脇に埋没毛が?!原因と対策を【徹底調査】正しい脇毛の処理方法

 

え?!脇に埋没毛を発見!

脇 きになる

 

脇のムダ毛処理というと、毛抜きやカミソリで処理をしていると言う人が多いですよね。

しかし、せっかく脇のムダ毛を処理したのに、埋没毛になって黒いプツプツができてしまった…なんてトラブルも少なくありません。

今回は、脇の埋没毛の予防や対処法などをまとめていきます。

 

埋没毛についておさらい

チェック

 

埋没毛は、埋もれ毛や埋まり毛とも呼ばれています。

その名前の通り、皮膚の中に埋まってしまって、そのまま皮膚の中で成長してしまう毛のことを言います。

埋没毛は本来であれば、皮膚の外に出てくるムダ毛が、ムダ毛の処理などで毛穴が傷ついていたり古い角質で塞がっていたりして外に伸びてくることが出来ず、ムダ毛が皮膚に埋もれた状態で成長してしまうのです。

ムダ毛の中でも脇など、太い毛が生えている場所や頻繁にムダ毛の処理をする部位は、埋没毛になりやすいです。

埋没毛になると、埋もれた毛の部分が黒く目立ちます。

 

 

埋没毛の原因は?

埋没毛になってしまうのは、多くは脇などのムダ毛の自己処理が原因です。

ムダ毛の自己処理の何が良くないのか、詳しく説明していきます。

 

(1)カミソリでの自己処理

脇 カミソリ

 

脇のムダ毛処理と言えば、カミソリを使っている人、多いですよね。

しかし、カミソリで脇のムダ毛を剃ると、肌も一緒そぎ落としていることになります。

そのため、目には見えませんがカミソリでムダ毛処理した脇の肌は細かい傷が、たくさんついています。

肌が傷つくと、体がその場所を修復しようとします。

深剃りなどで毛穴が傷ついてしまった場合、そこにカサブタが出来ることになります。

ムダ毛が生えてくる前に毛穴が、カサブタで塞がってしまうと毛が表に出てこれずに埋没毛になってしまうのです。

 

(2)毛抜きでの自己処理

毛抜きでの脇のムダ毛処理も、埋没毛の原因になります。

ムダ毛を毛抜きで抜くことは、ムダ毛を無理やり引っこ抜く行為です。

皮膚が引っ張られることで肌に強く負担がかかり、肌へのダメージも大きくなります。

そのため、肌や毛穴にダメージを与え傷になってしまい、そこが再生するためにカサブタを作り埋没毛になってしまう事があるのです。

これは引っ張って抜くタイプの家庭用の脱毛器でも同じなので、注意が必要です。

 

(3)脱毛・除毛クリームでの自己処理

クリームを塗る

 

脱毛・除毛クリームでの脇のムダ毛処理も、埋没毛の原因になります。

脱毛・除毛クリームは、ムダ毛を溶かすための成分の薬剤が入っています。

その薬剤の成分は、ムダ毛だけじゃなく肌も溶かします。

また、薬剤を使用することは、肌への刺激は避けられません。

その刺激を受けた肌を後から伸びてくるムダ毛が更に刺激をしてしまい、炎症を起こしたりすることがあります。

そのためムダ毛が皮膚の表面に出てくることが出来ずに、埋没毛になってしまいます。

 

埋没毛になってしまった時の対処法は?

脇脱毛

 

脇に埋没毛が出来しまった場合、無理にほじくりだすのは避けましょう。

無理にほじくって抜いたりすると皮膚が炎症を起こしてしまい、また埋没毛になってしまったり化膿したりしてしまう恐れがあります。

脇に埋没毛が出来てしまったら、とりあえずはそのままにしておくのが1番良い対処法です。

毛はいずれ生え変わるので、時期が来れば自然に抜けます。

埋没毛なので毛は皮膚に埋もれていますので抜けても、そこに留まっていますが皮膚の角質はどんどん生まれ変わっていくので、抜けた埋没毛が表面に押し上げられてきます。

そのため、お風呂などで体を洗っていたら、無くなっていたなんてこともあります。

スクラブを使ったり、古い角質を取り除くケアをするのも良いでしょう。

また、自己処理を繰り返した肌は、乾燥しやすく硬くなってしまうと、古い角質が剥がれず埋没毛が出てこれないので、しっかり保湿をして肌を柔らかくしておくことも大切です。

 

埋没毛にならないための対策

そもそも埋没毛にならないためには、どうしたら良いのでしょうか。

埋没毛を予防する方法を見ていきましょう。

 

(1)無理矢理毛を抜かない

脇のムダ毛を引っ張って抜くことは毛根へのダメージが、かなり大きいです。

なので毛抜きや、引っこ抜くタイプの脱毛器などで無理やり脇のムダ毛を抜かないようにしましょう。

どうしても毛抜きを使うときは、肌も毛抜きも消毒したりして清潔にして、一気に引っ張るのではなく、ゆっくりと力を加えて慎重に抜いていきましょう。

 

(2)電気シェーバーを使う

自分で脇のムダ毛処理をするのにおすすめなのは、電気シェーバーです。

これは、抜くタイプの物じゃなく剃っていくタイプの電気シェーバーを使うようにしましょう。

電気シェーバーなら、刃が肌に直接当たらないようになっているものが多く、表面に出ているムダ毛だけを処理していくので、肌への刺激が少なく済みます。

ただ、ムダ毛が生えてくるのも早いので、頻繁に脇のムダ毛処理をしなくてはならないのが、少し面倒ではあります。

 

(3)エステで脱毛する

お肌のケアもしてくれる

 

