脇毛がかゆくなる原因と対策方法まとめ【放っておくとヤバイ】

脇毛が、ムズムズ…かゆい!!

脇 きになる

 

脇毛をちゃんと処理しているのに、なんだかムズムズかゆい…。

赤みやポツポツができてしまって困っている…。

処理する頻度も高い脇毛、かゆみやお肌トラブルに悩む方も多いようです。

 

今回は、そんな脇毛周辺がかゆい原因と対処の方法を紹介していきます。

 

一刻も早く専門家の見解が知りたい方はミュゼの無料カウンセリング

がおすすめです。

 

脇毛のかゆみの原因は、主に3つある

脇毛の痒みの原因

 

脇毛の周辺がかゆい、その原因となっているのは3つの肌トラブル

どんな状態のお肌に、このかゆい現象が起きるのでしょうか。

 

(1)カミソリ負け

脇毛の周辺がかゆい原因として、多いものの一つはカミソリ負けです。

脇毛は一度の剃りで綺麗に処理できない場合が多く、何度も刃を当ててしまいがちな部位ですね。

血は出ていなくても、皮膚には細かな傷がついてしまうことがほとんどです。

そこに、汗や雑菌などがつくことにより、炎症を起こしてしまうのです。

 

また、毎日のようにカミソリを当てると、金属アレルギーや乾燥を引き起こす場合もあります。

脇毛の処理は、なるべくカミソリを当てない方法で行うことが望ましいと言えますね。

 

(2)制汗剤が原因のかぶれ

脇毛の生える部位は風通しが悪く、非常に蒸れやすい場所でもあります。

脇毛のにおいやベタつきを解消するための制汗剤ですが、パウダー状の薬剤を噴霧するため、脇の下にある汗腺にフタをしてしまいます。

これが、肌荒れや雑菌の繁殖をまねく原因になることも。

 

また、脇毛の毛穴を塞ぐことによって新陳代謝が妨げられ、乾燥やにおいの発生源になってしまうこともあります。

単純にお肌に合わない場合などもありますので、注意が必要ですね。

 

(3)アトピー性皮膚炎などの皮膚の病気

アトピー性皮膚炎などの疾患をお持ちの方は、特に汗などに反応して脇毛がかゆい感覚が増す場合もありますので、ケアは大切です。

日ごろからかゆいと感じる前に、汗を感じたら丁寧にふき取るなどの細やかなケアが必要ですね。

かゆみや赤みがひどい場合は、かかりつけの医師に相談して、かゆみ止めなどの処方をお願いしましょう。

 

また、皮膚に付着する真菌類が過剰に繁殖して、湿疹やかゆみを引き起こす場合もあります。

いずれも、脇毛の腫れや赤み・かゆみがひどい場合は、早めに皮膚科での治療をお勧めします。

 

脇毛のかゆみ、それぞれの原因に対する対処法は?

脱毛

 

脇毛がかゆい時、なかなか人前でケアできない部分なだけに、対処の仕方は気になりますね。

間違った対処方法では、かえってかゆい感覚を悪化させたり炎症を起こしたりすることもあるでしょう。

脇毛がかゆい時は原因によって、それぞれケアの方法が違ってきます。

 

次項では、かゆい原因別に、それぞれの対処の仕方をご説明しましょう。

 

脇毛のかゆみの原因が、「カミソリ負け」の対処法

チェック

 

脇毛がかゆい原因のひとつ、カミソリ負けでのケア方法はこちら。

 

(1)カミソリでの脇毛の処理を止める

夏場などの肌見せ時は、どうしても頻繁に脇毛の処理をしてしまいます。

毎日カミソリを脇毛に当ててしまう場合もあるでしょう。

ですが、脇毛の処理はなるべくカミソリを使わない方法が好ましいです。

 

脇毛にカミソリを当て続けると、細かな傷が癒えないうちにまた重なり、膿がたまったり赤く腫れるなど炎症がひどくなります。

どうしても剃りたい場合は、電動シェーバーを使用して優しく剃るようにしてください。

 

(2)剃刀の刃を新しいものに変える

カミソリの刃が古いと、お肌を傷つける上、雑菌の繁殖などで炎症を引き起こす危険はさらに高まります。

脇毛をカミソリで処理する場合は、必ず新しい刃で剃ることをお勧めします。

しかし、しつこいようですが脇毛の処理にカミソリを使用することはお勧めできません。

 

