ムダ毛処理後の痒みの原因と対策方法まとめ【徹底解説】

ムダ毛処理すると出てくる赤いポツポツ…かゆ~い!!

ムダ毛処理のやり方は人それぞれあります。

ですが処理後に起こる「かゆい!」などの症状はみんな同じなのです。

ではなぜそんな症状が肌に出てくるのか?どうやったら出ないようになるのか?

 

今回はムダ毛処理後の痒みの原因と対策方法を調査してみました!

 

 

 

【まず注意】ムダ毛処理後に掻きむしるのは絶対ダメ

いつもムダ毛処理後に「かゆい!」と言ってが掻きむしってしまう人ほど、かゆみに対して「こんなもんだろう」という感覚しか持っておらず、何の対処もしていない人がほとんどです。

そしてかゆみが強い部分を掻き毟り、傷を作ってしまったりした記憶はありませんか?

実はこれはかなりNG行為です。

 

まず、ムダ毛処理後は表皮部分に目に見えない細かな傷が大量に出来ています

その傷こそが「かゆい・痛い」の原因です。

そして傷口を爪で引っかいてしまうと爪にある雑菌が傷に付着してしまい、さらなる肌トラブルを招いてしまうのです。

 

自分にあったプラン選びが重要

患部にかゆみなどの症状が出た場合には、まず冷やす事をおすすめします。

 

ムダ毛処理後の痒みの原因は、主にこの3つ。

ムダ毛処理後の「かゆい・炎症」の原因はわかりやすく、主に3つあると言われています。

(まれにそれ以外の場合もあります。)

 

(1)カミソリでの自己処理によるカミソリ負け

肌が乾燥しているのに、何もつけずに剃ったり、カミソリが古くて力が入ってしまうと、肌が傷ついてしまいます。

バリア機能が低下すると、細かい傷からの細菌感染やアレルゲンで、ひどい痒みに襲われるんです。

 

皮膚常在菌である表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌、マラセチア真菌などがそういった細かい傷にトラブルを起こすこともあります。

皮脂と水分がほどよく混じり合って、肌がシットリしている時は常在菌もおとなしいのですが、身体を洗い過ぎて乾燥するとバランスが崩れ、肌がアルカリ性に傾き、黄色ブドウ球菌が増えて炎症やかゆみを起こす原因にもなるのです。

 

カミソリ

カミソリで処理をすると目には見えない小さな傷がたくさんできます。

 

(2)毛抜きによって毛穴に炎症が起きている

毛抜きでムダ毛処理をした場合に考えられる痒みトラブルの一番多いものは「毛包炎」です

普段、毛は毛穴内部で毛包というもので包まれています。

毛包は皮膚と毛の間にあり、毛をしっかりと固定する役目を担っています。

 

しかし、毛抜きを行うことでこの毛包部分が傷ついてしまうのです。

ただ毛包が傷ついただけでは炎症は起こらず、そこに菌が付着することで毛包炎になります。

毛包炎も引き起こす菌は、さきほど紹介した常在菌として普段我々の肌に住んでいるものです。

 

スルッと抜ける

つい空き時間にやってしまう毛抜きですが…

 

(3)脱毛剤や除毛クリームが肌に合っていない

ムダ毛の処理を薬剤で行なった後にかゆい症状に悩まされたり、赤みなどが出る場合は脱毛剤や除毛クリームが肌にあっていない可能性があります。

 

脱毛剤や除毛クリームには毛を溶かす成分が含まれており、それが表皮部分も一緒に溶かしてしまう為に「かゆい」などの副作用が出てしまうのです。

 

最近では天然成分の物などが出るようになり、副作用は少なくなっている傾向です。

最近では天然成分の物などが出るようになり、副作用は少なくなっている傾向です。

 

それぞれの原因への対策方法を知ろう。

ムダ毛処理で起こった「かゆい・炎症」などの肌トラブルにどのように対処すればよいのか…。

一番大事な事はめんどくさがらず、きちんとした手順を踏むという事です。

そうする事によってトラブルの発生を抑える事が出来るのです。

 

子供 ムダ毛処理

ムダ毛処理を適当に行なうのは危険なのでやめましょう!

