目次

  1. 1 脱毛サロンになんとしてでも入りたい…。
  2. 2 脱毛サロンに入るには「志望動機」が大切!
  3. 3 脱毛サロンの志望動機BEST5【サロン面接官に刺さる】
  4. 4 逆にNGな脱毛サロンの志望動機とは?【注意】
  5. 5 脱毛サロンに入るために志望動機以外の大切なことは?
  6. 6 脱毛サロンの志望動機をしっかり考えて。

「脱毛サロンで働きたい!」

強い気持ちはあっても、やっぱり不安なのは面接ですよね。

脱毛サロンの面接では何に気をつければいいのか。」

「もし何かコツがあるなら知りたい。」

というのが正直な気持ちでしょう。

そんな面接への不安を少しでも解消したいあなたのために、脱毛サロンの面接について調べてみました!!

希望の仕事の面接、成功させましょう!

脱毛サロンに限りませんが、面接では「志望動機」を必ず聞かれます。

「志望動機」は、応募者の意思や本気度、会社に合う人材なのかを見分ける判断材料になるからです。

どんなに「ここ(脱毛サロン)で働きたい!」という強い気持ちがあっても、その気持ちを伝えることができなければ採用にはつながらないということです。

脱毛サロンは専門性を追求するだけではなく、お客様の想いを大切にする接客業です。

仕事に対するやる気・熱意が必要です。

面接では、いかに明確で具体的な「志望動機」を話すかが大切です!

面接官に聞かれます。

「志望動機を教えてください。」

さて、あなたはどんな志望動機を話しますか。

面接官は一体あなたの志望動機のどのような点を重視しているのでしょう。

優秀な志望動機のBEST5を挙げてみました。

「長期的に人の為になる仕事ができるから」

どの業種・職種でも、会社が採用する人に期待しているのはその人の将来性です。

もちろん、脱毛サロン側としては脱毛サロンでの勤務経験者を採用できればそれが一番です。

しかし、脱毛サロンで働きたい人全てが経験者というわけではありませんよね。

ほとんどが未経験者です。

未経験者に大切なのは「意欲」と「知識」です。

入社後、業務に必要な「知識」については、接客から専門知識まで研修を受けて身につけることができます。

では、「意欲」はどうでしょう。

本人次第ですよね。

脱毛サロンは「意欲」のある人に働いてもらいたいです。

これは、経験者でも同じこと。

意欲的で将来性を感じられるような脱毛サロンで働きたい理由を話せることが、理想的な志望動機です。

「この脱毛サロンが自分にとって最高の環境だと思うから」

採用する側としてはこれも非常に気になるところです。

たくさんある脱毛サロンの中で、なぜこの脱毛サロンで働きたいのか。

もし、採用となれば、これから一緒に働いていく仲間になるわけです。

この脱毛サロンで働きたいと思う理由を、しっかりと伝えましょう。

会社の理念が~というのはありがちともいえる志望動機ですが、自分の夢など、長期的ビジョンを明確にしてみてください。

人と差のつく志望動機になりますよ。

自分の気持ちをストレートに面接官に伝えられる、これも重要な点と言えます。

面接前にきちんと気持ちを整理しておくといいですね。

「美容への興味が誰よりも強いから」

脱毛サロンでの仕事は専門性が高く、高い技術力を求められる仕事です。

また、脱毛サロンは美しさを保つ場所、という点からも美意識も求められるといえますね。

脱毛サロンは脱毛することだけが目的ではありません。

多くの脱毛サロンは、お客様のキレイをサポートする場を目指しています。

脱毛サロンでプロとして仕事をするためには、研修で身につけられる業務に必要な知識では不十分です。

プロとして美容に関する情報に敏感になり、自分を磨くことも必要になってきます。

お客様の満足のために、自分には積極性、向学心、向上心があることを志望動機でアピールできると◎。

「少しでも誰かの役に立ちたいから」

脱毛サロンは、お客様の美を保つとともに、悩みを解決する場所でもあります。

体に関する悩みは人には話づらいものです。

脱毛は、お客様が見せたくないムダ毛や場所を、晒して施術を受けることになります。

恥ずかしいですし、緊張もします。

とくに脱毛サロンが初めてのお客様は不安を感じているでしょう。

そんなお客様に対して、スタッフはできるだけリラックスできる空間を提供しなければなりません。

つまり、お客様が信頼して、安心して脱毛サロンに通える雰囲気づくりを常にこころがけなければならないということです。

脱毛サロンで働くには、お客様の目線で、同じ女性として親身になれることが重要なんですね。

志望動機として、お客様のキレイや悩み解決のお手伝いをしたいという強い気持ちを伝えましょう。

「生涯脱毛サロン業界に身を置きたいから」

これも脱毛サロンに限ったことではないですが、多くの会社は長期的に働いてもらえる人を求めています。

その理由には会社が社員に対してかけているコストにあります。

脱毛サロンでは、経験者より圧倒的に初心者の応募者が多いことをお話ししました。

初心者でも脱毛サロンで働けるようになるのは、会社の研修を受けることができるからですね。

会社は採用者に期待をして、研修・教育というコストをかけることになります。

ですから、会社としてはこの研修・教育にかけるコストがムダになることがないか、つまり応募者に長期的に働く気持ちがあるかどうかも気になります。

全くの未経験者は、未経験者であるからこそ、長期的に働く意思があることを志望動機でアピールするといいですよ。

これも全ての業種・職種に共通ことですが、脱毛サロンでも同じです。

「給料」、「休み」、「福利厚生」を志望動機とするのはNGです!

たしかに、この3つ、大事なことではあります。

しかし、面接で面接官が聞きたいことは、応募者の仕事に対する、会社に対する気持ちです。

面接では、「自分を採用すればこんなメリットがあります」ということを話しましょう。

また、志望理由が漠然としているのもNGです。

希望する脱毛サロンや仕事についてしっかりと研究をしたうえで、面接に臨んでください。

面接では、見た目の印象も大事です。

面接の際には次の2点には十分に気を付けましょう!

面接官にチェックされますよ!

 清潔感

脱毛サロン選びで多くの人が何を気にするか分かるでしょうか。

「清潔感」です。

雰囲気が明るく、綺麗で、清潔感がある脱毛サロンが好まれます。

脱毛サロンはお客様に密接する仕事です。

そして美を創る場所ですよね。

ですから、面接時の第一印象では「清潔感」が大切にされます。

まず、清潔感を意識した服装・メイクで面接官に好印象を与えましょう。

 明るく、ハキハキと話ができる

脱毛サロンは幅広い年齢層のお客様が来店します。

それぞれのお客様が、リラックスした雰囲気で施術を受けてもらえるようにコミュニケーション力が必要です。

それだけではありません。

お客様に安心してもらえるような笑顔での接客も大切です。

面接時は、話しをするときの態度や話し方もチェックされます。

笑顔で明るく、ハキハキと話すことをこころがけましょう。

志望動機はとにかく素直に、ストレートに自分の気持ちを伝えることが大事です。

そして、具体的に!

自分の言葉できちんと伝えられるように志望動機はしっかりと考えるようにしましょう。

あなたの「脱毛サロンで働きたい!」が実現する参考になれば幸いです。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。