目次

  1. 1 お腹やへその毛が気になる!どうやって処理すればいい?
  2. 2 腹毛・へそ毛の自宅での自己処理方法
  3. 3 でもお腹周りの自己処理はデメリットも多い
  4. 4 腹・へそ毛を自己脱毛する時の注意点
  5. 5 自己処理を続けると硬毛化する危険性もある!
  6. 6 お腹とへそをツルツルにするなら脱毛サロンがおすすめ
  7. 7 お腹もへそも脱毛サロンできれいにしておこう!

普段見えないからこそ意外と気になる、お腹やおへそ周りのムダ毛。

産毛程度ならまだ良くても、けっこう濃い毛が生えていたりムダ毛が多かったりする方もいますよね。

本記事では、お腹やおへそのムダ毛を自宅で脱毛する方法をご紹介します。

自宅でお腹やおへその脱毛をする方法はいくつかあります。

ここでは、カミソリや毛抜きなど、6つの方法をご紹介します。

(1)カミソリ

カミソリでの脱毛は、自宅でカンタンにできる方法かもしれません。

カミソリ自体がドラッグストアで安価に販売されていますし、すでに持っている方もたくさんいるかと思います。

入浴のついでに気になるお腹やおへそのムダ毛を脱毛できるので便利ですよね。

ただし、処理のしすぎには注意してください。

カミソリでムダ毛を処理すると、一緒に皮膚や角質を削ってしまいます。

肌荒れやカミソリ負けを起こす原因になるので、丁寧に行いましょう。

(2)電動シェーバー

カミソリと異なり、電動シェーバーは刃が直接肌に触れないようになっています。

そのため深剃りはできませんが、十分キレイに剃ることができますよ。

カミソリ負けや肌荒れを起こす可能性が低いので、肌の弱い方には特におすすめです。

自宅での使用はもちろんですが、コンパクトなタイプであれば外出先にも持っていけます。

海外旅行などの長期的な旅行や、国内旅行にも持って行けば、処理のし忘れもなくなりますよ。

(3)毛抜き

自宅でお腹やおへそのムダ毛を毛抜きで処理すると、毛穴がボツボツしたり埋没毛やシミなどになる可能性が高いため、正しい処理方法を覚えましょう。

処理をする前に蒸しタオルなどで毛穴を開かせると、毛穴へのダメージも少なくなります。

また、毛を抜くときには毛の流れに沿ってゆっくり抜きましょう。

処理が終わったら化粧水で毛穴を引き締めたり、クリームや乳液でしっかり保湿するのも忘れずに行いましょう。

(4)除毛クリーム

除毛クリームは、ムダ毛を溶かして目立たなくさせるというものです。

お腹やおへそにクリームを厚めに塗り、しばらくしてからスポンジやヘラでクリームと溶けたムダ毛を除きます。

シャワーで洗い流せば、キレイなツルツル素肌になりますよ。

肌が弱い人向けに敏感肌にも使用できるタイプのものも販売されています。

ドラッグストアなどで1,000円ほどなので手軽に買えますが、ずっと使い続けると結果的にかなりの額になってしまう可能性もあります。

(5)家庭用脱毛器

家庭用の脱毛器での脱毛は、自宅で手軽にできる光脱毛です。

脱毛サロンと同じように光を当てて脱毛していくので、確実にお腹やおへそのムダ毛が減っていきます。

光の出力レベルを細かく調整できる脱毛器も販売されていますので、低いレベルから試していきましょう。

家庭用の脱毛器は高額な場合が多いのですが、一度購入すれば長く使用することもできます。

もちろん足や腕にも使えますし、家族間で共有しても良いですよね。

自宅でお腹やおへそのムダ毛を処理するのは手軽にできて良いですよね。

気になったときにサッと処理できちゃいます。

しかし、気になるたびに処理を繰り返しては肌へのダメージもとても大きいものに。

肌荒れや色素沈着などを起こしてしまうと、後々ケアが大変になりますし、取返しのつかないことになる可能性も。

自宅で脱毛する場合、取り掛かりやすい方法でやることがほとんどかと思います。

毛穴の目立ちや肌荒れなどに注意しましょう。

(1)カミソリだと処理後の毛穴が目立つ

カミソリは手軽で自宅での脱毛に便利なアイテムです。

その分、自宅での処理回数も増えてしまいます。

カミソリでお腹やおへその毛を処理すると一緒に皮膚や角質も剃ってしまうことになります。

繰り返したくさん自己処理をしてしまうと、肌は大きなダメージを受け、結果的に毛穴が広がってしまいます。

カミソリでお腹やおへそを自己処理する場合は、処理後に毛穴を引き締めるケアが重要です。

(2)肌荒れすることが多い

自宅でお腹やおへそのムダ毛を自己処理するときに気を付けたいのが、肌荒れです。

一度で脱毛できないと、週に何回も自宅での処理をしますよね。

すると、皮膚も一緒に剃ることになったり、お肌に大きな負担をかけてしまいます。

特に、お腹やおへそ周りは足や腕に比べて柔らかいため、肌荒れが多く起こってしまう箇所でもあります。

皮膚が動くと誤ってカミソリ負けなどの肌荒れを起こしてしまいますので注意してくださいね。

(3)埋没毛になることがある

埋没毛とは、肌や毛穴がダメージを受けてしまい毛穴からムダ毛が出てくることができなくなってしまう状態を言います。

カミソリで皮膚を削ってしまったり、毛抜きで毛穴にダメージを与えたりと、自宅での自己処理は埋没毛が起こりやすいのです。

太くて硬い毛が生えている部位に発生しやすいですが、お腹やおへそで起こる確率もゼロではありません。

自宅では正しい方法で自己処理し、埋没毛を回避できるようにしましょう。

せっかく自宅で自己処理したのにもかかわらず逆に毛が太くなってしまうことを硬毛化といいます。

これまでは目立たなかった産毛が濃く太い、しっかりした毛になってしまうのです。

残念ながら硬毛化の原因ははっきり解明されていません。

どうやら自己処理時の刺激が問題になっているらしいと言われています。

特に硬毛化が起こりやすいのは、うなじや背中、肩、二の腕などの産毛が多い部位です。

ただし、お腹やおへその周りの毛も、足や腕に比べれば比較的柔らかく細い毛が多いので注意が必要です。

自宅での自己処理をする際は硬毛化のリスクも知っておいた方が良いですね。

お腹やおへそを自宅で自己処理するとどうしてもデメリットが出てきてしまいます。

せっかくムダ毛の処理をするならばキレイにしたいですよね。

そんな場合は、やはり脱毛サロンでの脱毛がおすすめ!

自宅での処理よりもきれいに処理できますし、ツルツルですべすべな手触りを目指せますよ。

お腹やおへそだけのプランを組むことだってできます。

サロンによっては全身脱毛のプランになることもあります。

この機会に、全身脱毛して一層キレイを目指すのもいいですよね。

腹毛の自己処理方法について紹介しました。

自宅での自己処理方法はたくさんありますが、なかなか難しいこともありますよね。

キレイなお腹やおへそを目指すには、自宅よりも脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。

自分に合った脱毛サロンで、お腹もおへそもツルツルを目指しましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。