 

痒みの原因が「カミソリ負け」の場合の対策方法

まずはカミソリでムダ毛処理をした際に起きた、「カミソリ負けによるかゆい!」の対処の仕方を説明します。

 

(1)専用のシェービングジェルを塗ってから剃る

お風呂の最中に石鹸やボディソープなどを使ってカミソリのムダ毛処理をしている方の話を良く聞きますが、これはNGです。

特にボディソープは肌がふやける要素である「界面活性剤」が入っている事が多く、そのふやけた肌の状態でカミソリを使うと赤みを作る原因となります。

 

専用シェービングジェルの場合、泡などを使いカミソリの滑りを良くする事で肌ダメージを減少し、保湿成分によって肌を整えてくれるのです。

 

ムダ毛処理

シェービングジェルにも色々な種類があり、香りなど楽しむのもいいかもしれませんね。

 

(2)毛の流れに沿って丁寧に

カミソリでのムダ毛処理は、”毛の流れに沿って”と言うのが基本です。

もし剃り残しが気になるようであれば、毛の流れと逆方向にカミソリを入れる逆剃りは出来れば1度だけ、多くても2回までに抑えます。

 

「逆剃り」は肌へ深くカミソリの刃を入れるので、肌への負担が大きく「かゆい・炎症」などのトラブルはもちろん、酷い時には大きな怪我になる場合もあります。

 

(3)カミソリは使用後はきちんと洗浄、そしてこまめに交換しよう

肌には皮脂という皮脂腺から分泌される油脂状の物質が含まれています。

「皮脂汚れ」という言葉がよく使われているとおり、カミソリの刃部分も一度のムダ毛処理でかなりの汚れが付着してしまうのです。

またその汚れにより細かい錆が発生し、そこに菌が増殖してしまったりします。

 

カミソリは使用後はしっかり洗浄すること、そして細かい周期で交換する事を心がけましょう

 

(4)ムダ毛処理をする場所を考える

ムダ毛処理をする場所の多くは浴室だと思いますが、実はNGです。

 

浴室は湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい環境になっており、その雑菌がカミソリ負けで出来た細かい傷などに付着するとかゆみや炎症などをひき起こします。

出来る限り室内で処理を行なうようにしましょう

 

(5)処理後はしっかりと保湿する

ムダ毛処理をした後の処置もとても大切です。

保湿ローションやワセリンなどを処理した足に塗布し、肌の保湿を心がけます

ただし肌バリア機能を壊す合成界面活性剤を含んだクリームや乳液などを使えば、肌は乾燥し傷は治りにくく、悪化する可能性があるので、きちんと成分を確かめてから使用しましょう。

ムダ毛

カミソリでのムダ毛処理はどうやっても継続的な肌へのダメージを避けることは出来ません。

 

痒みの原因が「毛抜きによる炎症」の場合の対策方法

毛抜きでのムダ毛処理の場合も、きちんとした手順を踏めば「かゆい・炎症」などが多少抑えられ、痛みも少し緩和されます。

 

(1)抜く前に蒸しタオルで毛穴を広げる

まずムダ毛処理をする前の準備として、レンジで1分ほど加熱した蒸しタオル(1分はあくまで目安であり、余り熱いとヤケドする危険もあるので適温を見極めて下さい)を用意します。

タオルが冷める前にムダ毛処理をしたい患部に乗せ1分ほど待ちます。

この作業が毛穴を広げる工程であり、毛抜きによるダメージの減らすことによって、「かゆい」といったトラブルが起きにくくなります

清潔な肌のほうが良いのでお風呂上りにするとよいでしょう。

 