(3)お風呂場でボディソープをつけて剃らない

よくやってしまう間違いに、滑りをよくするためカミソリを使うときにボディソープなどをつけて剃る方がいます。

実はお肌とカミソリの間に被膜を作るため、かえって剃り味が損なわれてしまいます。

2度3度と刃を当てなければ剃れない状態になってしまうため、これはお勧めできない方法ですね。

 

どうしても使いたい場合は、シェービングフォームを使うようにしましょう。

 

(4)剃刀の刃を何度も往復させない

脇毛は、脇の複雑な形があるため、なかなか1度では綺麗に剃りあがらない部位です。

かといって、何度も脇毛にカミソリを往復させると、傷が増えてかゆみや炎症を引き起こすもとに。

こうしてみると普段行っている脇毛の処理ですが、とても難易度の高い箇所なのだということが分かりますね。

 

(5)剃った後の保湿をしっかりする

どうしてもカミソリで処理する場面を避けられない場合は、脇毛の処理後の保湿をしっかりとすることをお勧めします。

脇に潤いを補給することにより、傷ついたお肌の再生を助け、炎症を防いでくれます。

カミソリを当てた後は必ず保湿、を覚えておくようにしましょう。

 

脇毛のかゆみの原因が、「制汗剤によるかぶれ」の対処法

脇毛

 

以外に多い制汗剤での肌トラブル。

もしかしたら脇のかゆい原因も…?

 

(1)脇汗パットで汗を吸収させる

制汗剤の利点は汗のべたつきを抑えることですが、脇の下にたくさんある汗腺を塞いでしまうため、かえってお肌のトラブルを引き起こすことがあります。

制汗剤がかゆい原因である場合は、まず使用を止めて脇汗パットを使ったり、こまめに脇汗を拭いたりする方法から試してみましょう。

汗自体をしっかり流すことにより、雑菌の繁殖を防ぎ、かえってにおいが軽減することもあります。

 

(2)制汗剤を自然由来の「ミョウバン」や「アロマ」に変えてみる

市販の制汗剤には化学薬品が含まれているものがほとんどです。

使われているものは、安全性の高いものですが、お肌に合わない場合や、かゆい原因となる成分もあります。

気になる場合は、思い切って天然由来の「ミョウバン」を使った手作り制汗剤や、重曹とアロマオイルなどでつくるお手製の「アロマ」を使ってみるのもひとつの方法ですね。

 

市販の制汗剤でも、天然由来のものもありますので、意図的にそういうものを使うのもよいでしょう。

 

(3)こまめに運動して汗腺(かんせん)を鍛える

実は、しっかりと汗が流れない状態が続くと、老廃物がたまったままとなり新陳代謝が正常に行われていない状態になっています。

においや汗シミも気になりますが、しっかりと汗を流すことで、においやかゆい原因を軽減できる場合があります。

自然に汗を輩出できる環境を続けることも、脇毛のかゆい対策の第一歩かもしれませんね。

 

(4)何に反応しているのかを知る

制汗剤といっても、スプレータイプやロールオン・クリームタイプのものと様々です。

それぞれ使用している薬品が違いますので、何に反応してかゆい状態になるのかを知っておくと安心ですね。

収れん剤乳化剤防腐剤に反応している場合や、アルコールなどに反応している場合もあります。

 

いずれにしても、かゆい状態になったら一旦使用を中止して1週間くらい様子を見るようにしましょう。

 

(5)使い過ぎない

汗やにおいの気になる方で、制汗剤を何度も付け直す方がいますが、これも逆効果です。

高い頻度で制汗剤の使用を続けてしまうと、お肌が過剰反応してアレルギーを引き起こし、かゆい原因となる場合もあります。

 

また、殺菌剤などが配合されている場合、体に必要な菌までも殺傷してしまい、かえって不要な雑菌が繁殖するもととなる場合もあるので注意が必要です。

 

脇毛のかゆみの原因が、「アトピー性皮膚炎」の対処法

脇毛かゆみ

 

脇毛の処理に伴う乾燥などで、アトピー性皮膚炎の症状がある方はかゆい感覚が増してしまう場合があります。

かゆい場合は、まず「冷やす」「保湿する」ことがかゆい状態の緊急の対処法ですが、皮膚科に相談するのがやはり一番安全ですね。

かかりつけのお医者様がいるなら、すぐに相談するようにしてください。

 

また、アトピー性皮膚炎ではなく、真菌の一種が繁殖してかゆい状態になるもあります。

いずれも、必ず皮膚科医の診断を仰いでください。

 

 

【危険】脇毛のかゆみ、放っておくと黒ずみに変化する!

