レーザー脱毛は肌荒れする!?原因と対策方法を徹底解説!

レーザー脱毛はしたいけど、肌荒れは…

薄着をする季節が近づくと毛の処理が大変になってきます。

毎日の処理に嫌気がさして脱毛を考えているという方はレーザー脱毛という名前の脱毛を聞いたことがあるのではないでしょうか?

脱毛法の中では効果も高いというし、やってみたいという方にとっては肌荒れなどの副作用が気になるところ。

そこで今回はレーザー脱毛と肌荒れについて調べてみました。

対策方法もしっかりと載せていますので、ぜひ最後まで見ていってくださいね。

 

※なお、今すぐレーザー脱毛を考えている方は、肌荒れにも優しい超人気レーザー脱毛クリニックをチェックしてみてはいかがですか。

しゃがむ女の子

 

 

レーザー脱毛とは?

そもそもレーザー脱毛とはどんな脱毛法なのでしょうか?

元々医療用レーザーは痣やほくろを治療するために用いられてきたのですが、技術が発展し、毛根に効くレーザー脱毛が始められました。

レーザー光を当てることで当てた部分の黒い毛および毛根にが吸収されます。

その熱が周囲に広がり、毛を作る毛母細胞を破壊することで毛が生えてこないようにするという仕組みなんです。

医療レーザー脱毛医師がいる医療機関でしか行うことができないため、サロンなどではレーザーよりも弱い波長の光脱毛などが行われます。

 

 

 

 

 

レーザー脱毛で肌荒れする原因は?

レーザー脱毛がどんなものかは分かりましたが、なぜレーザー脱毛で肌荒れが起こってしまうのでしょうか?

肌荒れの主な原因は大きく分けて3つ考えられます。

1つ1つ丁寧に見ていきますので、原因をしっかりと把握していきましょう。

 

⑴レーザーの出力が強すぎた

まず考えられるのはレーザーの出力が強すぎたということです。

レーザーを当てるということはその部分に熱を加えているということになりますので、あまりにその出力が強すぎると火傷の様な状態になってしまいます。

特にこのレーザーは毛の黒さに反応する光を利用していますので、毛が太くて黒い部分は熱をより吸収しやすくなり、部分的に火傷をしてしまうことがあります。

あまりにも強いレーザーを利用し続けている肌にシミや跡を残してしまうなんてことにもなりかねません。

 

⑵保湿ケアをし忘れた

次に考えられるのは施術後に保湿ケアを十分にできていなかったということです。

レーザー脱毛は熱を加えて脱毛しますので、いつもよりも肌は乾燥しやすくなっています。

特に赤みを帯びている部分は軽い炎症を起こしているので必ず保湿をする必要があります。

にもかかわらず保湿をしっかりとしていなかった場合、肌の炎症がなかなか収まらずにヒリヒリしたり、肌がガサガサになったりしてまうということになるのです。

 

美肌の女の子

施術が終わると忘れがちな保湿。 保湿をしっかりとするかどうかで肌荒れが起こるかどうかは大きく変わってきます。

 

⑶皮膚に刺激を与えてしまった

3つ目の原因は施術後、皮膚に刺激を与えてしまったということです。

一口に刺激と言ってもよく分からないと思います。

簡単に言うと血流を良くし過ぎるような行為だと思ってください。

レーザー脱毛で熱を浴びた肌は炎症を起こしやすい状態になっているので、血流が良くなってしまうと脱毛部分が腫れたり、赤みがひどくなったりすることがあります。

具体的に血流を良くする行為とはお風呂に入る、運動をするなどですね。

 

こんな人はレーザー脱毛による肌荒れに要注意!

