のうちから全身脱毛を始めたいという人も。

未成年でも、最近では全身脱毛したいと考える女の子が増えているとのこと。

中学生や高校生の間から美しくムダ毛のない体に憧れるというのは、

女の子ならめずらしいことではないはず。

では、未成年でも脱毛サロンで全身脱毛の施術をしてもらうことは可能なの?

というギモンが。

結論から言うと、出来ます!

今や、多くの脱毛サロンで未成年でも全身脱毛が可能で、

実際、サロン通いしている中高生も多いよう。

中には、キッズ脱毛に通う小学生もいるのだとか!

ひと昔前は、子供が脱毛なんてありえない…と思われていましたが、

脱毛技術の進化と共に状況は変わっているようですね。

多くの脱毛サロンでは、

未成年の脱毛施術を受け付けているのだそう。

それでは、脱毛サロンで未成年が全身脱毛を受ける際に、

どんなことに注意した方がいいのでしょうか?

 保護者の同意が必要。

未成年が全身脱毛をするにあたっては、まず、保護者の同意が必要。

各脱毛サロンでは、未成年での脱毛契約に、

保護者の「同意書」の提出を義務付けているところがほとんど。

費用や施術方法をきちんと理解する必要があるため、

最初の無料カウンセリングだけは親と一緒に来店し、契約を結ぶ必要があるサロンも。

また、厳しいサロンでは、

施術の際にも保護者の同席を義務付けているところも。

なお、同意書や承諾書に自分で勝手にサインをし提出してしまった場合、

後々なにか問題が生じても契約の取り消しができません

これを防ぐために、保護者同伴でのカウンセリングではない場合、

未成年者の自宅にサロンから確認の電話を入れることもあるそうですよ。

 年齢制限を設けているサロンもある。

脱毛サロンによっては、

全身脱毛の施術を受けられる年齢を制限しているサロンも。

また、年齢制限を設けていないサロンでも、

生理が順調にきている」という点を条件にしているところもあります。

脱毛の施術は、

女性ホルモンの分泌量が落ち着いてから行う方が高い効果を期待できるそうです。

なので、脱毛可能となる歳は、

一般的に、初潮が始まり1年から2年程度経過してからとされています。

各脱毛サロンでは、初潮が始まれば施術が可能というところもあれば、

16歳から、18歳からなど、年齢制限はまちまち。

あらかじめHPなどで年齢制限に引っかかっていないかなども、

チェックしておくといいですね。

 保護者(親権者)が男性の場合は注意が必要。

脱毛サロンやエステの中には、男子禁制となっている店舗も。

こういったお店で脱毛を申し込む場合は、注意が必要なケースも。

例えば、初回カウンセリングや契約時に保護者の同席が必要な場合や、

来店に親の同伴が必要な場合

父親では店内に入ることができないため、

同意書への署名・捺印などが不可能となることも考えられます。

こういったケースでのサロンの対応は各店舗それぞれで異なります。

当日焦らずに済むように、事前に確認をしておくと安心ですね。

未成年の全身脱毛には、保護者の理解と同意が必要!カウンセリングにもできるだけ同伴してもらおう。

未成年が全身脱毛をする際の注意事項についてお話してきました。

では次に、どんな未成年に全身脱毛がおススメなんでしょうか?

 ムダ毛の自己処理をしている未成年。

未成年の人でも、たくさんの人がムダ毛の自己処理をしていますよね?

ですが、自己処理はお肌にダメージを与えます。

間違ったムダ毛の自己処理を続けていると、肌荒れの原因になりますし、

カミソリなどで肌が傷つくと、シミや黒ずみの原因に。

それに、傷は一度ついてしまうとなかなか消えずに残ってしまうもの。

全身脱毛は「学生だからまだいい」とか

お金がかかるし自己処理で十分」なんて思っていたら、

後で取り返しのつかないなんてことにも。

今は若くて綺麗な肌でも、

年齢を重ねるごとに自己処理跡が目立つようになっていくものなんです。

だったら、未成年でも早めのムダ毛対策をした方がいいと思いませんか?

