目次

  1. 1 脇毛の処理、まだ毛抜きでしてるの?
  2. 2 毛抜きユーザーの割合はこんなにいるけど…
  3. 3 実は毛抜きでの脇脱毛はこんなに危険!
  4. 4 もし傷ついてしまったらどうしたら治るの?!
  5. 5 脇脱毛するならサロンがおすすめ!!
  6. 6 ※要注意!サロン通い中の自己処理も毛抜きはNG!
  7. 7 もう毛抜きはさよなら!本当に自信の持てる脇へ♡

あなたは脇の毛を、毛抜きで処理したりはしていませんか?

毛抜きでの脇脱毛はお手軽だし、お金もかからないし、これで十分!と思っている方も多いようです。

でも実はあなたが思っている以上に、毛抜きでの脇脱毛は危険な行為なんです。

なぜ危険なのかを詳しくご紹介したいと思います。

それならサロンで脇脱毛したい!という方には、店舗数業界No.1のミュゼプラチナムをオススメしますので、公式サイトで近くの店舗を探してみて下さいね。

毛抜きで脇脱毛をしている人は、かなり多いみたいですね。

脱毛サロンはお金がかかりそうだし、勇気がいる…。

その点、毛抜きでの脇脱毛は楽だし、お金もかからないので気軽にできます。

でも、毛抜きで抜くとお肌に良くないのでは?と疑問や不安を持っている方もいるでしょう。

本当に毛抜きで脇脱毛をしても大丈夫なんでしょうか?

“毛抜き脇脱毛派”の方には大変残念なお知らせですが、毛抜きで脇脱毛することは、お肌にかなりのダメージを与えるようです。

どんな危険な症状が出てくるのでしょうか?

細菌が入る!

毛抜きで脇脱毛をすると、毛穴が大きく開いたままになり肌も傷ついてしまいます。

そこから細菌が入り込んで炎症が起きやすくなるのです。

細菌を入りにくくする為にはアルコール消毒をしてから抜く方がいいのですが、それでも上手く抜けずに炎症反応が出ることも。

 埋没毛ができる!

毛抜きで引っこ抜いたり、カミソリで剃ると皮膚に傷がつき、毛穴が塞がってしまう状態になります。

それが「埋没毛」です。

皮膚の下に毛が埋まってポツポツと鳥肌の状態のように見えます。

脱毛のトラブルの中で一番誰もがなりやすく、やっかいなのがこの埋没毛なんです。

なかなか消えない為、処理してから「毛抜きで脇脱毛をしなきゃよかった…」と後悔することが多いのがコレです。

 色素沈着してしまう!

綺麗に脇脱毛できても、アザのように黒く汚れたようになっている部分はないですか?

これは毛抜きやカミソリなどで肌を傷つけてしまった事で起きる色素沈着なんです。

長い期間、毛抜きで脇脱毛していると肌にダメージを与えて、メラニン色素を多く出してしまう状態になります。

一度、色素沈着してしまったお肌を綺麗にするのは大変です。

まずは、傷ついたお肌を回復させなければなりません。

毛抜きやカミソリでの脇脱毛はストップして下さい。

自分での脇脱毛をやめることが必須条件です。

軽い色素沈着や炎症は、お肌のターンオーバーを高めるために清潔を保ち、保湿やビタミンCのスキンケアでケアしましょう。

炎症がひどい場合は皮膚科を受診してください。

問題は埋没毛とスキンケアしても治らない色素沈着です。

埋没毛の場合、埋まった毛を引っ張ろうと、毛抜きで無理やり抜こうとする人がいますが、これは絶対にしてはいけません。

さらにお肌が傷つき、炎症を起こす可能性があるからです。

埋没毛と色素沈着完全にを無くすには脱毛サロンのレーザー脱毛がオススメです。

自分で脇脱毛をやめた方がいいとはわかっても、一週間もすれば新しい毛が生えてくるし、どうしたらいいの!?と悩まれる方におススメするのが脱毛サロンでの脇脱毛です。

脱毛サロンの脇脱毛は、お肌を傷付けることなく脇脱毛できます。

約1~3か月間に1度のお手入れを繰り返し、合計5~6回通うだけで毛が細くなって目立たなくなります。

自己処理のように何回も、自分で抜く手間も省けるし、お肌も傷付けないので安心ですね。

サロンに通っている最中、施術してない箇所の毛が生えてきて、我慢できずに毛抜きで抜いてしまう人がいますが、これは絶対にNGです。

美容脱毛が完了するまで、毛抜きでの自己処理はしないようにミュゼの注意事項としてあります。

なぜ、ミュゼでも毛抜き脱毛は禁止にしているかというと、毛抜きでの脱毛は一番お肌を傷つけてしまうという理由からだそうです。

本当に毛抜きでの脱毛は、危険だという事があらためてわかりますね。

毛抜き脱毛から卒業して、安心安全なプロの施術が受けれる脱毛サロン、“ミュゼプラチナム”で、トラブルのない綺麗なお肌を手に入れましょう。

綺麗な脇に自信がついたら、水着やおしゃれを楽しめますね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。