目次

  1. 1  妊娠したら「ミュゼプラチナム」で脱毛はできないってホント?
  2. 2  脱毛そのものは母体にも赤ちゃんにも影響はありません
  3. 3  でも、ミュゼプラチナムでは妊婦への施術がNG…そのわけは?
  4. 4  もう一つ、脱毛サロンは医療機関ではない
  5. 5  脱毛中に妊娠がわかったら?
  6. 6 「ミュゼプラチナム」なら”妊娠期間だけ”お休みしても大丈夫!!
  7. 7 妊娠後、脱毛のお手入れを再開する目安は?
  8. 8 妊娠を機に退会したい!そんな場合の注意点
  9. 9 実際にミュゼ脱毛中に妊娠を経験した人の声
  10. 10 妊娠中の脱毛に関する動画もチェック!
  11. 11 ママになっても「ミュゼプラチナム」でキレイをキープ!

結論から言うと、ミュゼプラチナムでは脱毛することはできません

というよりも、ミュゼに限ったことではなく、

他の脱毛サロンでも妊娠している方や、授乳中の方への施術はNGなんですよね。

「せっかく脱毛してきれいになり始めたのに、なんで脱毛できないの?

「脱毛することで赤ちゃんに影響か出るの?

「脱毛を途中で辞めちゃうときの契約ってどうなっちゃうの?」と、いろんな疑問がわいてくるはず。

今回は、そんなあなたに、妊娠中に脱毛できない理由、出産後の脱毛再開はどうすればいいのかなど、ご紹介したいと思います!

妊婦が脱毛を受けてはいけない理由…。

「もしかして赤ちゃんに影響があるからなのかな?」

と思っている人が多いと思います。

でも、安心してください。

脱毛をしたからと言って、お母さんや赤ちゃんに影響があるわけではないんです。

本来、光の波長は短ければ短いほど高エネルギーになるため、人体への影響が強くなります。

しかし、脱毛で使われているレーザー光は、700~800nmで割と波長が長いので、

子宮や胎児に悪影響を与えるものではなく、体への影響が少ないと考えられています。

多くの量を受けると人体に影響を与える可能性がある放射線の中で、最も長い波長といわれるレントゲンでも、

レーザーの1万分の1よりも短い10nmという波長なんですよ。

脱毛で使うレーザーの光は、赤ちゃんへの影響が考えられる、放射線とはかけ離れた波長の長い光なんですね

赤ちゃんにも、母体にも悪影響がないのなら

どうしてミュゼでは施術がNGなのでしょうか?

その理由をご説明します。

 妊娠中はホルモンバランスが乱れるため、肌荒れを起こしやすい

女性の体は、プロゲステインとエストロゲンという2つの女性ホルモンが入れ替わることでバランスをとっています。

しかし、妊娠をすると赤ちゃんが成長しやすいような、

子宮内環境を整える役割を持つ、黄体ホルモンのプロゲステインが増えてくるんですね。

赤ちゃんにとっては大切な役割を持つこのプロゲステインは、

皮脂の分泌を増やしたり肌のバリア機能を低下させてしまうデメリットもあるんです。

そのため肌が敏感になり、

脱毛をすることでいつも以上に肌荒れを起こしやすくなってしまうのです。

 同じ理由で毛周期も乱れがちになるので、充分な効果が得られないことがある

そしてこのホルモンバランスというのは、毛周期にも関係してきちゃうんです。

脱毛を経験したことがある人には聞きなれている「毛周期」。

これは、1本の毛が生まれて、成長し、抜けるまでのサイクルのことですよね。

実は体の場所によってこの毛周期には違いがあるんですが、

その違いを作り出しているのもホルモンなんです。

ホルモンバランスの崩れから毛周期が変わってしまうと、

脱毛をしても十分な効果が出ない場合があるんです。

脱毛したのに、またムダ毛が生えてきたということもあるようですよ。

 妊娠中は痛みに敏感になる人が多い

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、

肌のバリア機能が低下中ということを説明しました。

つまり少しの刺激にも過剰反応してしまうという事なんです。

いつもならバチッとちょっと痛いぐらいなのに、

妊娠中はその何倍もの痛みを感じることになるわけです。

レーザー自体に赤ちゃんへの影響はなくても、

この痛みや刺激のストレスは、体によくありませんね。

また、瞬間的な強い痛みに陣痛を誘発してしまう可能性もあります。

妊娠中は脱毛してはいけません

ミュゼプラチナムが、妊娠をしている方への脱毛を断っている最大の理由がこちらですね。

ミュゼプラチナムは民間企業の脱毛サロンなので、医療機関ではありません。

もし脱毛中に体調が悪くなったり、脱毛中に陣痛が来たり、施術中に母体に異変が起きてしまっても、すぐに対処できないわけです

万が一、流産などになってしまっても、なんの責任もとれないのが現状なのです。

レーザーの影響など数値的には安全であったとしても、脱毛サロンで臨床実験をすることができませんので、100%の安全であるという保証もできないわけですね。

だからこそ、何よりまずは赤ちゃんのことを考えて、無事に生まれるように専念してほしいということなんです。

ミュゼプラチナムでは、妊娠が分かった方にも、安心して利用できるようなサービスをちゃんと用意していますよ!

