目次

  1. 1 VIOの白髪を脱毛することってできるの?
  2. 2 サロンや一般的なレーザーではできません!
  3. 3 VIOの白髪脱毛ができる方法は2つ!
  4. 4 ただ・・・現在導入されているサロン・クリニックは少ない・・・
  5. 5 VIOの白髪脱毛は痛い?体験談を公開!
  6. 6 痛みが少ないダイオードレーザー脱毛ができるのは「湘南美容外科」
  7. 7 湘南美容外科のダイオードレーザー脱毛はすごい!
  8. 8 VIOが白髪になる原因は?
  9. 9 湘南美容外科の脱毛に関する動画も見ておこう!
  10. 10 湘南美容外科ってweb予約と電話予約どちらがお得?
  11. 11 本当に白髪脱毛できる?疑問点はカウンセリングで!

VIOに白髪って生えるの…?とお思いの方も少なくないはず。

髪の毛に白髪が生えるのと同様に、VIOにも白髪は生えてくるんですよ。

髪の毛の白髪の場合、抜いたり染めたりしますが、VIOの白髪対策として、抜くと痛そうだし、染めるのも大変そうですよね。

では、白髪脱毛をするのはどうでしょうか?

今回は、VIOの白髪脱毛ができるのかどうか、調べてみました!

VIO脱毛ができるお店の場合、白髪も脱毛できるのでしょうか。

率直に言うと、白髪脱毛をできないお店がほとんどです!

脱毛サロンで取り扱っている光脱毛や一般的なレーザーの場合、黒い毛に反応するような光の波長を選んで処理しているので、白髪を処理することができません

白髪は、メラニンを作るメラノサイトが不足してできます。

通常の黒い毛には、メラニンがつくられているので、光脱毛や一般的なレーザー脱毛は、メラニンに働きかけているのです。

もちろん白髪を染めたりしても同じです。

毛根が白いままでは、光をあてても反応しないのです。

そのため、VIO脱毛の際に白髪も取り除くためには、光脱毛や一般的なレーザーでは効果がないのです!

白髪を染めても脱毛できません!

光脱毛や一般的なレーザーでは効果のないVIOの白髪脱毛ですが、できる方法が2つあります。

ダイオードレーザー(ソプラノ)ニードル脱毛です。

ダイオードレーザー(ソプラノ)

ダイオードレーザー(ソプラノ)とは、医療レーザー脱毛機器です。

今までのレーザー脱毛では、メラニンに光を照射していたのですが、毛根を包んでいる毛包に照射し、毛包を破壊すること毛の再生機能をなくす脱毛方法です。

また、広範囲に照射できるので施術時間も短く、冷却しながらの施術なので、肌への負担も少ないです。

さらに、白髪だけでなく産毛や金髪などにも効果があり、色黒の方や日焼けしている方にも施術できるのです。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、超極細の針を毛穴1つ1つに差し込み、その針から電気を流すことで毛根を破壊し脱毛していく方法です。

金属アレルギーなどをしないように、ニードルはチタンやゴールドでつくられています。

永久脱毛効果が得られるので人気の脱毛方法になります。

料金は1本毎なので、人により個人差があり、また1つ1つの毛穴に施術するので時間がかかる傾向にあります。

ニードル脱毛も、白髪だけでなく産毛や金髪に効果があり、色黒の方などにも施術ができる脱毛です。

ダイオードレーザー(ソプラノ)とニードル脱毛を紹介しましたが、導入されているサロン、クリニックが少ないんです。

VIO脱毛で白髪をなくすためにも、数少ない有名店を紹介します

ダイオードレーザー(ソプラノ)

ダイオードレーザーを使用しているお店は、「アリシアクリニック」と「湘南美容外科」です。

東京都内に7店舗、神奈川・埼玉・千葉に各1店舗あるアリシアクリニック。

ライトシェアDUET」というダイオードレーザーの機器を使用しています。

皮膚を優しく吸引しながら照射するのでムダなく照射できます。

全国50店舗展開している湘南美容外科。

メディオスターNext Pro」というダイオードレーザーの機器を使用しています。

肌の上を滑らすように脱毛しているので、白髪にもしっかり照射できます。

VIOってデリケートな部分。

痛みには弱い方がほとんど・・・。

実際のところ、VIOの白髪脱毛は痛いのでしょうか?

体験談を公開しちゃいます!

ダイオードレーザー

「Vラインは大丈夫だけれど、恥骨に近づくりに連れて痛みが増す」

「思ったより痛みもなくびっくりした」

「一番痛いと感じたのはIライン。粘膜の近くでピリッとした痛みがある」

ダイオードレーザーのVIO脱毛については、賛否両論でしたね。

クリニックのHPでは、痛くないという内容でしたが、実際の体験談では「痛い!」という人もいれば、「痛くない!」という人もいました。ただ、他の皮膚が強い部位ではなく、VIOというデリケート部分なので、そう感じるのかもしれません。

特にIラインは、粘膜に近いので痛みを感じるようです。

ダイオードレーザー脱毛とニードル脱毛を紹介しましたが、VIOはデリケートな部分なので、脱毛するときに痛いのは嫌ですよね。

そのため、VIOの白髪脱毛するときは、痛みが少ない「ダイオードレーザー脱毛」!