(2)毛が生えている方向へゆっくり引き抜く

カミソリ同様、毛を引き抜く際には必ず毛の流れにそって行ないます。

蒸しタオルで広がっている毛穴は冷えると閉じてしまうので速やかに毛抜きを始め、抜く作業はゆっくりと行いましょう。

一気に引き抜くと引き離された肌へのダメージが増加し、かゆさを引き起こす原因にも。

 

また蒸しタオルでの温めは何度かする必要があります。

 

(3)ムダ毛処理が終わった後は、患部を冷やします

ムダ毛処理を終了する時には、速やかに水で濡らしたコットンなどで患部をクールダウンします。

これは毛穴を閉じる工程で、これをする事により埋没毛や色素沈着などのリスクを減らします

もちろんコットンは患部に触れるので清潔な物を使用するようにして下さい。

 

(4)毛抜きの消毒

普段使用している『毛抜き』お手入れはきちんと行なっていますか?

大抵の人が雑菌だらけの化粧ポーチにそのまま投げこんでいらっしゃいます。

 

もちろん毛抜きも雑菌まみれになり、その毛抜きでムダ毛処理した毛穴は雑菌が付着し、「かゆい・炎症」などのトラブルを高確率で起こします。

使用前には除菌シートなどで簡単に全体を拭い、乾燥させてから使用するようにしましょう。

 

(5)処理後はしっかりと保湿する

先ほどのカミソリ負けでの対処法同様、ムダ毛処理後のケアはしっかりと行なうようにしましょう。

保湿を一番に考え、ケアを行なってください

ワセリンとサランラップが最強コンビですが、それらが手元に無い場合は「合成界面活性剤に注意して保湿剤を使用するようにしましょう。

 

人気

きちんとケアをするとスベスベの肌が手に入ります。

 

痒みの原因が「脱毛剤や除毛クリームによる肌荒れ」の場合の対策方法

ムダ毛処理に薬剤を使用する際には、必ず用法・用量を守り適切に使用して下さい。

副作用は大きなトラブルになる事もありますので注意が必要です。

 

(1)使用前に必ずパッチテストを行う

これはムダ毛処理の場合だけに関わらず、薬剤を肌に塗布する場合はかならずパッチテストを行ないましょう。

「かゆい・炎症」などの副作用がいったん出てしまうとその部分をもとの状態に戻す事はとても大変です

パッチテストは人の目につきにくい太ももの内側や二の腕の内側などに10円玉ぐらい使用する薬剤を塗布し、1、2日置いて反応を確かめます。

 

(2)敏感肌の場合は脱毛剤や除毛クリームを使わない

敏感肌やアトピー性皮膚炎の人が脱毛剤や除毛クリームでムダ毛処理をすると、「かゆい・炎症」以外の予期せぬ重度の副作用が出るリスクがあります。

 

もしどうしても使用する場合は必ず医師に相談し、その判断の元で使用するようにしてください。

基本、使用は控えましょう。

 

(3)女性は生理中、妊娠中の使用を避ける

女性の生理中、妊娠中は体のホルモンバランスが崩れています。

それにより敏感肌になったり、身体の免疫力が下がった状態になっているのです

 

こういった時期に外部からの脱毛剤や除毛クリームによるムダ毛処理の肌刺激を受けてしまうと、ひどいかゆみや炎症を起こしてしまう可能性があります。

よってこの時期はムダ毛処理を避けるようにしましょう。

 

(4)天然成分の物を選ぼう

脱毛剤や除毛クリームの種類は増え、いろいろな成分で作られるようになりました。

その中で天然成分を使用している脱毛剤や除毛クリームが最近あります。

天然成分の物を使用すると、肌へのダメージをゼロではありませんが、かなり下げる事ができます

 

(5)処理後はしっかりと保湿する

こちらの保湿も他のムダ毛処理の仕方と同じです。

ムダ毛処理後、まずきちんと脱毛剤・除毛クリームを用法を守って患部から拭います。

 

その後にワセリンなどの保湿クリームを塗布する事で、傷つきダメージを受けた肌をいたわってあげる事が出来ます。

乾燥で「かゆい!」といったこともありがちですので、保湿は大事ですよ。

 

K-STOPでつるすべ肌に!

