目次

  1. 1 Iラインを綺麗に脱毛したい!
  2. 2 Iライン脱毛についておさらいを…
  3. 3 Iライン脱毛のメリットは?
  4. 4 Iライン脱毛のデメリットも知っておこう
  5. 5 Iライン脱毛した体験者の声も聞いてみよう!
  6. 6 【結論】サロンでIライン脱毛するのがおすすめ
  7. 7 Iライン脱毛でおすすめのサロン【男女別】
  8. 8 サロンでIライン脱毛前に知っておきたいこと
  9. 9 Iライン脱毛で毎日を快適にしよう!

近年、女性や男性の間でも普及してきたデリケートゾーンの脱毛。

今や、Iラインの脱毛は身だしなみの一部となりつつあります。

しかし、Iラインの脱毛について詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、Iラインの脱毛のメリットやデメリットを体験者の口コミから検証していきます。

ちょっと抵抗があるけど、気になる…という方、必見です♪

ではまずはじめに、Iライン脱毛についておさらいをしてみましょう。

そもそもIラインとは、男女ともに股から肛門にかけてのラインのことを言います。

女性の場合はデリケートな女性器に近い部位です。

またIラインと同じくデリケートな脱毛部位には他に、ビキニラインのVライン、肛門周りのOラインがあります。

Iラインのムダ毛はVラインとOラインと繋がっていることが多いため、Iライン脱毛はV・Oラインと一緒に処理するという方が多いようです。

ではIライン脱毛をするとどのような良い面があるでしょうか?

(1)水着や下着の時のアンダーヘアを気にしなくていい

オシャレな水着や下着を身に着けときに、忘れてはいけないのがアンダーヘアのお手入れですよね。

しかし自分でハサミやカミソリを使うと、上手に形を整えることができないことも。

また自分では見づらい場所の処理なので、処理し忘れてはみ出てしまうという可能性もあります。

その点、Iライン脱毛をしていれば思う存分おしゃれを楽しむことができますよ。

(2)衛生面で快適

Iライン脱毛をすると、デリケートゾーンが清潔になります。

男女ともにIラインのムダ毛がなくなると、トイレ後の拭き取りが綺麗にできるようになりますよ。

女性は女性器の近くのムダ毛がなくなるため、生理中の汚れが付きにくくなります。

(3)蒸れや臭いが軽減する

Iラインのムダ毛が多いことによって、蒸れや臭いに悩まされている方も少なくはありません。

実はIラインは汗や尿、生理の経血などのせいで湿気がこもりがちなのです。

肌が蒸れると痒みを生じたり、菌が繁殖して臭いを発生させてしまいます。

Iライン脱毛をすればそのような悩みを解決に近づきますよ。

(4)見た目もきれいになる

Iラインのムダ毛がもじゃもじゃと生えているのは、見た目が良くないですよね。

温泉やプールなどで着替える際に、人からの目が気になってしまいます。

しかし、Iラインの脱毛をしてムダ毛を綺麗に処理をすれば、周囲の視線を気にする必要もなくなりますね。

(5)異性から好感触

脱毛して綺麗なIラインは、異性からの好感度がアップするということをご存知でしょうか?

男女ともに、異性のIラインは出来るだけ清潔であって欲しいという意見が多数なんです。

パートナーにも相談して、ぜひIラインの脱毛を始めてみましょう!

Iライン脱毛にはメリットが沢山ありましたが、実はデメリットもあるので注意が必要です。

(1)自己処理は難しい

Iラインの自己処理は、カミソリやハサミ、ワックスなどを使って行います。

しかし、自分では直接見ることが出来ないIラインは、自己処理するのが難しい部位です。

無理な体勢でムダ毛処理をしようとすると、誤ってデリケートゾーンを傷つけてしまう恐れがありますよ。

(2)生理ナプキンが直接当たりかぶれることがある

女性特有のデメリットではありますが、Iライン脱毛をしてムダ毛を綺麗に処理してしまうと、ナプキンと肌が擦れてしまい、摩擦でかぶれなどの肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

Iラインのムダ毛は女性器を守る役割があるので、ツルツルに処理してしまうと肌を保護することが出来なくなってしまうのですね。

(3)人によっては恥ずかしさを感じることも

Iラインをツルツルに脱毛してしまうと、人によっては恥ずかしいと感じてしまうこともあります。

基本的にIラインは大人になれば誰でもムダ毛が生える部位なので、温泉やプールに行って周囲から浮いてしまうのが不安という人もいるのです。

ただ、Iライン脱毛はツルツルにするだけではなく、自然な毛量にも調節もできるので安心してくださいね。

ではここからは、実際にIライン脱毛を体験した方の口コミを見てみましょう!

