目次

  1. 1 口周りのうぶ毛、意外と目立ってますよ…!
  2. 2 口周りを脱毛する人が増えてる!?
  3. 3 口周りのうぶ毛にはレーザー脱毛と光脱毛どっちがいいの?
  4. 4 口周りをレーザー脱毛すると他にもこんな良いことが!
  5. 5 実際に体験した人の声
  6. 6 口周りのレーザー脱毛で注意すべきこと
  7. 7 安全に口周りをレーザー脱毛するならアリシアクリニック!

体は脱毛してつるつる美肌、眉毛もしっかり整えている、

そんな女子力の高いみなさん、

口周りのうぶ毛の処理はしていますか?

「うぶ毛程度なら、まぁいっか」

なんて処理を怠ってる人、気をつけてくだい。

口周りのうぶ毛って意外と見られてるんです…!!

もう体だけを脱毛するなんて古い!!

実は、女性でも口周りの脱毛をする人は増えてきています。

自分でカミソリや電動シェーバーを使って処理をする人もいますが、

どんどん濃くなって、うぶ毛どころじゃなくなってしまうかも

という不安もあり、口周りの脱毛が流行ってきているのです。

今回は、その口周りの脱毛について学んで行きましょう!

脱毛には、レーザー脱毛と光脱毛がありますが、

口周りのうぶ毛を脱毛するには、どちらが良いのでしょうか?

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、脱毛の効果を実感するまでの期間が短いのが特徴です。

そもそもレーザー脱毛というものは、単一の波長で集中的に光を集め、

施術を行うというものです。

医療行為に当たるため、医師免許を持った人しか

レーザー脱毛を扱うことができません。

しかし、レーザー脱毛は効果が高い代わりに、

痛みを伴うことがあります

個人差はありますが、光脱毛に比べると

痛みを感じる人が多いようです。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛は、痛みを感じる人は少なく、施術は快適に受けることができそうですね。

しかし、光脱毛は黒いものに反応して熱を与えることによって

脱毛効果を促します。

女性の口周りの場合は、うぶ毛程度の細く薄い毛なので、

光があまり反応しないため、効果が薄くなる可能性があります。

レーザー脱毛を完了した部分からは、

ほぼ毛が生えてきません

もう、自己処理をする必要も、

うぶ毛を気にする必要もなくなりますよ。

また、肌の明るさがワントーンアップし、美肌になれるので

女性にとっては嬉しいですよね。

それだけではなく、脱毛され毛穴が引き締まるため、

化粧ノリが良くなります

しっかりとファンデーションが肌になじみ、

さらに美肌に見せることができるようになりますよ。

実際に口周りのレーザー脱毛を経験した人の口コミを見てみましょう。

良い口コミ・感想

「手入れが楽になった」「毛穴が小さくなったよう感じる」と、しっかりと脱毛の効果を実感する口コミが多いようです。

やはりうぶ毛もなくなれば快適ですよね。

通う面倒さや少しの痛みよりも、毛がなくなる喜びの方が大きそうです。

一方悪い口コミ・意見も・・・

口コミでは「輪ゴムで弾く程度の痛みがある」「毛が密集している部分は痛みが強い」と、やはり痛みを感じる方も少なからずいるようです。

もちろん個人差があるので、肌の状態をスタッフにチェックしてもらうと良いですね。

口周りのレーザー脱毛が効果的と紹介してきましたが、

実際にレーザー脱毛を受けるとなると、注意点もあります。

光脱毛に比べると痛みがあるので信頼できるクリニックで行う

何回も述べてきましたが、効果が実感できる代わりに

痛みを感じることがあります

レーザー脱毛を行うことのできる人は

全員医師免許を持っているため、

もちろん信頼できますが、クリニックを選ぶ際には

口コミや評判を調べましょう。

 日焼けはダメ

光脱毛でもそうですが、レーザー脱毛の場合も、

脱毛部分は日焼けをしてはいけません。

日焼けをしてしまうと、肌が炎症を起こしている状態なので、

レーザー脱毛をするとさらに肌を痛めてしまいます。

 自己処理による色素沈着

長い間自己処理を行っていると、色素沈着してしまうことがあります。

あまりにも黒ずんでいる場合には、レーザー脱毛を受けられないことがあるので、

医師に相談してみましょう。

信頼できるレーザー脱毛のクリニックのひとつに

アリシアクリニックがあります。

アリシアクリニックはターミナル駅で展開しているため、

仕事帰りやショッピングのついでに行くことができます。

全顔脱毛セットがおすすめで、5回コースなら144,300円です。

月額なら4,700円から払うことができるので、負担も少ないですね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。