目次

  1. 1 顔の毛穴が開きっぱなし!どうすればいいの?
  2. 2 顔の毛穴が開きっぱなしになる意外な原因とは……
  3. 3 開ききった毛穴!閉じるための対策をみていこう
  4. 4 対策1、正しい洗顔をおこなう
  5. 5 対策2、保湿に気を付けよう
  6. 6 対策3、肌のターンオーバーを整える
  7. 7 対策4、顔のムダ毛処理、自己処理はお休みして脱毛サロンへ
  8. 8 脱毛サロンなら「キレイモ」がおすすめ!
  9. 9 毛穴引き締め、今日から頑張ろう!

ふと鏡で見ると、自分の顔の毛穴が何だが目立ってきているような気がする…なんてことありませんか?

実は顔の毛穴が開くのには原因があったんです。

今回は、そんな顔の毛穴が開く原因と正しい対策方法を紹介します。

顔の毛穴が開いてるかも…

実は顔の毛穴が開きっぱなしになっている原因を作っているのはあなた自身の可能性もあるんです。今まで肌によかれと思ってやってきたケアが実は逆効果という意外な原因がこちら!

(1)熱いお湯でゴシゴシ洗顔している

熱いお湯を使って顔をゴシゴシ強めに洗顔すると、なんだか顔の汚れがしっかりと取れた気になりますよね。でもこれ顔の毛穴にとってのNGな行動なんです。

実は、40℃以上のお湯で洗顔をしてしまうと、顔の皮脂まで洗い流されてしまうので乾燥しやすい状態になってしまうんです。

顔の毛穴が開いてしまう原因の一つは乾燥があります。乾燥すると、肌が乾燥を防ごうと皮脂を頑張って分泌してしまうんですね。皮脂も過剰に分泌してしまうと毛穴が詰まって開いてしまうんです。

(2)毛穴の上にメイクを厚塗りしている

顔の毛穴が目立つから、他人に見せたくないという気持ちはわかります。でも、隠そうとしてメイクを厚塗りしてしまうのは自殺行為なんです。

洗顔はあまり時間をかけていないという人は注意が必要ですよ!メイクをきちんと落とさないと顔の毛穴に汚れが詰まってしまい、毛穴の開きの原因になってしまうんです。

厚塗りをしている場合はメイクを落とす時により時間が必要な訳ですから、メイクにかけた時間と同じ分だけ洗顔に費やしましょう。

(3)週に一度以上、ピーリングしている

ピーリングというのは、肌にたまった古い角質をはがして、肌のターンオーバー正常に戻すというということです。そのやり方はいろいろで、石鹸や化粧品なども売られていますよね。

ピーリングをした後の肌は、すべすべしてて毎日でも使いたいと思うかもしれませんが、ピーリングは頻繁に行うと逆に肌を傷つけてしまい、毛穴にダメージが大きいんです。

(4)カミソリや毛抜きで頻繁にムダ毛の自己処理をしている

これまでも何度も言っているように、肌へのダメージが顔の毛穴の開きの原因になってしまいます。

カミソリの場合は肌を傷つけてしまい乾燥しやすくなってしまいますし、ムダ毛を毛抜きで抜くことで、周辺の肌がたるんでしまい毛穴の面積が大きくなってしまうんです。

カミソリや毛抜きでのムダ毛の自己処理は、顔の毛穴の開きの原因

(5)加齢による、顔の筋肉のゆるみがある

加齢とともに二重あごになってしまったり、頬がたるんでくるということがあるとおもいます。顔の毛穴も同じように肌が重力に耐えきれなくなって、下へ下がり毛穴がひらいしまうんですね。

この場合には、毛穴の形が丸いのではなく、雫のような形になっているのが特徴ですよ。

毛穴の汚れ、加齢、乾燥など様々な原因を見ていきましたね。こんな風に、開ききった毛穴をキュッと引き締める対策を具体的に紹介しますのでチェックして、きめ細かい肌を手に入れましょう!