 体毛の濃さがコンプレックスの人。

思春期の頃というのは、色々考え過ぎてしまうもの。

特に自分と他人を比較しやすくなり、体毛が濃いことで悩み、

それがコンプレックスになることも。

中にはムダ毛でからかわれて、

学校に行くことが出来ずに不登校になってしまう人もいるのだとか。

それほどまでに外見は、

思春期の子供たちにとっては深刻な問題になりやすいもの。

ですから、

解消するにはやはり効果の高い脱毛を行うことが解決策なのかも。

 母親の美意識が高い未成年。

美について日頃から関心の高いお母さんであれば、

一緒に脱毛サロンに行って親子で全身脱毛をしよう!と誘ってみては?

サロンによっては「親子得」といった、

二人で通うとお得になるサービスを提供しているところも。

親は、自分の娘が可愛く美しくあってほしいと思うもの。

美意識の高いお母さんなら、なおさら、

娘が脱毛したいと思う乙女心にも理解を示してくれるはず!

それでは、未成年が全身脱毛サロンを選ぶ際に、

どういったことに注意しながら選べばいいのでしょうか?

いくつかポイントをピックアップしてみました。

大手の脱毛サロン

脱毛サロンと一口に言っても、技術レベルはサロンごとに異なります

脱毛サロンを「効果」という点で選ぶなら、

全国展開された大手のサロンがオススメ。

これは、大手のサロンだと、

常に新しい脱毛機器を導入しているところが多いから。

脱毛機器の性能は時代と共に進化していて、短時間で広範囲の脱毛が可能。

痛みに配慮して開発された、

脱毛機器であったり多種多様なものがあります。

また、スタッフの技術面や、トラブル発生の際の対応でも、

ノウハウの充実した大手サロンの方が安心という点も。

お試し無料体験の出来るサロンもありますので、

何店舗か実際に体験してみて、

自分の肌に合った施術内容か確認してみるのもいいですよね。

 アフターケアの充実したサロン

全身脱毛サロンで効果を得たい場合、

施術そのものだけでなく、アフターケアも重要。

脱毛効果は肌の状態にも左右されるので、

施術後の肌の保湿ケアに力を入れているサロンを選ぶといいですね。

また、自宅でどのような肌ケアをすれば良いのか、

ホームケアについてアドバイスをしてくれたり、

フォローしてくれるサロンが理想的。

 予約が取りやすいサロン

料金の安い脱毛サロンは、若い人を中心に人気が高いよう。

ただ、人気がある分、

脱毛のニーズが高まる夏前あたりから店の予約が取りづらいというデメリットも。

せっかく全身脱毛をしようと思っても、

予約が取れなくてなかなか脱毛が進まない!

なんてことも少なくありません。

その他にも突然の体の不調や学校関係の行事などで、

予約日に行けなくなってしまうことも考えられます。

そのような場合の、キャンセルの取り扱いや、

予約の変更ついても事前に確認するようにしておくといいでしょう。

未成年の全身脱毛サロン選びも、ポイントをおさえておけば失敗しない。

キレイモは、

2014年2月に一号店がオープンした比較的新しい全身脱毛専門サロン。

元AKB48のともちんこと、板野友美さんがイメージキャラクターを務め、

スタッフの制服デザインも手掛けていて話題に。

他のサロンと比較しても全身脱毛が安く、

月額制パックプランからの選択が可能。

キレイモの月額制はローンの分割払いではないので、

通っている間だけ毎月料金を支払うというもの。

これなら、やめたくなったらいつでもやめられるというメリットが。

まとまった現金を用意できなかったり、ローンを組めない未成年でも、

月額制があるので全身脱毛を始めるにはおススメ。

さらに、キレイモでは学割パックプランがあり、

最大20%オフとなったり、学生だけのお得なサービスも充実。

また、このキレイモの人気の高さを表しているのが、

多数の芸能人やモデルが通っていることで有名という点。

SNSなどで、若い芸能人やモデルの人達が、

キレイモのことを書いているのを目にした人も多いのでは?

日頃から、美容に関して高い関心を持つ芸能人に支持されているキレイモ。

ここなら、同世代の未成年の人たちも安心して通えますね!