脱毛は範囲が多くなればなるほど、時間がかかります。

全身であれば1年がかりというのは当たり前。

長いときには2年かかることもありますよね。

そうなると脱毛中に、妊娠が分かったということもあると思います。

そんな時には、無断でキャンセルしたり、

退会を考える前に、まずミュゼプラチナムに連絡しましょう

ミュゼプラチナムは、

妊娠が分かった時点から施術をいったんお休みすることになりますが、

出産後には再び再開することも出来ちゃいます。

せっかく、脱毛を始めてきれいになろうと行動を起こしたのですから、

最後までやり遂げたいですよね!

妊娠から出産までは約1年ほどかかりますよね。

その間に、コースの期間がおわってしまうから脱毛を受けることができない!!

・・・なんてことがないように、ミュゼプラチナムでは休会することができるんです。

回数無制限コースの場合には、何年間隔があいても脱毛再開ができますよ。

全身脱毛やフリーセレクト美容脱毛の場合では、

最初の施術から5年間が休会の期限になるのでちょっと注意が必要ですよ。

休会の申し込みは簡単。

コールセンターに電話をかけて、妊娠のための休会申請を伝えるだけで大丈夫です!

では、再開の目安はいつ頃なんでしょうか。

出産後すぐ?それとも、授乳中なら大丈夫なの?

答えは、ミュゼの場合授乳終了後、生理が2回以上順調にある場合なんです

実は、出産後もすぐにホルモンバランスが元に戻るわけではないんです。

出産後、妊娠中に多く分泌されていたプロゲステロンは、乳腺を発達させて母乳を作る準備を開始します。

そして、プロラクチンという母乳を作るホルモンが活発に活動し始めます。

このプロラクチンは赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激で、分泌すると同時に、排卵抑制作用があるので生理が遅くなることがあるんです。

授乳期間が終わるのは1歳~1歳半くらいまでですね。

ホルモンバランスがきちんと取れる目安の時期までは、脱毛を再開しないほうがいいですね。

妊娠から出産、そして授乳終了後まで長い場合には3年以上間隔があく場合もありますよね。

そんなに長い休会なら、これを機に退会しようという人もいると思います。

ミュゼプラチナムでは脱毛の途中で解約したとき、残りの料金を100%返金してもらえます。

解約手数料がいらないというのもありがたいですよね。

解約手続きをするためには、利用している店舗に行く必要があるので、

注意してくださいね。

返金されたお金は、2週間後ぐらいに指定した口座にきちんと振り込まれます。

ミュゼプラチナムは、しっかりと返金の説明をしてくれます!

では、ミュゼで脱毛をしているときに、妊娠が発覚した方の声をご紹介したいと思います!

「電話で妊娠を伝え、再開時にも連絡を入れたら、問題なく予約が取れました。」

「授乳が終わるまでは脱毛を再開することができないのですが、再開したらまたどうなるか楽しみです。」等の口コミがありました。

赤ちゃんを授かるということはとても嬉しいこと。

脱毛サロンでもコールセンターでも、「おめでとうございます」の言葉があるのは、やはり気持ちのいいものですね。

休止期間を見てみると、1年半~2年くらいの方が多いようですね。

その間にどうしても気になるムダ毛に関しては、自己処理という方法しかないようです。

休止している間に、以前の脱毛効果がなくなるというわけではないので、体をいたわってゆっくりと休み、万全の状態になってから再開しましょう!

妊娠中に脱毛ができない理由をわかりやすくまとめた動画です。

出産してしまうと子供中心の生活になり、自分の時間が無くなるので、脱毛は先にやっておきたかったという人もいるようですね。

脱毛サロンの中には、妊娠中の休会ができないところもあるようなので注意が必要です。

ミュゼプラチナムでは、ママになる方を応援しています。

子供ができて育児に追われてしまうと、なかなかお肌の手入れは難しいもの。

今のうちに、妊娠しても自分のペースで再開できる、ミュゼプラチナムで脱毛しちゃいましょう♪


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。