脇の処理

 

脇毛のかゆい状態、腫れや赤みを放置しておくと、お肌が炎症を抑えようとしてメラニンの排出を始めます。

メラニン色素であるメラノサイトは、お肌を保護する役割をもつため、お肌のトラブルが長引けば長引くほどたくさん排出されていきます。

新陳代謝がしっかりとできていれば、メラニンは体外に排出されていきますが、肌トラブルを抱えたままで代謝が滞っているとしっかりと色素として沈着してしまうのです。

 

これが、脇が黒ずんでくるおもな原因といっていいでしょう。

 

不安な方は、まずは皮膚科に相談してみましょう。

 

脇毛のかゆみ、「ミュゼ」で脱毛すれば治るかも?

ミュゼ

 

脇毛のかゆみや色素沈着を防ぎながら、脇毛を綺麗に処理する方法のひとつは、脱毛サロンで処理することです。

お勧めのサロンは「ミュゼプラチナム」。

ミュゼの脇脱毛には、美しく脱毛しながらお肌ケアもしっかりしていくノウハウが確立されています。

口コミなどでも、適切な脇毛の処理によりかゆみが収まった黒ずみが改善したなどの声が多く寄せられています。

 

なぜ、ミュゼの脇脱毛が優れているのか、かゆみが改善されていくのかは次項でご説明しましょう。

 

 

ミュゼでの脱毛が、脇毛のかゆみに有効な3つの理由ミュゼ

では、なぜミュゼの脱毛安全に脇毛を処理できるのでしょうか。

 

(1)肌を痛めないように施術してくれるから

まずはミュゼの採用している脱毛方法が、「S.S.C.方式」の脱毛です。

「S.S.C.方式」とは、お肌に特殊なジェルを塗り、黒い色に反応する光を当てていく脱毛方法です。

この光が毛根にダメージを与え、2週間ほどで脇毛が何もしなくてもお肌から抜けていきます。

 

完了までには、数回毛周期に合わせてこれを繰り返し、自然に脇毛が生えてこないようにしていきます。

しっかりとお肌の状態を見ながら施術されますので、お肌のトラブルは起きにくく、むしろ以前より毛穴も目立たないすべすべの仕上がり。

無理に脇毛を抜くわけではないので、お肌を健やかに保ちながら処理できてしまうのです。

 

(2)度重なるカミソリでの刺激からサヨナラできる

上記の「S.S.C.方式」脱毛で仕上げたお肌は、毛根から脇毛が処理されますので、再生してくるまで2~3か月かかります。

脇毛が再生してくるまでの間は、処理した部位を休めることができ、お肌の再生が促進されます。

たびたび使用してお肌に傷をつけていたカミソリからも、解放されることでしょう。

 

(3)美肌・保湿ジェルで仕上げてくれるから

ミュゼでお肌に光を当てた後は、ジェルをしっかりとふき取り、独自の保湿美容液で仕上げてもらえます。

ミュゼで使用している特殊なジェルは「ビーンジェル」といい、光を当てることでカプセル状に閉じ込められた抑毛成分がはじけ出し、毛穴を通してお肌に浸透していく仕組み。

毛穴にダメージを与える特殊な光線とともに、相乗効果で脇毛を生えにくくしていきます。

 

また、仕上げに塗布する「ミルクローション」は、ダイス油やプラセンタエキス・ヒアルロン酸などで構成されており、保湿に力を入れた成分であることが分かりますね。

適度な油分と水分をお肌に補うことで、お肌へのダメージを最小限にしていると言えます。

 

 

 

正しい対処で、脇毛のかゆみとサヨナラしよう!

脇毛 悩まない

 

脇毛周辺がなぜかゆいのか、理由は脱毛の際の肌トラブルも多いということが分かりましたね。

処理の難しい脇毛の脱毛、お安く安全に処理できるミュゼにお任せして、お肌をいたわりながら脱毛してはいかがでしょうか。

ミュゼで脇毛の脱毛をすれば、もう脇毛のかゆみや不快感からサヨナラできますね!

 

気になる方は、さっそくWebからミュゼの無料のカウンセリングを受けてみましょう。

本格的なツルスベお肌で、脇毛の不快から解放されますよ!