脱毛サロンに行くvs脱毛器で自分で処理する【どっちがお得?安全?】

脱毛サロンで?それとも自分で?

 

サロン脱毛してもらうか、自分で脱毛するか、

どちらかで悩んでいませんか。

脱毛サロンと脱毛器両方のメリット・デメリットを比べて、

自分に合う方法できれいになりましょう。

 

※ちなみに、今すぐ確実に全身脱毛したい方は、

有名脱毛サロン「キレイモ」をはじめにチェックしてみてくださいね。

 

サロンで脱毛するときのメリット:全身の脱毛ができる

 

脱毛サロンと脱毛器を比べて一番のメリットは、

サロンでは自分の手の届かないところまで

プロが丁寧に施術してくれるところにあります。

脇・腕・脚・背中、デリケートゾーン・指・鼻下・顔など、

とにかく全身を脱毛したい場合は、

自分では届かない場所がほとんどです。

自分でやったとしても十分に脱毛できていなければ、

またムダ毛を処理しなければなりません。

また家庭用の脱毛器では照射範囲が狭いので、

膨大な時間がかかります。

サロンでは家庭用より照射範囲は広いので、

自分でするより時間はかかりません

手間や時間をかけずに脱毛したいなら、

脱毛サロンが最適と言えます。

また脱毛サロンは高性能な脱毛マシンを導入しているので、

安全性が高いこともメリットです。

 

お得に全身脱毛

 

サロンで脱毛するときのデメリット:料金が高い

 

脱毛サロンは脱毛器より料金が高いという点がデメリットです。

サロンでは最新鋭の機器を導入して、

エステティシャンが施術を行うので、

安い料金でできるものではありません。

さらにサロンによっては安い金額で体験したあと、

高いプランを勧められるということもあります。

勧誘をしないところもあるので、

勧誘されたくない場合は前もって

調べておくといいかもしれません。

このように勧誘が苦手で、

高い料金を予算的に出せないという方は、

脱毛サロンは避けた方がいいでしょう。

 

高い

 

 

 

自分で脱毛するときのメリット:部分的な脱毛には最適

 

脱毛サロンと脱毛器を比べると、

部分的な脱毛をしたい方に最適ということが分かりました。

最近の家庭用脱毛器で人気があるケノンは、

レーザー式でなくフラッシュライト式で、

光が短時間で痛みが少ない点が特徴です。

そんなケノンは他の機械より広範囲で使用することができます。

例えば鼻下・あご・まゆ毛・眉間・ほほ・額・顔の

細かい部分にも使えます。

広範囲に使えるケノンは、自分でできる範囲をにきれいにできます。

そのためわざわざスケジュールを確認して、

予約して、サロンに行かなくても手間なく簡単に

自宅で脱毛ができます。

 

自己処理 おすすめ

 

他サロンからの乗り換え満足度92%!「キレイモ」を見る→

 

自分で脱毛するときのデメリット:オプションが必要になる

 

脱毛サロンではなく、

自宅で家庭用脱毛器を使って脱毛する場合、

ほとんどの機械でオプションが必要になります。

オプションは交換する必要があるカートリッジ、

ビキニラインなど細かい部分に使うアタッチメントなどがあります。

カートリッジは必ず使うので定期的に購入するものですが、

アタッチメントはお好みで購入するものとなっています。

機械だけでなく、

オプションも購入するので思ったより高額になってしまうところ

デメリットと言えます。

脱毛器を購入する前には、

オプションが必要になることを想定して、

購入することをオススメします。

 

悩み

 

 

手の届かない場所は1人ではできない

 

サロンではエステティシャンが手の届かないところまで

脱毛してくれますが、

家庭用脱毛器は1人では手が届かないところは脱毛できません。

誰かの手を借りられればいいですが、

1人で無理をして脱毛をした場合、

うまくできないということも考えられます。

脚や腕だけなど、部分的に脱毛したい方にはオススメですが、

手の届かない部分も脱毛したい方はサロンで

脱毛がいいかもしれません。

 

背中

 

 

タイプ別オススメ脱毛法

 

脱毛サロンが向いている人とは

 

脱毛サロンと脱毛器を比較して、

サロンが向いている方は飽きっぽい方です。

自分で気付いたときにこまめに

脱毛しなければならない脱毛器は、

飽きっぽい性格の方にはオススメできません。

飽きっぽい方は快適でリラックスできるサロンで、

プロに施術してもらえば、続けて通うことができます。

次にサロンに向いているのは、

背中やIOゾーンなどの手の届かない場所を脱毛したい方です。

背中は手が届かないところが一番の理由ですが、

IOゾーンなどデリケートゾーンは

プロの技術と機械に任せた方が無難です。

さらに近くに脱毛サロンがない方にも脱毛器はオススメです。

脱毛器によってはデリケートゾーンには

使えないものもありますので、説明書をチェックしましょう。

VIO脱毛

 

 

家庭用脱毛器が向いている人とは

 

脱毛サロンより家庭用脱毛器が向いている人は、

低予算で幅広く脱毛したいと考えている方です。

サロンより低い価格で広い範囲を脱毛できますし、

中には家族で共同購入して安く使っている方もいます。

次に脱毛サロンに通うのは恥ずかしいという方です。

デリケートゾーンや肌を見られたくない場合、

家庭用脱毛器で自分の好きなときに脱毛できるので、

人の目も気になりません。

 

家族で

 

 

自分に合った脱毛法を選びましょう

脱毛サロンと脱毛器のメリット・デメリットを理解して、

自分に合った方法できれいに脱毛しましょう。

 

最後に、脱毛ノートで一番おすすめの全身脱毛サロン

キレイモの公式サイトをご紹介しますね。

気になる方は一度チェックしてみてください!