有名モデル・タレントが通うキレイモを詳しくチェック→ 

キレイモの口コミ

全身でこの値段!?っていう驚きの低価格で、さらに学割がきくキレイモに変更しました(笑)。ともちんがイメージガールっていうので割と友達はみんな知ってます。お金のない友達も月額支払で通っています!バイト代で続けられるし、友達と一緒に予約取っていってま~す☆

http://minhyo.jp/kireimo/

キレイモを利用する未成年の口コミを見ていると、

やはり料金の手頃さに惹かれて選んだという内容のものが多いようです。

バイト代で支払える金額というのが、未成年の皆さんにとって、

全身脱毛がより身近なイメージとなっているようですね。

また、若い女の子に人気の板野友美ちゃん効果も大きいようです。

脱毛ラボでは、新しい脱毛機器「S.S.C」を導入。

これは、肌への負担が少ないと言われる光脱毛の中でも、肌にやさしい脱毛方法。

刺激が少ないので痛みも少なく、人によっては「ほとんど何も感じなかった」と言う人も。

痛みが不安で脱毛をためらっている人や、肌が弱い未成年でも

また、脱毛ラボは業界で初めて月額制の全身脱毛を始めた脱毛専門サロン。

コストパフォーマンスを重視し、無駄を極力省いた店舗作りも特徴と言えます。

全身脱毛お試しプランとして、通常は月額4,990円のところ、3ヶ月無料で脱毛体験することができるので、お得ですよね!

さらに、脱毛ラボのオススメポイントとして、短時間・短期間で脱毛することが可能なプランがあるということ。

早く脱毛をしてきれいな肌を手に入れたいという未成年にとっても魅力的なはず。

サービスや設備よりも、料金の安さを重視したい未成年には脱毛ラボはピッタリなのかも?

脱毛ラボの口コミ

「親切に対応して下さり、安心感をがあったのでこのサロンに決めました」、「意外とあっという間なので仕事や学校終わりなどでも気軽に寄れるのがありがたいです」などの口コミがありました。

脱毛ラボの口コミを検索していると、未成年の人達の口コミは概ね好意的な評価が多いという点。

施術がスピーディーで、テキパキとして良かったといった声も多いようです。

未成年の人達にとっては、丁寧な接客よりも、テキパキとスピーディーに対応してもらえる方が、気楽に思うのかもしれませんね。

口コミでも高評価の脱毛サロンとは?→

ここまで、未成年の全身脱毛について、口コミや実際の様子などをご紹介してきました。

ですが、やっぱり未成年の全身脱毛にもリスクはあるのです。

次に、どのようなリクスがあるのかピックアップしてみました。

 脱毛してもまた生えてくる可能性が。

脱毛サロンでの全身脱毛は、初潮が始まってから5年以上経過してからの方がいいと言われることも。

その理由は、それぐらいの期間でようやくホルモンバランスが安定してくるからなのだそう。

体毛は、ホルモンバランスの影響を大きく受けて生えているため、全身脱毛をホルモンバランスが安定しない時期に受けたとしても、ムダ毛が再び生えてきてしまうことがあるのです。

 皮膚に影響がある場合も。

未成年の皮膚細胞は大人の皮膚細胞と比較して、分裂や成長の速度が速いという特徴が。

しかし、そんな皮膚細胞に光脱毛のフラッシュやレーザー脱毛のレーザー光を照射すると、成長途中の細胞まで破壊されてしまうことに。

レーザー脱毛は、未成年の肌に使用するには強すぎるケースが多いといわれているよう。

光脱毛は比較的肌へのダメージや刺激が少ない施術法ですが、それでも完全に負担が無いとはいえないようです。

 脱毛前にはムダ毛を剃る必要がある。

ムダ毛が生えたままの状態だと脱毛の施術が行えないため、事前に脱毛の該当箇所を剃っておく必要があるのです。

ツルツルになるまで脱毛するのではなく、間引く程度減らしたい場合でも全て剃る必要があります。

1度剃ってしまうと、そこから継続してシェービングしないと、ムダ毛が伸びてきた時にチクチクする不快な状態が続くことに。

全身脱毛が完了するまでは、継続したシェービングも必要になることを理解しておきましょう。

ここまで未成年の全身脱毛についてお話してきましたが、いかがでしたか?

全身脱毛のメリットやデメリット、料金体系など…自分でも出来るだけ把握し理解しておきたいものです。

そしてその上で、どうして自分は全身脱毛をしたいのか、ご両親にしっかりと考えを伝えることが、まずは大事な一歩となるでしょう。

ムダ毛の悩みは、同じ女性同士ならばきっと分かってくれるはず。

思いきって、相談してみましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。