目次

  1. 1 全身脱毛に向かう前に…ちょっとまって!
  2. 2 全身脱毛前には自己処理(前処理)が必須って本当?
  3. 3 なぜ全身脱毛前には自己処理(前処理)が必要なのか?
  4. 4 全身脱毛前に行うべき自己処理(前処理)5つ!
  5. 5 こんな人は自己処理(前処理)を入念に
  6. 6 全身をツルツルにするからこそ、入念な準備を。

これからの季節に向けて、初めての全身脱毛にトライする!なんていう人もいるのでは?

特に全身脱毛の場合には、デリケートゾーンのムダ毛も処理してもらうことも多いもの。

他人に見られるし、恥ずかしくないように事前にムダ毛を整えておいた方がいいのかな?と思ったことはありませんか?

ここでは全身脱毛を受ける前のムダ毛の自己処理(前処理)について解説します。

是非参考にして下さいね!

※前処理など、初めての方には不安だらけですよね。

そんな不安を気軽に相談できる専門カウンセラーのいる有名サロンがあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ツルツル素肌を手に入れる全身脱毛の前にするべきことは?

ほとんどの脱毛サロンでは、施術の前日もしくは2日前に前処理をしてくるように指示されるそうです。

これまでは、自分でムダ毛の自己処理をしているかどうかに関わらず、サロン側が必要に応じて剃ってくれるケースが多かったようです。

ですが最近ではシェービングを行わないサロンが増えてきているようですね。

全身脱毛では、全く自己処理をしていない状態でサロンに来られると、対応に時間がかかってしまうなんてことも…。

特に、普段からなかなか手入れが行き届いていない部分でもあるデリケートゾーン(VIOライン)の脱毛を受ける際には

あらかじめ自分で前処理をするように言われることが多いようです。

普段なかなかお手入れの行き届かない部分だからこそ、脱毛前に事故処理を。

全身脱毛前の自己処理(前処理)をしていかなかった場合、どういった不都合な点ががあるのでしょうか?

その理由について、いくつかピックアップしてお話したいと思います。

ムダ毛が長いままだと脱毛効果が出にくい。

多くの脱毛サロンで行われる光脱毛は、特殊な光を毛根部分のメラニン色素に反応させる脱毛方法。

このメラニン色素は当然、毛そのものにも含まれています。

そのためムダ毛が長いまま施術をすると、多くの熱エネルギーを毛に受けることになり、全体的に焼け焦げるような状態になることも。

痛みを伴ったり、肌に悪影響を及ぼす危険性があり、本来の目的である毛根部分に効果が表れにくくなる恐れもあるそう。

そこで、十分な脱毛効果を得るためには、2mm程度の長さまでムダ毛を前処理しておく必要があるようです。

脱毛サロンに行く前の自己処理は今では常識なんですね。

施術前のシェービングサービスをしないサロンも。

自己処理をしないまま脱毛サロンに出向いてしまった場合、その日の施術が出来ない可能性が高くなるようです!

ちょっとした剃り残し程度でも、ムダ毛がある箇所は施術を行ってもらえない場合も。

脱毛サロンには、シェービングを行ってくれるところもありますが、刃物を扱うことが医療行為に該当するとしてシェービングを禁止しているサロンもあります。

ムダ毛処理を代わりにしてもらえるとしても、衛生の面からその場で新品のシェーバーを購入しなければならない場合や、別料金で行うサロンもあったりと、サロンごとに対応も異なるようです。

全身脱毛を受ける前に、自己処理(前処理)をしていった方がいいというお話をしてきました。

それでは、どのように自己処理をしていけばいいのか、5つのポイントにまとめたのでご覧ください。

 腕、脚、顔、胸、お腹などの身体の前面の自己処理。

まず、身体の前面部分の自己処理をしてみましょう。

こちらはほとんどが手のとどく範囲だと思いますので、自分が普段ムダ毛の自己処理をしている様に処理をするといいでしょう。

その際、剃り残しがあると、しっかりと脱毛効果が得られないので、ムダ毛が見えなくなるぐらいまで処理をした方がいいようです。

光脱毛の場合は、毛抜きなどを使わず、深剃りしないように電気シェーバーで処理するといいようですね。

カミソリ負けなどで肌に赤みが出ないよう、前日までに剃り残しがないように注意して処理をしましょう。

 V・I・Oラインのアンダーヘアを自己処理。

デリケートゾーンであるVIOラインですが、これは自分の好みで毛を無くしたい範囲まで剃ってくるようにと指示をするサロンと、脱毛できる範囲が決められているサロンがあるようです。

