目次

  1. 1 レーザー脱毛って痛いのかな…
  2. 2 レーザー脱毛では麻酔をするの?
  3. 3 [レーザー脱毛の麻酔]体験者の声まとめ
  4. 4 レーザー脱毛で麻酔を行う際の注意点
  5. 5 レーザー脱毛以外の脱毛では麻酔を行うの?
  6. 6 レーザー脱毛前には「麻酔」に関する正しい知識を

レーザー脱毛を検討していて、どうしてもあと一歩が踏み出せないという方。

気になっているのはレーザー脱毛の「痛み」ではありませんか?

はじめての方であれば、「脱毛は痛いってイメージがあるし、怖い。」と思われても自然です。

今、光脱毛で脱毛サロンに通っている方であれば、「光脱毛では効果がいまいち実感できないからレーザー脱毛に乗り換えたい・・。

でもレーザー脱毛は光脱毛に比べるとかなり痛いって聞くから悩んでいる。」のではありませんか。

キレイな肌を手に入れるためには「痛み」を我慢しなければならないのでしょうか・・!

痛いのは嫌だから、脱毛を諦めますか?

まず知っていただきたいことは、レーザー脱毛は医療機関のみが行える脱毛法だということです。

脱毛サロンでの光脱毛と医療レーザー脱毛は違うんですよ。

脱毛エステの光脱毛に比べて、レーザー脱毛は出力が強い脱毛器を使用します。

そのため医療従事者しか扱うことができません。

レーザー脱毛は出力が高い分、効果も高いですが、痛みも増します。

ですがここでポイントとなるのが、レーザー脱毛をおこなうのは医療機関なので、痛みを軽減するために麻酔を使用できるということ!

本当に痛みに弱いという方は、別途料金で麻酔をして脱毛施術を受けることができる医療機関もあるんですよ!

なお麻酔の種類は、「笑気ガス」や「クリーム」、「テープ」の3種類が一般的です。

レーザー脱毛は麻酔ができるって知っていましたか

レーザー脱毛では、痛みを軽減するために麻酔も使用できることはわかりました。

では、麻酔をしたほうがいいのかどうか。

レーザー脱毛の痛みはゴムで弾かれたような感じと表現されることが多いですが、レーザー脱毛をしたことのない人にはその程度が全くわかりませんよね。

参考になる体験者の声、まとめてみました!

レーザー脱毛で麻酔をした人の感想・口コミ

「クリームタイプの麻酔を使用。正しく使えば痛さはかなり軽減されます!」

「脱毛のためと思って今まで痛みを我慢してきましたが、麻酔シートを使用したら痛みがとても軽くなりもっと早くからすれば良かったと思いました」

麻酔を使用して痛みがかなり軽減したという声が多くありました。

最初は多くの人が、麻酔は別料金であることもあり、麻酔をしない選択するようです。

ですが結果として、麻酔をしないでレーザー脱毛の施術を受けたことを後悔した、という声が多いです。

麻酔なしでのレーザー脱毛は、

「レーザー脱毛ってこんなに痛いの!?」

「あまりの痛さに涙が出た」

「次の施術が怖い」

こんな声もたくさん。

痛みに強くない体験者の多くは、我慢をしないで麻酔はしたほうがいいとおすすめしているようです。

痛みの感じ方には個人差や、場所によっても違います。

レーザー脱毛による痛みに不安のある方は、まずは、脱毛前にクリニックなどで相談したほうがよさそうです。

レーザー脱毛で麻酔をしなかった人の声

「すごく痛い!!でも私の通うクリニックには麻酔がないんです…」

「毎回麻酔なしですが、なんとか耐えられる痛みです。出力を上げてみたら痛みに耐え切れず下げてもらいましたが、ある程度調節すれば麻酔はなくても大丈夫です」

やはり痛いという口コミが多いですね。

中には、痛みを我慢してレーダー脱毛している人もいらっしゃるようですが…やっぱり痛そうです。

麻酔なしで、どうしても我慢できない場合にはお願いして出力を下げてもらうこともできるようですが、出力を下げてしまうと、脱毛の効果も弱まってしまうことになります。

施術中のストレスも減ります。

麻酔は別途料金を支払ってもしてもらったほうがよさそう、という印象を受けますね。

ここまで読んできて、「レーザー脱毛では麻酔を使ったほうが絶対にいいよね?」と感じた方のほうが多いのではないでしょうか。

ですが、麻酔はあくまで希望者のみが使用するものとなっています。

レーザー脱毛で麻酔の使用を考えている人は、麻酔を使用する上での注意点についてもチェックしておきましょう。

副作用

使用する麻酔の種類は、体質やクリニックによって違います。

笑気ガスは、ガスを吸入している間だけ一時的な沈静・リラックス作用があります。

痛みに対する不安を感じなくなり、感覚が鈍くなるので痛みを感じにくくなります。

ガスの吸入をやめれば数分で効果は切れるので、ほとんど副作用はないと言われています。

しかし、使用中に頭痛や吐き気など体調の変化が現れる方もいます。

何か異常を感じた場合は、必ず医師・スタッフに伝えましょう。

また、麻酔クリームや麻酔テープでアレルギー症状が出る場合があります。

以前麻酔アレルギー反応を起こしたことのある方も必ず事前に医師・スタッフに申し出ましょう。

麻酔には副作用の可能性もあることをきちんと把握しておくことが大切です。

効果が出るまでの時間

レーザー脱毛で一般的な麻酔は、麻酔クリームです。

脱毛部位に直接塗布して、皮膚の表面を麻痺させます。

麻酔クリームで注意したいのが、麻酔クリームは効果が出るまでに30分ほどの時間がかかる点です。

麻酔を使いたい場合には、あらかじめ申し込みが必要です。

早めの来院をお願いされることもあるのでそのことを頭に入れておきましょう。

妊娠している人

妊娠している人は笑気ガス麻酔は使用できません。

妊娠中は施術自体を行わないクリニックがほとんどですが、

妊娠の可能性が少しでもある人は笑気ガス麻酔ではなく、麻酔クリームを使用するようにしましょう。

麻酔を使用できるのは医療機関のみです。

よって、はじめのほうで説明しましたが、麻酔を使用して脱毛ができるのはレーザー脱毛のみだということになります。

ちなみに、脱毛サロンでは痛みを軽減するため、

  • 施術前に冷却ジェルを塗布して、脱毛部位を冷やす
  • ヘッドに冷却装置のついたマシーンで、脱毛部位を冷やしながら施術する

という方法がとられています。

どうしても脱毛での痛みが嫌だという方は、麻酔を使用できる医療機関でのレーザー脱毛がいいかもしれません。

お財布とも相談したうえで、自分に合った脱毛を!

いかがでしたか。

高い脱毛効果を期待する方にとって、レーザー脱毛は魅力的です。

痛みの心配も「麻酔」で解決できそうだということがわかりました。

麻酔の種類をしっかり把握し、クリニックでもきちんと希望を伝えることが大切。

麻酔を使えるレーザー脱毛で、痛みを我慢しなくていい脱毛をしましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。