【重要】痒みの解消には「ムダ毛処理後の保湿ケア」が肝心!

どのムダ毛処理方法でも、かゆいと感じたなどの症状に保湿はとても有効です。

しっかりとワセリンなどのクリームを使ってムダ毛処理の患部の保湿しましょう

注意すべき点として保湿=化粧水と考えている方がおられると思いますが、多くの化粧水にはアルコールが含まれており実は肌から水分を飛ばしてしまいます。

 

化粧水を使用する場合はアルコールが入って無いものを使うか、化粧水を使用した後に水分を飛ばさないよう蓋をする意味合いで、油分を含んだクリームなどを塗布するようにしましょう。

 

ムダ毛処理

保湿をきっちりするとツルツルもっちりお肌を手に入れられます。

 

ムダ毛処理後の保湿ケアにおすすめのクリームやローションは?

アルコール入りの化粧水が実はNGといったように、簡単に保湿といってもきちんと成分をみて使用しなければ、逆効果になってしまう場合があります

そこでおススメの保湿クリームをご紹介します!

 

(1)パイナップル豆乳ローション

 

ムダ毛処理ケアの大人気商品です。

 

パイナップル豆乳ローションには様々な肌荒れ対策成分が含まれているので、脱毛・除毛直後に塗れば、肌を引き締めてくれるので、肌荒れ対策になります

成分内容として

  • エタノール(殺菌・消毒作用を持つ)
  • アイリスエキス(肌のキメを整える)
  • パイナップルエキス(肌をなめらかにする)
  • パパイン酵素(肌をなめらかにする)
  • 豆乳発酵液(肌を引き締める)

など黒ずみや乾燥から守ってくれる成分が含まれています。

ムダ毛処理後3日~4日塗布する事で効果が高まり、よりツルツルスベスベな綺麗な肌を実感する事が出来るでしょう。

また天然成分配合なので敏感肌の方も安心してご使用して頂けます。

(個人差があるのできちんとパッチテストは行なってください)

 

(2)Dr.Takahamaネオ豆乳ローション

 

 

Dr.Takahamaネオ豆乳ローションは豆乳ローションの産みの親と言われている高濱素秀(たかはまもとひで)先生が開発した新しい豆乳ローションです。

豆乳エキスの含有量が高い製品で効果がかなり期待出来ます。

成分内容が

  • イソフラボン(毛穴の汚れを取り除き、黒ずみを防ぐ)
  • サポニン・レシチン(保湿効果が高い)
  • ハトムギエキス(抗炎症効果が高く、肌荒れやニキビの悪化を予防)
  • EPC(抗酸化と保湿効果)

となっています。

美白効果が高い製品としても有名で、肌トラブルに悩まされている方も使用し続けるとより肌が綺麗になります

 

(3)ニベアクリーム

 

 

ニベアはスクワラン・ホホバオイル配合なので敏感肌の方でも安心して使用できます。

また優秀なスキンケアアイテムなので頭の先から爪の先まで、頭髪から足先まで全てのパーツのお手入れに使用出来ます

もちろんムダ毛処理後のケアにも有効で、たっぷり油分を含んだクリームはそれだけで充分保湿をしてもらえます。

 

若干クリーム自体が固めなので使用時に適量を手の平にとり、少し体温で柔らかくしてから患部に塗布すると塗りやすいです。

他にもニベアクリームといえばマドンナはじめ世界中のセレブが愛用する高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」と、大衆クリームの代表である「ニベア」がほとんど同じ成分ということで話題になりました。

 

(4)サンホワイトP-1

 

 

先ほどから保湿の項目で紹介しているワセリンです。

ワセリンの中でも純度の高い「サンホワイトP-1」はアトピーなどの治療にも使われているクリームで医療分野でも活躍しています。

 

肌に吸収されない成分なので塗布の際にはべたつきがあります。

かゆい場所にワセリンを塗布後、サランラップをかぶせるというのがムダ毛処理の定番のケアとなっているようです。

 