(1)Iライン脱毛して良かった!

まずポジティブな口コミを見てみると

「生理の時に蒸れたりかぶれたりすることがなくなった」

「ショーツや水着からはみ出ることもなくなって楽になった」

という声がありました。

実際の利用者の口コミには、「Iライン脱毛をしてよかった!」という声が多かったです。

中でも生理中の不快感を解消できたり、下着や水着を思いっきり楽しめるようになれるようですね。

また、Iラインのムダ毛が濃いというコンプレックスから解放されるという方もいましたよ。

(2)少数派ですがIライン脱毛で失敗した人も…

一方ネガティブな口コミも見てみると

「Iラインは涙が出るほど痛い」

「Iラインをツルツルにしたことで、少し不自然なアンダーヘアになってしまった」

という内容の口コミがありました。

Iライン脱毛をした方の中には、ツルツルにしたことでV・Oラインとのバランスが悪くなって不自然になってしまったという人も…。

またIラインはデリケートゾーンなので、他の部位よりも痛みを感じやすい傾向があります。

さらにIラインを脱毛すると、V・Oラインも合わせて脱毛したくなる人が多いようです。

Iライン脱毛のメリットを実感するためには、プロの脱毛サロンにお任せするのがおすすめです。

数多い実績数がある脱毛サロンであれば、プロのエステティシャンが人に言いづらいIラインのお悩みを解消してくれますよ。

また、多くの脱毛サロンでは日本人の肌にも合わせた刺激の弱いマシンを使用しているため、デリケートなIラインも施術することができます。

Iライン脱毛をサロンで受けたいけれど、どこのサロンが良いのか悩んでしまいますよね。

そこで男女別にIライン脱毛でおすすめの脱毛サロンをご紹介します。

(1)キレイモ

出典:kireimo.jp

有名タレントや歌手、モデルの方が多く利用しているということで、若い女性を中心に人気を集めているのが脱毛サロンキレイモです。

キレイモの最大の魅力は、施術中の痛みの少なさなんです。

キレイモの独自の脱毛マシンは-4℃にもなる冷たいヘッドを搭載し、施術中に発するレーザー熱を吸収することで痛みを軽減させているのです。

痛みの少ない技術を採用しているキレイモならば、デリケートなIライン脱毛も安心ですね!

(2)リンクス(男性)

出典:mens-rinx.jp

男性のIライン脱毛におすすめなのが、近年全国に25店舗を展開している話題のメンズ脱毛サロン・リンクスです。

リンクスがおすすめな理由は、使用している国産のマシンとスタッフによる高い技術力です。

リンクスでは、日本人男性の毛や肌質に合わせた日本初の脱毛マシンを使用することで、痛みの少なく高い脱毛効果を実現しています。

また施術も専門知識を学んだ男性スタッフが行いますので、Iライン脱毛も安心して始めることができますよ。

Iライン脱毛をサロンで受ける前には注意点がいくつかありますので、事前に確認しておきましょう。

(1)脱毛前に自己処理は必要?

多くの脱毛サロンでは、Iライン脱毛の前にはあらかじめ簡単な自己処理をしてムダ毛を短くする必要があります。

しかし、カミソリや毛抜きを使って自己処理をした場合、肌を痛めてしまうと施術が受けられないことがあります。

そのため、サロンに行く前に自己処理をする時は、肌を痛めないように注意しましょう。

(2)Iラインは全部脱毛?残す?

Iライン脱毛をすると、「すべてのムダ毛をなくする」か「量を少なくする」か選択することができます。

Iラインをツルツルにすれば蒸れや臭いなどから解放されて清潔になりますが、やはり不自然になるのではないかと不安になってしまう人も。

そんな方は、毛の形や毛量をカウンセリング時に相談することができますので、希望のデザインを決めておきましょう。

(3)どんな格好で脱毛するの?

ほとんどのサロンでは用意してある専用の下着を履いて施術します。

Iライン脱毛時は仰向けになって、膝を立てた体勢で施術することが多いようですよ。

また実勢にマシンを当てる際は、専用下着を履いたまま脱毛する部分をずらしながら施術します。

サロンによってはパンツを全て脱いでタオルを使用する事もありますよ。

いかがでしたか?

実際の利用者の体験談から、Iライン脱毛のメリットやデメリットを検証してきました。

ぜひ信頼できるプロのサロンを選んで、清潔で快適なIラインを手に入れましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。