目次

  1. 1 アンダーヘア(陰毛)が濃い…どんな処理方法がいい?
  2. 2 みんなのアンダーヘア(陰毛)の処理方法は?
  3. 3 【注意】自己処理はデメリットもある
  4. 4 アンダーヘアの処理はパートナーも気になる?
  5. 5 【必見】あなたにおすすめ処理方法は?
  6. 6 しっかり処理したい人は【ミュゼ】へ
  7. 7 ミュゼがおすすめである3つの理由
  8. 8 アンダーヘアを処理して、もっと開放的な自分に♪

アンダーヘアーが濃い…。そんな悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

「どう処理すればいい?」なんて相談はいかに仲の良い友人であってもなかなかできない方も多いかと思います。

サロンでVIO脱毛するにしても、たくさんあるから迷うし、人に見せるのも抵抗が…。自分でも処理の仕方がわからないし、どうすれば良いか悩んでしまいますよね。

今回はそんな悩みを持っている方のためにアンダーヘアーの処理について紹介していきたいと思います。

ちなみに、アンダーヘアが濃くて悩んでいるけど今すぐVIO脱毛をしたいという方は、芸能人やモデルが通うことで注目を集めているミュゼがオススメなので、公式サイトを見てみて下さいね。

はじめにアンダーヘアーの処理にはどんなやり方があるのでしょうか?

下記に簡単にではありますがまとめてみました。

除毛・脱毛クリーム

除毛・脱毛クリームを塗布することによる方法です。

塗布するだけなので手軽に行える方法でもあり、カミソリなどで肌を傷つけないというメリットがあります。

しかし、アンダーヘアー表面の毛を溶かすことで除毛するため、また毛が生えてきてしまうというデメリットもあります。

カミソリ・シェーバー

カミソリなどで剃る方法です。

メリットとして、アンダーヘアーの濃い部分も含めて手軽に広範囲を除毛できることが挙げられます。

しかし、クリーム同様すぐに毛が生えてくるという点と、刃物を用いるため、肌を傷つける恐れがあります。

ワックス・毛抜き

毛抜きを用いて1本1本抜いて行く方法です。

この方法は、アンダーヘアーの毛根から毛を処理するため、次に毛が生えてくるまでのスパンは長めというメリットがあります。

その反面、1本ずつ抜く処理のため時間がかかるという点と皮膚へのダメージが大きいというデメリットがあります。

サロンやクリニック

脱毛サロン脱毛クリニックに通って脱毛する方法です。

濃いアンダーヘアーの方でもプロの手による脱毛が臨めます。

脱毛方法によっては痛みが強く、また、他の方法に比べてコストも高めです。

以下にそれぞれの脱毛方法で、処理をしている人たちの口コミをまとめました。

カミソリやシェーバーで処理

「Oラインはカミソリで処理しています。大変ですが、女性の身だしなみなので……」

「カミソリで傷つけてしまったところから菌が入って化膿してしまうことがあります」

やはりその手軽さからカミソリを利用している方がとても多いです。

しかしながら、口コミにある通り、傷をつけて化膿する恐れもあることから取扱いにはくれぐれも注意したいですね。

毛抜きでの処理

「陰毛を毛抜で抜くのが本当に痛い」

「毛抜で処理するとビキニラインが赤くなってしまって、痛みもある」

と、やはり痛みが強いという声が目立ちますね。

カミソリよりは脱毛効果がありますが、痛みや肌へのダメージを考えると難しいところです。

ブラジリアンワックスでの処理

「友達から痛いと言われていたが、思ったより痛くなかった」

「デリケートゾーンなので、ブラジリアンワックスもプロにやってもらうのが一番だと感じる」

痛みがないという声もあり痛みには個人差がある結果に驚きです

アンダーヘアーはデリケードゾーンだからプロに任せて安心というのは納得の意見ですね。

ヒートカッターでの処理

「ヒートカッターだと処理が楽」

「短くしたいところ、少なくしたいところなど自由にデザインできるのがいい」

という声が多数。

使いやすいという声が圧倒的に多いです。

カミソリほど手軽に使えて使った後にチクチクしないのはうれしいですね。

楽に手軽に行える自己処理ですが、デリケードゾーンでもあるアンダーヘアーの処理となるとデメリットもあります。

それが“濃い”となると尚更デメリットを感じてしまうこともあります。

以下に簡単にデメリットをまとめてみました。

アンダーヘアが濃いと時間がかかる

アンダーヘアーは毛の中でも毛質が太い部類に入るので処理するとなるとなかなか骨の折れる作業です。

それが濃いアンダーヘアーとなると尚更手間がかかりそれに伴い処理にかかる時間も増えていきます。

濃いと、少しの剃り残しでも目立ってしまうので、念入りに行い、時間がかかってしまうというパターンです。

頻繁にやるので肌が炎症を起こしてしまう

永久脱毛でもない限り、処理をしてもすぐに生えてきて濃い状態になってしまいます。

そのため濃い状態にしないためにこまめな除毛が必要となり除毛の作業を頻繁に行うこととなります。

肌を傷める原因となってしまいますね。

常に人目にさらされる職業の方は、頻繁な自己処理で、カミソリ負けなどのトラブルを起こしていませんか?