そして、ダイオードレーザー脱毛ができる「湘南美容外科」がオススメ。

湘南美容外科のダイオードレーザー方式の脱毛機器は、肌を滑らすように施術するので、他のダイオードレーザー方式の機器よりも肌への負担が少ないのです。

痛みが少ないとVIO脱毛への安心が増し、脱毛したくなりますよね。

そんな湘南美容外科のスゴイところを次で紹介しましたよ!

湘南美容外科のダイオードレーザー脱毛のすごいところを4つピックアップ

VIO脱毛にも嬉しいポイントがたくさんありましたよ。

肌の色が黒い人もできる!

光脱毛や一般的なレーザー脱毛では、メラニン色素に光を照射していましたが、それとは異なり、「バルジ領域」という毛根よりも浅い場所にある毛の細胞を破壊すれば脱毛効果が得られるのです。

そのため、肌の色が黒い人にも問題なく照射することができるので、色黒の方にも日焼けしている方にも安心して施術できます

産毛もしっかり脱毛

産毛は毛が細く、色素も認識しづらかった為、光脱毛や一般的なレーザー脱毛では、処理できない毛でした。

しかし、湘南美容外科が使用するダイオードレーザー脱毛では、産毛にもしっかり照射できるよう肌の上を滑らせることで、まんべんなくバルジ領域に効果が行き届くように施術しています。

 痛みが少ない!

前述にもあるように、ダイオードレーザー脱毛は、痛みの感じ方が少ないのです。

湘南美容外科が取り入れている機器では、1ショットでレーザーが照射される時間を長くしており、

波長の長いレーザーもブレンドすることで、毛を加熱しています。

その仕組みにより、バルジ領域を破壊できるので温かみを感じながら、脱毛ができるわけです。

痛みの感じ方には個人差がありますが、VIO脱毛で白髪も脱毛するためには比較的痛くない脱毛方法ですね。

 医療クリニックならではの対応!

そしてなんといっても、医療クリニックならではの対応がすごい!

痛みは少ないダイオードレーザー脱毛ですが、それでも痛いと感じる方には、笑気麻酔という鎮痛作用のある麻酔を使うことができるのです。

痛みに弱い方は検討してもよいかもしれませんね。

また、万が一トラブルがあった時の対応も安心ですよ。

エステ脱毛の場合は、医療処置をすることができないので、医療機関へ行ってから治療する必要があります。

ですが、湘南美容外科の場合は、ドクターがいるので直ぐに適切な処置をすることができますよ。

医療機関の脱毛で安心

髪の毛に白髪が生える原因とVIOの白髪の原因は同じです。

まず、毛は元々白色からつくられていくのですが、その家庭で色素が足りなくなった毛が白髪になるのです。

白髪の原因には、以下が挙げられます。

老化

メラニン色素を作るときに必要な酵素が減ってきている

栄養不足

メラニンを作るために必要なミネラル、アミノ酸、ビタミン不足

生活習慣の乱れ

自律神経の乱れにより新陳代謝や血行が悪くなる

ストレス

ストレスにより自律神経の乱れを引き起こす

病気や副作用

一部の病気や薬の副作用で白髪が増える場合がある

白髪の原因はそれぞれですが、改善できるポイントがあれば、気をつけるようにし白髪を増やさないよう心がけましょう。

湘南美容外科の脱毛方法に関する動画です。

ツルスベ肌になるための施術までの流れが載っています。

レーザー脱毛の紹介としては、湘南美容外科にある「アレキサンドライト」ですが、カウンセリングの方法も少し見ることができるので参考になること間違いなしです!

湘南美容外科での予約は断然web予約がおトク

無料カウンセリングの予約が簡単にできるし、治療前に無料メールで相談することもできるんですよ。

また、電話が繋がらない・・・電話する暇がない・・・というストレスを感じることもありません!

また、来院後SBCメンバー(ポイント会員)になり、ポイントページ利用のweb登録をすると、3,000円相当のポイントが貰えるんです!(SBCメディカルグループ内でのみ使用可能)

来院前も来院後もwebがおトクですね!

WEB予約

まだ、VIOの白髪脱毛ができるか不安・・・とお思いですか?

そんな時は、無料のカウンセリングで不安を解消しちゃいましょう

痛みや効果についてはもちろん、料金のことなど脱毛に関するあなたの疑問を全て解決できちゃうかも!

VIO脱毛でツルスベ!!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。