(5)シルキークイーン

 

シルキークイーンは、ムダ毛処理のダメージで黒ずみが残ってしまったり、かゆい症状に悩む女性のために開発された薬用タイプの保湿剤です。

炎症を抑える薬用成分「グリチルリチン酸2K」を始め、かゆみに効果的な4つの天然成分が配合されているのが特徴。

成分内容(一部)は

  • ビワの葉エキス(抗炎症・引き締め)
  • 甘草由来成分(抗炎症)
  • カワラヨモギエキス(抗炎症・抗菌)
  • サクラ葉エキス(メラニン抑制・美白)

など他にも美肌成分がたくさん含まれているクリームです。

 

ムダ毛処理後の痒みに本気で悩んでいるなら、脱毛サロンへ!

いろいろムダ毛処理の「かゆい!」というトラブルについて調査してきましたが、いくら緩和出来る方法があったとしてもムダ毛の処理を自己処理で続けている限り、ずっとかゆみや炎症と付き合っていかなくてはいけません。

もしそんなトラブルに本気で悩んでいる状態であれば「脱毛処理」という選択も考えてみるのがいいと思います

肌のプロによって施術を受けるので肌トラブルも気にせず安心して施術を受ける事が出来ます。

そして今現在、脱毛はかなりメジャーな身だしなみとなっているので、初めての方でも施術を受けやすい環境が整っています。

 

キレイモ

どこのサロンもだいたいネットで簡単に無料カウンセリングが予約出来ます。

 

肌にやさしい脱毛が定評の「キレイモ」がおすすめ♡

ムダ毛処理の肌トラブルで悩んでるみなさんには肌にこだわりのあるサロンを紹介します。

おススメする脱毛サロンはキレイモです。

簡単におススメポイントを紹介します。

 

おすすめ理由(1)肌を痛めない施術法で安心

キレイモの脱毛施術は光脱毛です。

光脱毛はレーザー脱毛に比べ出力が弱い分肌への負担も少なく、痛みもありません。

出力が弱いからといって効果がないかというとそうでは無く、しっかりと納得する効果を得る事が出来ます。

ただ、出力が弱いのでレーザー脱毛よりサロンへ通う回数は増えますが、一生ムダ毛を自己処理するよりは短い期間なので通える期間内だと思います。

 

また、キレイモの特徴としては他のサロンでは施術の際にジェルを塗布してから施術をするのですが、キレイモはこのジェルを使用しなくても施術出来る技術があります

ですので身体に不快感も少なく施術して頂けると思います。

 

おすすめ理由(2)施術後のジェルローションが痒みの原因をシャットアウト

脱毛施術後はキレイモ独自のジェルローションで肌を丁寧に整えてくれます。

このジェルローションにはハナショウガエキスが含まれており、抗炎症効果・細胞の保護・解毒・細胞の修復・脂肪細胞の活性の調整の効果があります。

この効果によって脱毛施術後の炎症などの肌トラブルが抑えられるのです。

 

またカフェインが配合されている事により痩身効果があり、脱毛と一緒にダイエットも出来てしまうという夢のジェルなのです。

 

おすすめ理由(3)お得なキャンペーンがたくさん

キレイモでは初回のお客様から乗り換えのお客様まで様々なキャンペーンが展開されています。

これから脱毛デビューをしようという方にはお試しのキャンペーンもあり、全身33ヶ所のプランが初回無料だったりします!

ぜひ無料カウンセリングの予約を取る際には一緒にホームページでキャンペーン情報もゲットして下さいね

 

 

 

正しい対策方法を知り、ムダ毛処理後の痒みを解消しよう!

自己処理の各方法から脱毛サロンまでいろいろなムダ毛処理の仕方を調査しましたが、やはり、かゆい状態というのは身体的にあまりよい状態とは言えません

これを期に「脱・かゆみ&炎症」、「脱・自己処理」をチャレンジしてみてはいかがでしょうか?