このラインに関しては、サロンで説明されるところなので、しっかり説明を聞いておきましょう。

そして、自己処理にはハサミ電気シェーバーを。

その方が、カミソリを使うよりも安全お肌を傷つける心配が少ないです。

処理方法としては、最初にVIOラインの形を決めます。

そのうえで脱毛予定のムダ毛をハサミで短く切り、その後、上から下に向けて少し肌を引っ張りながら電気シェーバーで丁寧に剃っていきましょう。

剃る方向が下から上になると、どうしても毛穴などを傷つけやすくなるので注意しておきたいですね。

IOラインなどは鏡などを使いながら、処理をするといいようです。

いずれも、自己処理をする時は、お肌を傷つけないように細心の注意を払うようにしたいですね。

 背中、おしり、腰などの身体の背面部分の自己処理。

身体の後ろの部分は、一人暮らしの人には処理の難しい場所だと思いますし、ご家族がいてもなかなか手伝いをお願いしにくいですよね。

全身脱毛前の自己処理の際、基本的に手が届かない部分は処理できていなくても大丈夫というサロンもあるようです。

背面部分はムダ毛処理がしにくいというのはサロンスタッフも理解していているので、シェービングサービスをしてくれるサロンも多いようですね。

ただ、そこはやはりノータッチ!というのは良くないですから、あくまでも手の届く範囲で、自分で前処理を済ませておきたいものです。

また、サロンによってシェービングサービスは無料であったり有料であったり対応が異なりますので、事前に確認しておくようにしましょう。

そんな背面部分の自己処理には体用の電気シェーバーを使えば比較的楽に広範囲を処理することが出来るようですよ。

顔用の電気シェーバーは持っている人も多いかもしれませんが、一度に処理できる範囲が狭いし、自分で手を回して背面を処理するときに持ち難いという難点が。

ボディー用のシェーバーだとそういった悩みも解消されるようですので、全身脱毛を考えている人にはお勧めです。

自己処理(前処理)は脱毛の2~3日前に。

シェービングはカミソリなどの刃を肌に当てるので、肌を痛めるなどの原因になります。

カミソリ負けでお肌が赤くなってしまうと、当日施術を受けられなくなることもありますので、脱毛する数日前にシェービングを終え、肌を一度休めておく方がいいですね。

また、しっかりした毛は一度のシェービングでは剃りきれないことも。

そこで、脱毛の予定日から数日前に、数回に分けシェービングを行うと、剃り残しを減らすことができるそうです。

自己処理(前処理)をしたらお肌のアフターケアを。

脱毛を効率よくすすめていくためには、脱毛効果を高めることが大切です。

サロンでの脱毛効果を高めるためには、事前に保湿ケアを行いましょう。

特に自己処理をすると肌が乾燥状態になります。

肌が乾燥した状態で脱毛施術を行うと、熱エネルギーをスムーズに通すことができず、毛根に十分なダメージを与えることができないそうです。

全身脱毛前の自己処理で脱毛効果も変わってくる。

せっかく全身脱毛の施術を受けるのですから、その効果を高めたいと思いませんか?

全身脱毛は、受ける人のタイプによって自己処理でのポイントが異なります

事前のセルフケアを取り入れて、全身脱毛の効果を高めましょう!

乾燥肌の人は保湿心掛けて!

まずは肌の水分量を高めるようにしましょう。

肌が乾燥していると光が毛穴に届きにくく、脱毛効果が十分に得られないおそれがあります。

また、肌の水分量が少なくなると脱毛施術でのダメージを強く受け、火傷などのリスクが高まるそう。

そこで、乾燥肌だとサロンスタッフが刺激を最小限に抑えるよう、機器の出力数を弱めてしまうこともあるんだとか。

すると脱毛効果が弱まってしまうだけでなく、期間も長期間になることも…。

肌の水分量は全身脱毛にとって必要な要素のようです。

 日焼けしやすい人は紫外線対策を!

日焼けも行く前に注意したい大切なポイントです。

保湿と同じく紫外線対策も行いたいもの。

脱毛の光は黒い部分に対して照射されますが、日焼けをすると光が分散されてしまい脱毛効果が弱まってしまうことに。

また、日焼けをしている肌は、見た目にはわかりにくいかもしれませんが、紫外線で多くのダメージを受けています。

乾燥している状態でもあるので、そんな弱っている肌に脱毛の負担はかけられませんよね?

全身脱毛の場合は処理範囲が広範囲になりますので、長袖長ズボンなどで紫外線対策をするのが効果的。

他にも露出しているところは日焼け止めを使うなど、できるだけ紫外線に肌をさらさないように工夫しましょう!

「抜く」自己処理は止めよう!

脱毛期間中は、普段「毛抜き」や「市販の脱毛器」で「抜く」自己処理をしている人はやめましょう。

脱毛効果を高めて早く脱毛するためには、まず一度毛周期を揃えるようムダ毛を生え揃える必要があります。

しかし、自己処理で毛を抜いてしまうと毛周期にばらつきが生まれ、脱毛効果が薄れてしまい幾度も通うことになります。

効果が得られなければ脱毛期間が長くなってお金も時間もムダにしてしまいもったいないですよね?

もし自己処理をしたいのでしたら「剃る」ようにしましょう。

カミソリは肌バリア機能を衰えさせ水分量を低下させてしまいますので、肌を傷つけずにお手入れできる電気シェーバーがおすすめです。

サロンに通い始める前にしっかりムダ毛を生え揃えてから始めると早く脱毛できますよ。

全身脱毛前の自己処理(前処理)の必要性や、どんなことに注意したらいいのかなどについてポイントをあげて

お話しましたがいかがでしたか?

全身をツルツル素肌にしたい!そう思って脱毛を決意したのに、事前の準備が不十分だったために期待したような効果がなかった・・なんて事になったら残念ですよね。

これからトライする人には是非参考にしていただきたいと思います!

キレイモでは専門カウンセラーが自己処理についても丁寧に説明してくれますよ。その他、不安なことは何でも相談してみてください。

専門カウンセラーのいる安心キレイモをチェックする→

しっかり自己処理をして脱毛効果を高め、目指せツルツル素肌!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。