自己処理は難易度が高い

アンダーヘアーの処理は目が届かない部分も多く、濃い薄い関係なくその処理難度は高めです。

そのため、慣れていない方の処理だと失敗する可能性が低くはなく、肌を傷つけたり処理前より見栄えが悪くなる可能性があります。

アンダーヘアーのある部分を見せる機会は多くはありませんが、だからと言っておろそかにしてしまうのはとても危険です。

特に女性の方に関しては、パートナーと海やプールに行った時。

水着を着たのはいいけれど、アンダーヘアーの処理がおろそかになってしまったためにパートナーを幻滅させてしまった…。

なんて恥ずかしい思いはしたくないですよね。

肌の露出が増える時期ほど特に、デリケートゾーンのケアはとても大切であることがわかります。

\ミュゼでいまから準備をはじめる/

ここまで読んでくださった人の中にも、様々な処理の仕方をしている方がいらっしゃると思います。

しかし、アンダーヘアーが濃い、処理の仕方がわからなかったりと悩みを抱えている点に関しては共通ではないでしょうか?

ここではみなさんの目的に合った脱毛のやり方をまとめてみました。

長さをカットするくらいでいい人➔シェーバーやヒートカッターなど

しっかりとした脱毛は考えていない、短くするくらいでいいという方はシェーバーやヒートカッターを使って除毛するのがオススメです。

理由としてはあまりお金がかからないという点と何よりも自宅でも気軽に行えるというところです。

同じような除毛方法にはさみを使うというものもありますが、肌がチクチクするデメリットがあるためおすすめはできません。

しっかりと脱毛をしたいけれど時間をかけたくない人→ブラジリアンワックス

きれいさっぱりと速攻で脱毛をしたいという方にはブラジリアンワックスをオススメします。

理由としてサロンでの脱毛は全部の脱毛が終了するまでに何回か通わなければいけませんが、ブラジリアンワックスに関しては早くて1時間ほどで脱毛が終了します。特に、急な処理が必要な場合は便利ですね。

しっかり薄く、もしくは失くしたい人➔サロンやクリニック

もう濃いアンダーヘアーはいやだ!しっかりと脱毛したいという方は脱毛サロンやクリニックへ通いましょう。

毛抜きを使って自分で脱毛するのと違い、プロの施術師のもと、しっかりとした脱毛はもちろんのこと、肌のアフターケアなどもできるところが魅力です。

もしもあなたが濃いアンダーヘアーに悩んでいるなら、ミュゼをオススメします。

ミュゼは現役のモデルさんやタレントさんも来店するほどの人気のサロンでその信頼性も窺えますね。

以下にミュゼのオススメポイントをまとめてみたので是非ご覧ください。

ミュゼをオススメできる理由として以下の3つが挙げられます。

3つのうちどれも利用者の事を第一に考えていることがよく伝わり、そんな姿勢が今日までのミュゼの人気を支えているのです。

(1)痛みの少ない脱毛方法を採用している

ミュゼの美容脱毛は「S.S.C方式」を採用しています。

お肌のことを考え抜いた、痛みの少ない脱毛法なので、デリケートゾーンの脱毛に特におすすめです。

(2)肌に優しい

ミュゼでは一度に300本のムダ毛を処理することが可能です。一度に広範囲を処理できるため、短時間で施術を終えることができ、結果的に肌への負担が少ない脱毛法です。

(3)勧誘がない

利用者の悩みの種でもあるサロンの勧誘ですが、ミュゼでは一切の勧誘がないことをホームページで明言しています。

そのため、勧誘の心配をすることなく安心して利用することができます。

エステサロンの類は勧誘が心配…と言う方も多いと思いますが、ミュゼならきちんと親身になってくれますよ!

いかがでしたか?アンダーヘアの脱毛方法をご紹介いたしました。

アンダーヘアーの部分を見せる機会は少ないですが、きちんと処理をしておくことで、開放的な気持ちになれたり、大胆になれそうですよね!

アンダーヘアーの処理をきちんとして、もっと毎日を楽しく過ごしましょう♪

\ムダ毛の悩みもミュゼで解決♡/

ミュゼについてもっと知りたい方はこちらから♪


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。