顔の毛穴の対策をしよう♡

顔の毛穴の開きを目立たなくするためには、毎日行う洗顔を見直すのも大事です。汚れをきっちりと落として、お肌をキチンとリセットしましょう。

(1)洗顔前に蒸しタオルを顔に当てよう

洗顔の最初に行うことは、毛穴を開かせることです。毛穴がしっかりと開いていると、毛穴に詰まっている汚れも角栓も除去しやすく汚れをきれいにとることができます。

蒸しタオルはタオルを水に濡らしてビニール袋に入れて、電子レンジ40秒ほど温めれば簡単に作れちゃいます。温度設定があるのなら、45℃くらいですね。

顔にしばらくのせていると毛穴が開くので、そこから正しい洗顔を始めていきましょう。

(2)熱いお湯や冷水での洗顔はNG。ぬるめのお湯で

冷たい水で洗顔をしてしまうと、せっかく開いた毛穴がきゅっと引き締まるので、汚れが落ちにくくなります。熱いお湯の場合は、必要以上に皮脂が流れていしまい乾燥してしまうのでどちらもNGですよ。

ぬるま湯の温度としておすすめするのが、32℃あたり。といっても、毎回温度を測るわけではありませんから、手首の内側に水をかけたときに、熱く感じない程度と覚えるといいかもしれませんね。

(3)スクラブ洗顔、界面活性剤が多く含まれるクレンジングは使わない

スクラブ洗顔、洗浄力のある界面活性剤は肌に良くないので使わないほうが良いです。

スクラブ洗剤も界面活性剤も、どちらもメイク汚れや皮脂汚れ、古い角質を落としてくれるものなんですが、これらのよごれを落とす力が強すぎると肌バリアを壊してしまうんですね。

肌に負担をかけないためには、毎日使うものにあまり刺激が多くないものを使うことをおすすめします。

(4)洗顔料をもこもこに泡立て、やさしく泡を伸ばそう

洗顔でやさしく洗いましょうという言葉をよく聞きますよね。洗顔は自分の手を使って洗うというよりも、泡が汚れを吸い付けることで汚れをとるんですね。

なので洗顔中は手が肌につかないぐらいのやさしさで十分なんです。まさに、泡で洗うという感じですね。洗顔場所は鼻やあご、おでこなど皮脂の多い部分からのせて、やさしく周りに伸ばしていく様にしましょう。

洗顔で毛穴の汚れをきれいにとっても、顔の毛穴が開いていると感じるきには、保湿にも意識を向けてみましょう。

(1)保湿には「セラミド」配合のものが効果的

お肌の保湿に効果のあるのがセラミド。セラミドはお肌の中でも上の角質層に効果のある保湿成分なので、お肌に塗ることで高い保湿効果が期待できるんですね。

セラミド配合の化粧水や美容液の保湿効果時間はもちろん物にもよりますが、短くて2時間、長い時には24時間保湿力が維持されるといわれているんです。

セラミドには大きく分けると、「ヒト型セラミド」「疑似セラミド」「植物性セラミド」「ミルクセラミド」の種類があるんですが、化粧水でも美容液でも、保湿力が高い「ヒト型セラミド」配合分がオススメです。

さらに、セラミドは人のお肌の角質層に存在している成分なので、敏感肌の人にも使えるのが嬉しいですね。

(2)保湿は加齢による毛穴開きにも効果的

また、この保湿をきちんとすることで、年齢で出来てしまうお肌のしずく毛穴も改善できてしまうんです。

加齢によるお肌のたるみが原因のしずく毛穴を改善するためには、肌内部の弾力性を強化する必要があります。この肌の弾力に必要なのが、肌内の水分なんですね。

さらに、コラーゲンも毛穴のないプルプルのお肌にはかかせないですよ!コラーゲンは、タンパク質の一つで、お肌の弾力やハリを支えているもの。保湿と同時に摂取することで顔の毛穴の開きのないきめ細やかな肌を作りましょう。

(3)順番を守ってしっかり保湿

お肌に水分を閉じ込め、しっかりと保湿するには順番を守ることも大事なんです。

まずは洗顔で乾燥しやすい肌に化粧水でたぷりと水分をふくませた後、お肌に栄養を与える美容液もたっぷりと塗りましょう。乳液やクリームは、肌の水分を逃がさない役目があるので、薄い膜を作るイメージで軽く伸ばしましょうね。