脇のムダ毛を自己処理をすると肌への負担がかかりますし、すぐ生えてくるので回数も頻回になります。

埋没毛を予防するための方法として、脱毛サロンでの脱毛をするという方法があります。

脱毛サロンで使われるフラッシュ脱毛は、肌への刺激も少なくアフターケアもしっかりしてくれるので、安心して処理してもらうことが出来ます。

脱毛サロンで脱毛することで、脇のムダ毛処理の頻度も減ってきますので、それだけ肌への負担も減ります。

 

正しい脇毛処理の方法は?【シェーバーorカミソリ編】

埋没毛にならないために、脇のムダ毛をシェーバーやカミソリで自己処理する場合の、正しい方法も紹介していきます。

 

(1)脇を蒸しタオルなどで温める

脇のムダ毛を処理する前に、蒸しタオルなどで処理する部分を温めましょう。

濡らしたタオルをレンジで30秒ほど温め、脇に20~30秒ほど当てます。

肌とムダ毛を温めることで、毛穴が開いてムダ毛がやわらかくなります

そうすると、脇のムダ毛が処理しやすくなります。

蒸しタオルを当てるときは、火傷しないように気を付けて下さいね。

 

 

(2)毛の流れに沿って剃る

脇脱毛

 

脇をカミソリなどで剃るときに毛の流れに逆らって、刃を動かすと肌への負担が大きくなります。

ムダ毛をする時は、毛の流れに沿って優しく剃っていきましょう。

キレイに剃りたいからと、深剃りや同じ場所を何回も剃ったりするのはNGです。

優しく剃っても剃れない場合は、カミソリの刃が古くなっていますので新しいものに替えましょう。

 

(3)保湿する

ムダ毛を処理した後の肌は、水分も削られて乾燥しやすくなっています。

乾燥すると、皮膚が固くなって埋没毛になりやすいです。

脇のムダ毛を剃った後は、水分の多いローションや乳液などを使って、しっかりと保湿をして肌を柔らかくしておきましょう。

使うローションなどは、刺激性の物は避けて肌に優しいものを使って下さいね。

 

でも一番の対策はエステで脱毛すること

スタッフ

 

脇の埋没毛の予防や対策を、いくつかまとめてきました。

しかし、埋没毛を予防する1番の方法は脱毛サロンでの脱毛です。

脇のムダ毛は自己処理をしても、すぐに生えてきてしまいます。

そうなると何回も脇のムダ毛を処理することになり、それだけ肌への負担もかかります。

脱毛サロンで脱毛をすれば、自己処理の頻度も減ります

自己処理の頻度が減れば、埋没毛の原因の肌への負担も少なく済むんです。

それに、プロの手での脱毛なので、自分でやるより綺麗に仕上げてくれます。

脱毛後のケアもしっかりしているので安心ですよ。

また、埋没毛についてもプロの知識で良いアドバイスもしてくれます。

 

脇脱毛でおすすめのサロン

初めて脱毛サロンに行くと言う人は、不安もありますよね。

そこで、脇の脱毛にオススメの脱毛サロンを紹介していきます。

 

(1)ミュゼプラチナム

musee

 

ミュゼ女性専門の美容脱毛サロンです。

全国に店舗がある大手で、脱毛を行うのも高い技術を持ったスタッフなので安心して、お任せすることが出来ます。

ミュゼの脱毛方法は、ジェルを塗った上から光を当てる方法なので痛みも少なく、肌に優しく脱毛ができます。

施術後は、うるおい美肌成分がたっぷり入ったローションでケアをしてくれます。

サロン脱毛に興味を持った方は、ミュゼはカウンセリングも無料ですし、無理な勧誘などもないのでサロンに行くことに不安を感じている人も、安心してカウンセリングを受けてみて下さい。

 

 

(2)リンクス(メンズ)

linx

 

脇脱毛は、最近は男性にも人気のようです。

そんな男性におすすめなのは、メンズ脱毛専門サロンリンクスです。

男性専門なので、お客さんはもちろんスタッフも男性なので、恥ずかしがりやな男性でも気軽に通うことが出来ます。

男性専用に作られた脱毛器で、個人の毛質や肌質に合わせたパーソナルな脱毛ができるのが魅力です。

講習や研修をしっかり受けた、プロの技能士の施術ですから、更に安心して脱毛をしてもらうことが出来ますよ。

リンクスもカウンセリングは無料なので、脱毛してみたいと思ったら、カウンセリングだけでも受けてみると良いですね。

 

 

 

埋没毛を放置するとどうなるの?

HP チェック

 

埋没毛は特にトラブルがなければ、放っておいても自然になくなります。

しかし、まれに肌の中で育ったムダ毛が内部を傷つけて、そこに細菌が入ってしまったりして炎症を起こしてしまう事があります。

この炎症を毛嚢炎と言いますが、悪化すると痛みが出てきますので注意が必要です。

そうならないためにも、埋没毛になった時は早めに対処をしていきましょう。

もし、肌に何かトラブルが起きたときは、早めに皮膚科を受診して処置をしてもらって下さいね。

 

埋没毛についての動画もしっかりチェック!

 

 

埋没毛を、ほじくりだして抜いていく動画です。

埋没毛の周りが赤くなって炎症を起こしています。

埋没毛は無理やり抜いてしまうと、余計に悪化したり抜ききれずに毛が切れてしまったりするので、自分で処理する場合は慎重に行いましょう

 

サロンで埋没毛のないツルツル肌に♡

脇

 
脇の埋没毛の原因と対策を徹底調査しました。いかがでしたか?

自己処理は慎重にやらないと、埋没毛になったりの肌トラブルになってしまいます。

脇のムダ毛処理は正しい方法でやりましょう。

もし、自分でするのが難しいと思ったら、思い切って脱毛サロンでの脱毛をしてみるのも良いですね。

サロンで、埋没毛知らずの綺麗な脇を目指しましょう!