レーザー脱毛で肌荒れを起こす原因は3つでした。

では、実際に肌荒れを起こしやすい人の特徴についても見ていきたいと思います。

自分がそうなりやすいと分かっていれば事前に対策を取ることができますので、以下の特徴に当てはまっているかどうかしっかり確認しましょう。

 

⑴脱毛時お肌の状態が悪い人

脱毛する時にあまりにお肌の状態が悪い場合は施術を延期することがあります。

例えば、事前の処理で肌を傷つけてしまっていたり、何かしらの健康トラブルで肌の状態が悪かったりという場合ですね。

そこまで肌の状態が悪くなく、クリニックの医師が施術しても大丈夫という程度であったとしても、いつもより肌の状態が悪いという人はどうしても施術後の肌荒れのリスクが高くなってしまいます。

脱毛は事前に予約をして行うものですから、その日に向けて体調を整えることも大切です。

 

⑵元々肌が弱い体質の人

施術の日にたまたま肌の調子が悪いというのではなく、そもそも肌が弱いという人はある程度肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

安全なレーザー脱毛であっても脱毛という行為はお肌に多少の負担をかけます

もともと肌が弱いという人は特にそのダメージを負ってしまう危険性もありますので、事前にかかりつけの医師に相談するのも良いかもしれません。

可愛い女の子

お肌が敏感な方へ。 肌が弱いから脱毛ができないという訳ではありません。肌荒れを起こさない対策をとり、医師と相談しましょう。

 

【注目】敏感肌の方でも通いやすいレーザー脱毛クリニックはこちら→

 

レーザー脱毛による肌荒れの対策方法まとめ

発症しやすい人の特徴をまとめましたが、自分が当てはまっていたとしても必ず肌荒れを起こすという訳ではありません。

事前、事後の対策をしっかりと取ることで肌荒れのリスクは最小限にとどめることができます。

ここからはそんな肌荒れ対策を見ていきましょう。

 

⑴事前に医師に相談する

まず、1番の対策ですが、事前にしっかりと医師に相談するということです。

無料カウンセリングなどを利用し、施術する前に肌の状態などを相談するようにしましょう。

また、施術のときも痛みを感じるような場合は無理をせず、医師に痛みを伝えるようにしてください。

クリニックによっては脱毛後の肌トラブルについて保障してくれるところもありますので、そういったクリニックを利用するという方法もあります。

できればいきなり全身脱毛から始めるのではなく、自分がレーザー脱毛に合っているのかを試すというのもおススメです。

 

考える女の子

事前にしっかりと相談しましょう! レーザー脱毛は医療機関でしかできない脱毛なので逆に医師にしっかり相談できるという強みを持っています。

 

 

⑵施術後は適度に冷やし保湿をする

次に施術後の対策ですが、脱毛した箇所は熱を持っている可能性もありますので、そのような場合には冷やしたタオルなどで適度に脱毛個所を冷やしましょう

軽く冷やした後はしっかりと保湿をします。

保湿の方法はクリニックで説明があると思いますのでそれに従ってくださいね。

また保湿に関しては施術前からしっかりとしておくことも大切です。

事前の肌の状態をより良くするためにも保湿ケアは普段から気を付けて行っておくことをおススメします。

 

⑶施術後は安静に。発汗を促すことはしない

施術当日は血行が良くなるようなことは避け、発汗するようなことも控えましょう

運動や入浴は勿論のこと、飲酒、岩盤浴なども控えます。

シャワーに関しては医師の指示に従ってください。

脱毛した箇所に刺激を与えないように過ごすことが大切なのですね。

 

レーザー脱毛に関する動画でもっと知識をつけましょう

レーザー脱毛について文章だけでなく動画を見てもっと詳しく知りたいという方の為にレーザー脱毛に関する動画をご紹介します。

こちらの動画では医療レーザー脱毛に関して詳しく説明されており、施術の様子もみることができます。

 

 

レーザー脱毛で肌荒れする原因を把握して、しっかり対策しましょう

いかがでしたか?
レーザー脱毛と肌荒れの関係についてみてきました。

レーザー脱毛を行う際には、肌荒れの原因をしっかりと把握し、事前事後の対策を取るようにしてください。

そして、綺麗な脱毛を1日も早く完了させましょう!

 

レーザー脱毛と肌荒れの関係を理解できた方は、人気レーザー脱毛クリニックにぜひお申込みしてみてはいかがですか?今ならお得な特典付き♡