洗顔、スキンケアをばっちりにしてもまだまだ毛穴の開きがなくならないなら、肌のターンオーバーの乱れがかかわっているかもしれません。

(1)紫外線を避ける

お肌のターンオーバーは、部位や年齢によって違いがあるんです。肌の表面に古くなった角質が残ったままになると毛穴の汚れにつながり、顔の毛穴が開きっぱなしになってしまうのでターンオーバーを正しく保つのが大切ですよ。

ターンオーバーを正常に働かせるには、お肌に負担をかけないことが良いです。夏は特に、紫外線を受けると外的なダメージを受けてしまうのでターンオーバーが乱れやすくなります。

長時間外にいるときには、2~3時間ごとに日焼け止めを塗るようにしたり、日傘や帽子をかぶるようにしましょう。

(2)生活習慣を改善する

キレイな肌を作るには、やはり体内から対策を行うのがいいですよね。体内からの対策ならまずは食事です。ターンオーバーを促すビタミンAや亜鉛、それにビタミンCを意識して積極的にとるのもおすすめですよ!

逆にジャンクフードやお肉ばかりを食べる食事もNG。

他にも、飲酒やたばこを控えたり、運動を適度にするなど健康的な生活を行うとやっぱりお肌の調子も上がりますよ!

(3)しっかりと眠る

ついつい夜更かししてしまった、毎日が忙しくて眠る時間がないときには、肌のターンオーバーが乱れやすい状態です。特に、お肌のゴールデンタイムといわれる夜10時から2時まで熟睡するのがいいといわれています。

どうしてもその時間に眠ることができないのであれば、睡眠時間を意識しましょう。お肌のターンオーバーが行われるのは6時間程度なので、睡眠時間を6時間以上をとるよう心がけましょう。

これで日常のケアはバッチリですね。最後に顔の毛穴が開きっぱなしにならないために気を付けたいムダ毛処理の仕方をチェックしてみましょう。

(1)カミソリでの自己処理は、肌を痛め乾燥させる

お肌の表面にある皮膚は0.2mmと薄いです。カミソリで自己処理してしまうと、表面を撫でているつもりでも、表皮を削ってしまってやはり肌を傷つけ痛めているわけです。

お肌を傷めると、お肌のバリア機能が低下するのでお肌から体内の水分が蒸発してしまうわけです。

(2)毛抜きも毛穴を広げる原因に

ムダ毛処理に毛抜きを使っている人は多いと思います。割とお手軽にできますし、お金もかかりませんよね。でも、毛抜きは毛穴を開く原因になるんです。

何度も毛抜きで無理に引き抜くと、毛の周辺の肌が引っ張られることでたるんでしまいます。すると毛穴の形が楕円形になり、毛穴が開いて見えるわけです。

無理やり毛を抜くのはNG。どうしてもというときには、まず毛穴を広げてから毛抜きを使うようにしましょう。

(3)脱毛サロンなら毛穴を痛めず処理できる

ムダ毛処理でおすすめなのは、脱毛サロンで処理をすることですね。脱毛が終わってしまえば、普段の時にムダ毛を処理する必要はありませんから、お肌を傷めることがないんです。

最近では全身脱毛の中に顔脱毛も含まれているサロンも増えてきているので、全身と一緒に処理してしまうのもおすすめですよ。

顔の毛穴を目立たなくするために顔脱毛をしたいというのであれば、キレイモがオススメです。なぜなら芸能人も多く通う全身脱毛サロンのキレイモは、顔脱毛の範囲が広いんです。

鼻、鼻下、あご、顎下、おでこ、もみあげ、両ほほと全部で7部位もあるのは、珍しいんじゃないでしょうか。さらに知ってほしいのが、全身脱毛プランの中に入っているという事なんです。

もともと月額9500円で全身脱毛できるだけでもすごいのに、さらに顔脱毛までプラスされているなんて嬉しいですよね。

キレイモは、顔だけの脱毛はできないので、顔脱毛するついでに全身すべてツルツルお肌をゲットしちゃいましょう!

出典:kireimo.jp

顔の毛穴が開く原因と対策を紹介しましたがいかがでしたか?

毛穴が開きっぱなしになっているのは、毎日のケアが問題なんですね。毎日の正しいお手入れを続ければ、お肌に自信を取り戻せるはず。

最後はキレイモの顔脱毛で、自己処理の必要ない毛穴の引き締まった肌を手に入れましょう!

目指せ!毛穴レスの肌♡


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。